ドローン事業に本格参入する日立グループ

ドローン事業に本格参入する日立グループ

日立グループでは、ドローン事業への本格参入を開始する。その日立グループの中でITソリューションを提供している株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野昌宏)は、ドローン運用統合管理サービスの提供を開始した。(田中亘)


フライトからデータ解析までドローンに関するITをトータルでサポート

日立システムズのドローン運用統合管理サービスは、ドローンの操縦から撮影の代行、そして画像の加工やデータ保管、さらには既存のITシステムとの連携までをトータルにサポートする。そのサービス内容は、4通りにわかれている。まずドローンの調達では、日立グループでリース、レンタルサービスなどを提供する日立キャピタル株式会社(本社:東京、執行役社長:川部誠治)と連携して機体を購入し、その維持やメンテナンスを代行する。またドローンの操縦と撮影では、国土交通省への申請代行から社内の熟練パイロットによる操縦まで請け負う。そして撮影したデータは、クラウド上の3次元画像生成アプリを活用し、加工や診断を行う。ドローンで撮影した画像の解析には、Pix4D(pix4d.com)という画像解析ソフトをクラウドに展開し、高速な処理を実現していく。さらにデータの保管や管理においては、データセンターやパブリッククラウドサービスなどを組み合わせて、リースナブルな長期の保管を可能にする。
ドローン運用統合管理サービスを提供する背景について、日立システムズのロボット事業推進部の曽谷英司部長は「産業用ドローンの利活用において、大きな課題となっているのが、撮影した大量の画像データの解析と保管です。この分野では、高度なIT技術が求められます。そこに当社の強味を発揮できると考えて、この事業を立ち上げました」と話す。

ドローン運用統合管理サービスのサービス概要図

エンルートの一級パイロットを要し全国300の拠点で対応していく

日立システムズが飛行を代行するドローンは、当面はエンルート社のZION(ザイオン)マルチコプターが中心となる。取り扱う機体に関しては、今後DJIや3D Roboticsにも対応する予定。現在は、エンルートの一級操縦検定の資格を持つパイロットが中心となって、機体を操縦できる技能者を社内で育成し、全国300の拠点を窓口としてサービスを展開していく。飛行代行からデータ解析と保管までをワンストップで提供するドローン運用統合管理サービスがターゲットとする産業分野は、以下の6つとなる。
1.社会インフラ維持管理
2.巨大建造物の保守・管理
3.原料ヤード在庫量計測・管理
4.大規模農場の生育観測
5.損害調査における利活用
6.i-costruction対応
i-costructionの分野においては、日立グループで建設機械などを製造・販売している日立建機株式会社(本社:東京、代表取締役社長:辻本雄一)と連携し、フィールドテストを推進する予定もある。
さらに、日立システムズは日立製作所と連携し、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)の幹事会社として、JAXAと協力しドローンの航空管制システムの仕様検討にも取り組んでいる。また福島ロボット・テストフィールドにも参加し、実証実験も行っていく。

この記事のライター

関連する投稿


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

【ジャパンドローン2018】ドローン検査を充実させる日立システムズ

幕張メッセで開催されたジャパンドローン2018に出展した日立システムズは、企業向けドローン検査のフルパッケージサービスや閉鎖空間での検査に適したドローンなどを紹介していた。


日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

日立システムズが「自動劣化診断機能」でドローンによる構造物の点検作業を効率化

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、株式会社日立建設設計 (取締役社長:橘 滋夫、本社:東京都千代田区/以下、日立建設設計)と協力し、構造物の劣化箇所をAIで自動診断する「自動劣化診断機能」を「ドローン運用統合管理サービス」に追加した。


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

構造物管理業務へのドローン活用セミナーを日立システムズが開催

株式会社日立システムズ(本社:東京都、代表取締役社長:北野 昌宏)は、「ドローン運用統合管理サービス」に構造物を対象とした劣化箇所管理機能を追加し、効果的な3次元台帳の活用方法などを紹介するセミナーを開催した。当初は40名の募集に対して、倍以上の応募があり会場は熱気に包まれていた。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。