ドローン事業に本格参入する日立グループ

ドローン事業に本格参入する日立グループ

日立グループでは、ドローン事業への本格参入を開始する。その日立グループの中でITソリューションを提供している株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野昌宏)は、ドローン運用統合管理サービスの提供を開始した。(田中亘)


フライトからデータ解析までドローンに関するITをトータルでサポート

日立システムズのドローン運用統合管理サービスは、ドローンの操縦から撮影の代行、そして画像の加工やデータ保管、さらには既存のITシステムとの連携までをトータルにサポートする。そのサービス内容は、4通りにわかれている。まずドローンの調達では、日立グループでリース、レンタルサービスなどを提供する日立キャピタル株式会社(本社:東京、執行役社長:川部誠治)と連携して機体を購入し、その維持やメンテナンスを代行する。またドローンの操縦と撮影では、国土交通省への申請代行から社内の熟練パイロットによる操縦まで請け負う。そして撮影したデータは、クラウド上の3次元画像生成アプリを活用し、加工や診断を行う。ドローンで撮影した画像の解析には、Pix4D(pix4d.com)という画像解析ソフトをクラウドに展開し、高速な処理を実現していく。さらにデータの保管や管理においては、データセンターやパブリッククラウドサービスなどを組み合わせて、リースナブルな長期の保管を可能にする。
ドローン運用統合管理サービスを提供する背景について、日立システムズのロボット事業推進部の曽谷英司部長は「産業用ドローンの利活用において、大きな課題となっているのが、撮影した大量の画像データの解析と保管です。この分野では、高度なIT技術が求められます。そこに当社の強味を発揮できると考えて、この事業を立ち上げました」と話す。

ドローン運用統合管理サービスのサービス概要図

エンルートの一級パイロットを要し全国300の拠点で対応していく

日立システムズが飛行を代行するドローンは、当面はエンルート社のZION(ザイオン)マルチコプターが中心となる。取り扱う機体に関しては、今後DJIや3D Roboticsにも対応する予定。現在は、エンルートの一級操縦検定の資格を持つパイロットが中心となって、機体を操縦できる技能者を社内で育成し、全国300の拠点を窓口としてサービスを展開していく。飛行代行からデータ解析と保管までをワンストップで提供するドローン運用統合管理サービスがターゲットとする産業分野は、以下の6つとなる。
1.社会インフラ維持管理
2.巨大建造物の保守・管理
3.原料ヤード在庫量計測・管理
4.大規模農場の生育観測
5.損害調査における利活用
6.i-costruction対応
i-costructionの分野においては、日立グループで建設機械などを製造・販売している日立建機株式会社(本社:東京、代表取締役社長:辻本雄一)と連携し、フィールドテストを推進する予定もある。
さらに、日立システムズは日立製作所と連携し、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)の幹事会社として、JAXAと協力しドローンの航空管制システムの仕様検討にも取り組んでいる。また福島ロボット・テストフィールドにも参加し、実証実験も行っていく。

この記事のライター

関連する投稿


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

エンルート、世界初の標定点不要なドローン測量システムを開発 スカパーJSATが発表

 スカパーJSATは8日、子株式の衛星ネットワーク(SNET) が、TSトラッキングUASを標準搭載した空中写真測量専用ドローン「enRoute QC730-TS」の発売を発表した。SNETの子会社である産業ドローンメーカー、エンルート(埼玉県)が開発、製造した。標定点不要で測量できる世界初のシステムという。


埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

埼玉県の上田知事がエンルートを訪問 ブログに「国内最大手が埼玉の会社でびっくり」

 産業用ドローン事業を手掛ける株式会社エンルート(埼玉県朝霞市)は8月25日、埼玉県の上田清司知事の訪問を受けた。これは上田知事が県内の企業を訪問して、経営者や企業関係者と直接、意見交換をする「とことん訪問」の一環で、上田知事はドローンのフライトを視察したり、取り組みや市場環境についての説明を受けたりした。


日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

日立システムズがドローンの具体的な活用例を紹介するセミナー開催

株式会社日立システムズのロボティクスソリューション事務局は、都内で「現状と将来を踏まえたドローン活用術 vol.1」と題するセミナーを開催した。90名の定員に130名の事前申し込みがあり、当日は立ち見が出るほど盛況なセミナーとなった。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(3)

国内で100台を超える販売実績を誇るエンルート社の農業用ドローンZion(ザイオン)AC940-D。その上位モデルで最大9リットルの薬剤を積載できる新型がZion Ac1500。その開発の経緯と特長について、機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に聞いた。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。