GA-ASI、大型遠隔操縦無人機ガーディアンを一般公開

GA-ASI、大型遠隔操縦無人機ガーディアンを一般公開

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc./GA-ASI)は、長崎県壱岐市 壱岐空港で、現在デモフライト中の同社製大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を5月13日に一般公開した。


3週間、長崎県壱岐空港で国内発のデモフライトを実施中のガーディアンを公開

 遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc./GA-ASI)は、壱岐空港(長崎県壱岐市)で、同社製大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を近隣および近郊都市の市民向けに一般公開した。GA-ASI は 5 月 10 日から、このガーディアンを使用した国内初の実証実験を行っており、一般開放はその一環として行われたもの。公開日当日は雨天にもかかわらず、会場となった壱岐空港の仮設ハンガーでは、約300 人の来場者が訪れた。

 ガーディアンによるデモフライトは長崎県・壱岐空港を運航拠点とし、気象・災害・海洋観測支援、海難・救助支 援、航空・通信・産業利用支援の 3 つを目的としたデータを収集し、科学研究分野で活用されます。約 3 週間にわたり、1 回あたりおよそ 5 時間のデモフライトを合計 10 回程度予定している。デモフライトの運航に際し、GA-ASI 本社から、飛行 実績において経験豊富なパイロットおよび整備担当者を含むチームが来日し、あらゆる状況を鑑みて安全運航にあたる。

ガーディアンについて

用途:見通し外での長距離、長時間耐空、中高度からの地上及び会場の情報収集と観測、監視ミッションの実施
特性:翼幅: 24m (79 ft)
   全長:11.7m (38 ft)
   最大離陸重量 5670kg (12,500 lb)
   ペイロード容量:全体:2,177 kg(4,800 lb)
           ハードポイント:9 ヵ所(翼:8、胴体中心線:1)
           内部::363 kg(800 lb)
           外部:1,814 kg(4,000 lb)
パフォーマンス:最高高度:海抜 1 万 2000m 以上(40,000 ft)
        最大航続時間:40 時間
        最大飛行速度:210 ノット(真対気速度)

この記事のライター

関連する投稿


五島列島・五島市、「ドローンi-Landプロジェクト」で離島間無人物流事業と海洋ゴミ調査事業を始動

五島列島・五島市、「ドローンi-Landプロジェクト」で離島間無人物流事業と海洋ゴミ調査事業を始動

長崎県五島市で、 ドローンを活用した新たな産業と雇用創出を目指した「ドローンi-Landプロジェクト」の一環として、 2つの事業を開始した。


GA-ASI、遠隔操縦無人機の国境監視、災害対応への有用性をアピール 日本の海を警戒監視する〝切り札〟となるか

GA-ASI、遠隔操縦無人機の国境監視、災害対応への有用性をアピール 日本の海を警戒監視する〝切り札〟となるか

遠隔操縦無人機を開発する米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ 社(GA-ASI)は、11月28日から開催された「国際航空宇宙展2018東京」(東京都江東区の東京ビッグサイト、30日まで)に出展、同社が推進する遠隔無人航空機を使った災害対応や国境監視への有用性を紹介した。


長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、一般社団法人日本ドローンコンソーシアム(JDC)に加盟。同団体への自治体としての加盟は九州初。


地域特産品のプロモーション手がける地域商社がドローンによる360°VR映像で市内観光スポットの絶景体験を公開

地域特産品のプロモーション手がける地域商社がドローンによる360°VR映像で市内観光スポットの絶景体験を公開

地域産品のブランディングやプロモーションを手掛ける長崎県西海市の地域商社の株式会社西海クリエイティブカンパニーは、新たな観光コンテンツとして西海市内の絶景スポットを紹介するウェブサイト「ZEKKEI SAIKAI」を8月17日から公開をはじめた。


GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

GA-ASIによる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」のデモフライト終了 EEZ監視活動も

遠隔操縦無人機の大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems. Inc./GA-ASI)は、 国内初となる大型遠隔操縦無人機「ガーディアン」を使用した大規模なデモフライトを完了したことを発表した。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。