Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot、ズーム付き4K HDRカメラを搭載した「ANAFI」が登場

Parrot(フランス)は、新型ドローンANAFIを発表した。4K HDRカメラを搭載し、180度のチルト機構と2.8倍のズーム機能を備えている。コンパクトに折りたたんで運べる設計で、AIによる自動飛行モードも備え25分の飛行を可能にする。(田中亘)


Sony製の1/2.4インチ2100万画素CMOSセンサーを搭載

ANAFI基本セット

 ANAFIはSony製の1/2.4インチ2100万画素CMOSセンサーを搭載し、f2.4の広角レンズによる35mm焦点距離で静止画では23mm〜69mm、動画では26mm〜78mmのズーム機能を備える。JPEGやMPEGの他に、Adobe DNG/RAW形式にも対応する。フルHD画質では最大2.8倍のズームが可能で、4K画像では1.4倍のロスレスデジタルズームを実現している。
 機体の前方に取り付けられたカメラは、3軸ジンバルにより180度のチルト機構を備える。ANAFIはカーボン繊維などで構成されているので、重量は320gと軽量で折りたたむとコンパクトに持ち運べる。バッテリーの充電は、USB Type-Cに対応し、スマートフォン用のモバイルバッテリーやコンピュータから充電できる。
 ANAFIは、最大16.6m/sの風速に耐え、スポーツモードに設定すると最高55km/hの速度で飛行する。無線通信は、2.4GHzと5HGzのデュアルバンドアンテナを搭載し、HDビデオストリーミングを最大で4kmまで伝送できる。
 飛行に関する安全性では、ジオフォンス機能や自動的に出発点に帰還するスマートRTHに、ドローンを見失ったときにビープ音を鳴らしたり、マップ上で確認するFind My Droneなどの機能を備える。

コンパクトに折りたたんで持ち運べる

4つのCineShotsに多彩な撮影モード

ANAFI専用コントローラーとFreeFlight6の画面

 ANAFIをコントロールするアプリのFreeFlight6は、4つのCineShotsや多彩な撮影モードを備える。映画のようなシーンを撮影できるCineShotsでは、RevealとEpicにRiseそして360°という4つのオプションを利用できる。また、SmartDronesを使うと上空からセルフィーを撮影できる。SmartDronesには、Dolly ZoomとBoomerangにOrbit、TornadoとParabolaという撮影モードが用意されている。例えば、Dolly Zoom効果を使うと、特殊効果の付いたズーム映像を撮影できる。そして、Slow-Motionモードでスローモーションを、Hyperlapseモードで早送り映像を撮影できる。さらに、AIを活用したCameraman機能では、自動で画角をアシストしてくれる。Follow Meでは、被写体を自動的に追随して飛行する。
 ANAFIの基本セットは、本体と専用コントローラーにキャリーケースと16GBのMicro-SDカードにUSBケーブル、そして8つのプロペラと取り付けツールで構成されている。海外では、すでに受注を開始していて、7月1日から$699で販売される。
 日本では、本日(6月7日)からアマゾンとビックカメラで予約を開始した。価格は、89,800円 (税込)で発売日は7月16日の予定。

この記事のライター

関連するキーワード


Parrot ANAFI 4K HDR

関連する投稿


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

第57回全日本模型ホビーショーで、仏Parrot社がミニドローンのManboとBEBOPの最新モデルを発表、展示した。ホビーショーは9月30日〜10月1日、東京ビッグサイトで開催。


Parrot、農業や不動産業向けのドローンを発表

Parrot、農業や不動産業向けのドローンを発表

Parrotは「Bebop」や「Disco」などの一般消費者向けドローンで名を知られているかもしれないが、2012年からは商用ソリューションにも取り組んでいる。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。