精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

精密農業に最適化されたPix4Dfieldsが発表される

ドローン用画像解析ソフトを開発するPix4D(スイス)は、精密農業に最適化されたPix4Dfieldsを発表した。


1デバイス月額約2,5000円のライセンス料

Pix4DfieldsはPC用ソフトとクラウドで構成される

 Pix4Dfieldsは、農業や畜産業からの情報をもとに開発された農地分析用ソフトウェア。ドローンに搭載したマルチスペクトルカメラで撮影した画像を解析し、クラウドを介して離れたオフィスでも作物の生育状況などを的確に把握できる。ソフトウェアは、農業に最適化されたシンプルなユーザーインターフェースを提供し、現場で迅速かつ正確な生育地図を作成できる。Pix4Dfieldsのために開発されたリアルタイム処理エンジンにより、現場で高解像度の地図を作成し、結果を迅速に把握できる。

Pix4Dfieldsを活用した精密農業のワークフロー

 Pix4Dfieldsを活用した精密農業のワークフローは、図のように4つのプロセスで構成される。最初のプロセスでは、ドローンを飛行させて農場を撮影する。次のプロセスで、Pix4Dfieldsによるインスタントマッピングによる画像処理で、農地の状況を現場で迅速に把握する。第三段階では、収集したデータをオフィスで解析して、植生指数を比較し、ゾーニングなどを集計する。そして最終段階では、農地の正確な植生情報をトラクターや農場運営者と共有して、薬剤や肥料などの的確な散布や収穫などを実践する。

Pix4Dfieldsで解析できる主な内容

 Pix4Dfieldsは、オルソモザイクをはじめとして、フィールド境界や植生指数地図に、ゾーネーションマップと処方マップにアノテーションなどの画像を出力できる。利用価格は、1デバイスあたりの月額ライセンスが230CHF(約25,000円)で、年間のディスカウントもある。クラウド処理は無制限だが、サポートされるマルチスペクトルカメラに制限がある。

この記事のライター

関連する投稿


精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

精密農業の世界市場は2023年に95.3億ドル(約1兆円)と予測

市場調査会社のRESEARCH&MARKETS社(米国)は、2018年の精密農業市場が50.9億ドル(約5,650億円)に達すると予測し、CAGRが13.38%で2023年には95.3億ドル(約1兆円)になるとの予測を発表した。(田中亘)


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(2)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。特別講演に続いて、田上利博事務局長が登壇し、ドローンを活用した精密農業の成果を報告した。


オプティムと藤枝市がドローン利用を見据えた精密農業を開始

オプティムと藤枝市がドローン利用を見据えた精密農業を開始

IT企業の株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、静岡県藤枝市の「IoT(LPWA)プラットフォームを活用した公共テーマ型実証実験事業」の「圃場データの可視化による農業の圃場管理支援」事業者に選定され、ドローン活用も見据えた精密農業の「圃場管理支援事業」を開始する。


新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

新潟市がドローン実証プロジェクトの水稲空撮を公開

8月7日。農業特区に指定されている新潟市は、有限会社米八圃場(新潟市南区、代表取締役:加藤誉士寛)でドローンを活用した「水稲のモニタリングおよび栽培管理」の実証実験の様子を公開した。


精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

精密農業向け機器とソリューションを提供するMicaSense社がPix4Dと連携

2014年に米国カリフォルニア州で創業し、精密農業に使われるマルチスペクトルカメラのRedEdgeで有名なMicaSense社は、8月8日(米国時間)からデータ管理クラウドサービスの「ATLAS」とPix4Dを連携すると発表した。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。