ドローン事業に本格参入する日立グループ

ドローン事業に本格参入する日立グループ

日立グループでは、ドローン事業への本格参入を開始する。その日立グループの中でITソリューションを提供している株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野昌宏)は、ドローン運用統合管理サービスの提供を開始した。(田中亘)


フライトからデータ解析までドローンに関するITをトータルでサポート

日立システムズのドローン運用統合管理サービスは、ドローンの操縦から撮影の代行、そして画像の加工やデータ保管、さらには既存のITシステムとの連携までをトータルにサポートする。そのサービス内容は、4通りにわかれている。まずドローンの調達では、日立グループでリース、レンタルサービスなどを提供する日立キャピタル株式会社(本社:東京、執行役社長:川部誠治)と連携して機体を購入し、その維持やメンテナンスを代行する。またドローンの操縦と撮影では、国土交通省への申請代行から社内の熟練パイロットによる操縦まで請け負う。そして撮影したデータは、クラウド上の3次元画像生成アプリを活用し、加工や診断を行う。ドローンで撮影した画像の解析には、Pix4D(pix4d.com)という画像解析ソフトをクラウドに展開し、高速な処理を実現していく。さらにデータの保管や管理においては、データセンターやパブリッククラウドサービスなどを組み合わせて、リースナブルな長期の保管を可能にする。
ドローン運用統合管理サービスを提供する背景について、日立システムズのロボット事業推進部の曽谷英司部長は「産業用ドローンの利活用において、大きな課題となっているのが、撮影した大量の画像データの解析と保管です。この分野では、高度なIT技術が求められます。そこに当社の強味を発揮できると考えて、この事業を立ち上げました」と話す。

ドローン運用統合管理サービスのサービス概要図

エンルートの一級パイロットを要し全国300の拠点で対応していく

日立システムズが飛行を代行するドローンは、当面はエンルート社のZION(ザイオン)マルチコプターが中心となる。取り扱う機体に関しては、今後DJIや3D Roboticsにも対応する予定。現在は、エンルートの一級操縦検定の資格を持つパイロットが中心となって、機体を操縦できる技能者を社内で育成し、全国300の拠点を窓口としてサービスを展開していく。飛行代行からデータ解析と保管までをワンストップで提供するドローン運用統合管理サービスがターゲットとする産業分野は、以下の6つとなる。
1.社会インフラ維持管理
2.巨大建造物の保守・管理
3.原料ヤード在庫量計測・管理
4.大規模農場の生育観測
5.損害調査における利活用
6.i-costruction対応
i-costructionの分野においては、日立グループで建設機械などを製造・販売している日立建機株式会社(本社:東京、代表取締役社長:辻本雄一)と連携し、フィールドテストを推進する予定もある。
さらに、日立システムズは日立製作所と連携し、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)の幹事会社として、JAXAと協力しドローンの航空管制システムの仕様検討にも取り組んでいる。また福島ロボット・テストフィールドにも参加し、実証実験も行っていく。

この記事のライター

関連する投稿


Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017速報・国内のパートナーとの連携が際立つエンルートの産業用ドローン

Japan Drone 2017に出展した国内ドローン製造メーカーのエンルート社は、数々の実証実験で使われた機体や、国内の主要なビジネスパートナーと連携したソリューションを展示していた。


エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

エンルートのドローン7機種が、国交省への飛行許可・承認申請で資料の一部を省略することができると認定

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役社長:伊豆智幸)の自社オリジナルブランド、 Zion(ザイオン)製品の7機種が、 国土交通省へのドローンの飛行許可・承認申請にで、 「資料の一部を省略することができる無人航空機」として認定された。


エンルートが札幌支店開設

エンルートが札幌支店開設

株式会社エンルート(埼玉県ふじみ野市)は、 業務の拡張に伴い札幌支店を開設し3月20日より業務を開始すると発表した。 支店長には宮下幹人氏が就任する。


飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(2)

ITサービス企業の日立システムズが提供する「ドローン運用統合管理サービス」は、撮影代行から画像の解析や加工、データ保管・管理、業務システムとのデータ連携までを一貫して支援する。サービス開始からわずか半年で、100件を超える問い合わせがある。それは、単純に飛ばすだけではない、ITサービス企業ならではのサービスにあった。


飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(1)

飛ばすだけではない 業務システムとの連携を踏まえた日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス」(1)

ベンチャー企業を中心に参入が加速する産業用ドローン市場だが、ITサービス企業の日立システムズも2016年9月からドローンの活用を一貫してサポートする「ドローン運用統合管理サービス」を提供している。その最新の取り組みとソリューションについて、日立システムズのロボット事業推進部の曽谷英司氏に聞く。


最新の投稿


DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI、空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を開催

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)は、 空撮写真と地上動画コンテスト「DJIで桜を撮ろう」を4月1日(土)から4月30日(日)までの1か月間開催します。 春を彩る桜をテーマに、 空からの視点で捉える「空撮写真部門」と地上から動画で捉える「地上動画部門」の2部門で作品を募集する。


飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

飛行するドローンを目視しながらカメラ映像を同時に見られる、ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」

セキドは、メガネ装着型の片眼用ウェアラブルディスプレイ「VUFINE+」(ビューファインプラス)を直販サイトで発売した。直販価格は21,111円で、先行予約を受け付けており、3月下旬の発送を予定。


 ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

ドローンと映像コミュニケーション技術で新たなソリューションを生み出す(2)

株式会社ブイキューブロボティクス・ジャパン(本社:東京都、代表取締役社長:出村太晋)は、ドローンの離発着から充電にデータリンクまでを完全自動で実現するDRONEBOXというドローン基地を提供する。そのソリューションの概要と将来性を同社の出村氏に聞いた。


Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

Japan Drone 2017 アイ・ロボティクス社が「遠隔操作式無人探査車」!

 幕張メッセ(千葉市)で3月23~25日に開催されたJapan Drone 2017には、ドローン技術のインテグレーター、株式会社アイ・ロボティクス(iROBOTICS、本社・東京)が、ドローンの最新技術を搭載した「VRモニタリングによる遠隔操作式無人探査車(特許出願中)を参考出品し、来場者に注目された。


Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

Japan Drone 2017「日中韓シンポジウム」 市場は拡大加速 課題は教員養成

 幕張メッセ(千葉市)で開催されたドローンの展示会Japan Drone 2017で、中国、韓国のドローン業界の代表者を招いた意見交換会「日中韓ドローンシンポジウム~ドローン東京宣言」が催された。日本の一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の鈴木真二理事長が司会を務め、業界動向や教員養成について語り合った。