ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

トンネル、ダクト等、狭小空間に最適な”Elios”による、スピーディーで安全な点検業務を実現。


Eliosを使った屋内狭小空間点検ソリューションサービスの開始

 ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、複数のドローンを協調・連携させて複雑なミッションを達成させる統合管理プラットフォームBlue Earth Platform(BEP)を軸に、警備、屋内点検、教育・安全、エンタメ、物流の5つのサービスの展開を図る、ドローンの先駆的ソリューション・プロバイダーとなっている。特に、屋内の点検分野においては、Flyability SA(スイス ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間での飛行に最適な性能を持つFlyability社の”Elios”製品による、これまでにない屋内点検分野での新たなソリューション・サービスについて検討を行い、今回、安全で時短・コスト削減を実現する屋内点検サービス「Biインスペクター」を6月4日よりスタートすることになった。

Biインスペクターとは

 「Biインスペクター」は、コンパスエラーがなく、壁面に衝突しても安定した飛行を続けることができ、球体のカゴが回転してもカメラは安定して撮影可能で、強力なLED照明(28W)が暗闇の中を明るく照らすことができる、た”Elios”の特性を活かした屋内点検サービス。活用範囲としては、機械設備の多い工場や設備内部・配管などのGPSの入らない特殊な環境において、安全かつ安定した飛行で点検運用が可能となっている。これまで点検作業が難しかった、工場、プラント、トンネル・配管といった現場での低コストで安全な点検業務を実現するとしている。

Biインスペクターのメリット

1. 従業員の安全性向上
危険な場所に立ち入る必要がなく、あらゆる環境で遠隔視覚点検を可能にする。

2. 作業時間の大幅な短縮
現場点検の準備に時間がかからず、また、点検作業に数日かける必要はなく、数時間で終了できる。

3. 圧倒的なコスト抑制
目視点検を行うために必要な足場、ロープ、クレーンが不要で、ドローンのみで済むため、コストを大幅に抑えることが可能。

※Biインスペクターの詳細の特設サイト。
https://www.blue-i.co.jp/bi-inspector/

”Elios”の特長と機能

1. 安全な点検作業とコスト削減を実現
工場内のボイラー、タンク、圧力容器、トンネル等の狭小空間に遠隔操作で進入し点検作業を行う。安全に作業ができ、さらに作業時間の短縮、検査コストの削減を実現する。

2. 操縦は簡単、誰でもすぐに操作可能
操縦経験は必要なく、パッケージを開けてバッテリーを挿入するだけで、衝突、損傷、あるいは負傷といった心配もなく、安全に飛行させることができる。Eliosはどのような場所でも離着陸させることが可能。

3. 高解像度画像を実現する、オールインワンソリューション
Eliosは完全な暗闇の中でも最大0.2mm/pxの画像を撮影・配信可能で、これまで点検が難しかった箇所でも、LED照明とサーモカメラにより、点検可能となった。

Biインスペクターのサービス内容(フロー)

ブルーイノベーションが開発する”Blue Earth Platform”とは

 Blue Earth Platform(BEP)は、ミッションをベースに複数のロボットやドローンを統合管理するプラットフォーム。任意の地図情報や、物体の位置情報、そしてそれらオブジェクトの属性情報を統合・管理することによって、ドローンやロボットの自動制御による業務ミッションの達成をスマートに実現することができる。

 要するに、ドローンやロボットが自分の位置を推定するシステム、ドローンやロボットヘのサーバー通信システム、ドローンやロボットを操縦するシステム、全ての情報を統合管理するシステム、といった4つのシステムを連携させて、複数のロボットやドローンを統合管理する。

 ブルーイノベーションでは、BEPを軸に、下図にあるように、今年5つのサービスを展開する予定。1つは、社員健康管理および警備サービス「T-FREND」。2つ目は、屋内点検サービス。三つ目は、教育向けサービス。四つ目は、エンタメサービスである「プラネットドローン」。五つ目は、「物流用ドローンポート」を軸にした物流サービス。いずれのサービスも、BEPの技術が内蔵されている

この記事のライター

関連する投稿


【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

 3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018では期間中毎朝、来場者が入場する前にひときわ元気な声が響き渡るブースがあった。JUIDAを運営するドローンプラットフォーム会社、株式会社ブルーイノベーションのブースだ。


ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、Flyability SA社(スイス、ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」を採用、機体の販売や屋内点検分野での新たなソリューション・サービスなどを展開すると3月20日、発表した。


すべての飛行ログを取得できる中国製ドローンをブルーイノベーションが販売

すべての飛行ログを取得できる中国製ドローンをブルーイノベーションが販売

ブルーイノベーション株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:熊田貴之)は、Shaenzen AEE Technology CO.,LTD(本社:中国深圳、董事長:張叶)の製造するドローンに、独自のアプリを開発し、パイロット教育などに活用できる「パイロット支援システム」を発表した。


ブルーイノベーションが業務資本提携 ロボット制御によるソリューションを強化

ブルーイノベーションが業務資本提携 ロボット制御によるソリューションを強化

 ブルーイノベーション株式会社は、ビルメンテナンスの大成株式会社と、投資ファンドを引受先に,、第三者割当増資を実施したと発表した。投資ファンドに関わる国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、大成とは業務提携も締結。一連の資本業務提携を機に今後はドローンを含め複数のロボット制御によるサービスに力を入れる。


オフィス内ドローン「T-FREND」来年4月サービス開始を発表 大成、ブルーイノベーション、NTT東日本

オフィス内ドローン「T-FREND」来年4月サービス開始を発表 大成、ブルーイノベーション、NTT東日本

 ビル管理の大成株式会社、ドローン技術開発のブルーイノベーション株式会社、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)千葉事業部は、12月7日、GPS信号が届かないオフィス内を自動で巡回する屋内ドローンで社員の健康管理やセキュリティー強化に活用するサービス「T-FREND」を4月に導入すると発表し、デモフライトを披露した。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。