EDACによる講演録「地方自治体のドローン活用事例とその未来像」を資料無料配布

EDACによる講演録「地方自治体のドローン活用事例とその未来像」を資料無料配布

一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、昨年12月に東京・秋葉原で開催したシンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」をまとめた講演録の無料資料請求受付を開始した。


一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)は、昨年12月に東京・秋葉原で開催したシンポジウム「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」をまとめた講演録の無料資料請求受付を開始した。
 この講演録は、自治体におけるドローン活用について、各地の事例紹介をはじめ、今後の展望や未来像についてまとめたもの。ドローン機体メーカー・ドローン関連サービスや地方自治体におけるドローン活用を行っている23の事業者の講演が収録されている。


<無料資料請求受付> 講演録】地方自治体のドローン活用事例とその未来像について
https://www.edac.jp/symposium/

会場の様子

詳細は、下記サイトを参照。
https://www.edac.jp/symposium/
理事長・最高現場責任者 CGO 稲田 悠樹

〇本件についての問合せ
問合せはEDAC事務局まで。
EDAC事務局 | 電話 : 03-5413-7398 / メール: info@edac.jp

【団体概要】
団体名: 一般社団法人 救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称EDAC)
所在地: 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ205号
代表者: 理事長・最高現場責任者 CGO 稲田 悠樹
電話 : 03-5413-7398
メール: info@edac.jp
URL : https://www.edac.jp/

この記事のライター

関連する投稿


EDACが「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」シンポジウム開催 12月1日

EDACが「地方自治体のドローン活用事例とその未来像について」シンポジウム開催 12月1日

大規模災害の現場でドローン等のIoT機器の利活用を促進し救える命を救うため、各種実証実験を行っている一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)が「自治体におけるドローン活用について、各地の事例紹介、および今後の展望や未来像について」と題したシンポジウムを12月1日に開催する。


熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県南小国町、EDAC 、リアルグローブが ドローンを活用したまちづくり 協定合意

熊本県阿蘇郡南小国町、一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(EDAC)、株式会社リアルグローブが「ドローンを活用したまちづくりに関する協定書」に合意しと発表した。


佐賀県が県内企業とドローンを活用した災害訓練を、24日開催へ

佐賀県が県内企業とドローンを活用した災害訓練を、24日開催へ

 佐賀県は先進技術を活用した救命救急を推進するEDAC(救急医療・災害対応無人機等自動支援システム協議会)監修のもと、災害関連協定を結んでいる県内企業とともにドローンを活用した災害対策訓練を、24日に開催する。悪天候などによる予備日は23日。


先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

先進技術を救急救命の現場に活用する EDACの取り組みと成果

ドローンなど先進技術を活用した救急救命の実証実験に取り組む「救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会(略称:EDAC)」は、東京都内でシンポジウムを開き、1月23日に九州大学伊都キャンパス(福岡)で行われた実証実験の成果などを発表した。


救急ドローンを用いた中山間部での傷病者早期発見の実証実験にTelepathy Walkerが活躍

救急ドローンを用いた中山間部での傷病者早期発見の実証実験にTelepathy Walkerが活躍

一般社団法人救急医療・災害対応無人機等自動支援システム活用推進協議会による公開実証実験


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。