ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

ドローン空撮ワンテイク! リベリアの食料品のCM

米国サンフランシスコの食品イノベータのハンプトン・クリーク社(CEO:ジョシュ・テトリック)は、西アフリカのリベリアで撮影したCMを公開した。空撮映像から市街地の路地裏にカメラが移動する印象的なシーンが展開されている。(田中亘)


リベリアの食料事情を改善するJust Power Gariの取り組みを紹介するCM

ハンプトン・クリーク社のCM撮影の様子

 食の安全を追求して、マメ科の植物から卵のような味覚のJust Eggや、エンドウ豆からマヨネーズのようなJust Mayoなどの食材を開発し販売しているハンプトン・クリーク社は、2年前から西アフリカのリベリアで、健康的な食料を提供するための取り組みを続けてきた。そして、オートミールのようにお湯で溶いて食べるJust Power Gariという食材の提供を開始した。サイトの情報によれば、まだ650名の子供や妊婦に提供している規模だが、2018年以内には百万食を超える量の流通を目指している。
 そのJust Power Gariの認知度を高めるために、同社はドローンを活用したCMを製作した。撮影には、オクタコプターのFREEFLY ALTA8が採用され、リベリアの市街地を空撮する映像が冒頭に映し出される。やがてドローンが降下すると、カメラはそのまま路地裏を移動してJust Power Gariを食べる女性を捉える。メイキングに関する情報によれば、ドローンは高度200フィート(約60m)から市街地を空撮し、そのまま路地裏まで下降すると撮影クルーがカメラを手に取って撮影を続けたという。
 同社のジョシュ・テトリックCEOは「私たちの目標は、そこに暮らす人生のスナップショットを撮り、美味しく栄養価が高く、手頃な価格で調達された食品の生産が、多くの人々の生活に大きな影響を及ぼすことを示すことでした。撮影場所の挑戦的な状況を考えれば、ドローンを利用することは、我々の意思を伝える効果的な唯一の方法でした」と語る。

この記事のライター

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。