創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

創刊記念 ドローンタイムズ セミナー 「ドローンから始まる日本の空の産業革命」 (8)

ドローンタイムズ創刊記念セミナーでは、最後にトークセッションを開催した。ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之 氏がモデレータとなり、ドローンベンチャーを取り巻く現状や課題などがディスカッションされた。(田中亘)


ドローンベンチャーが日本で成功するためには

トークセッションの冒頭で、トーマツ ベンチャーサポート株式会社 アドバイザリーサービス事業部 ロボット・ドローンインダストリーリーダー 瀬川 友史 氏が、ロボットを取り巻く課題について指摘する。
「ドローンもロボットの一種です。そう捉えると、ロボットと同様な4つの課題が浮かび上がります。一つは、技術開発が優先してしまい、事業として成り立たないロボットを作ってしまうケースです。ふたつ目は、新しいシステムを導入しても、マネジメントが変えられずに、現場で活用できない問題です。そして三つ目が、法規制やルール作りの重要性です。最後の課題が、最初の一歩を踏み出す難しさです。この分野では、やはり大企業よりもベンチャー企業の方が、スピード感が速いので、最初の一歩はベンチャーになると思います」
続いて、野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社 調査部 調査二課 研究員 川﨑 雅大 氏が、ドローンベンチャーを取り巻くファイナンス環境の日米の違いについて触れる。
「アメリカでは、2014年に200億円を越える資金をドローンベンチャーが調達しています。2015年には3ヶ月で220億円が調達されるほど、投資が盛んになっています。その投資先には、ドローンの機体を作るメーカーだけではなく、フライトコントローラーやドローンのための地図アプリなど、IT関連のベンチャー企業も含まれています」
両名の発言を受けて、熊田氏は日本が世界のドローン市場で戦っていくためには、どのような方法があるのか質問した。
「日本には、少子高齢化やインフラの老朽化など特有の社会課題があります。そうした課題を解決するためのドローンとサービスの事業は、国内だけではなく、将来同様な社会構造をむかえる海外に向けても、ビジネスとして輸出できる可能性があります」と瀬川氏は分析する。
一方の川崎氏は「まだドローンの世界は黎明期で、これから資金を集めなければならない状況でしょう。そこで、エンジェル投資家やクラウドファンディングなどから調達するためには、ドローン産業にどれだけ大きな夢を描けるかが重要です。また、ベンチャーキャピタルやプライベートエクイティファンドなどから調達する場合には、自社の成長の可能性をいかに投資家に伝えられるかが大切です」と資金調達の道筋について話す。
そして、ビジネスが軌道に乗り、株式上場後に公募増資が得られるようになったときに、「ドローンベンチャーが真の成功を示せる」と、川崎氏は締めくくった。

ブルーイノベーション株式会社 代表取締役社長 熊田 貴之 氏

野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社 調査部 調査二課 研究員 川﨑 雅大 氏

トーマツ ベンチャーサポート株式会社 アドバイザリーサービス事業部 ロボット・ドローンインダストリーリーダー 瀬川 友史 氏

この記事のライター

関連する投稿


JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

JUIDAが有明防災フェアでミニドローン体験会&ドローンデモフライト 元自衛官アイドルのかざりさんもドローン初体験

一般社団法人日本UAS産業振興協議会は、8月10日〜12日、東京都江東区有明の東京臨海広域公園で開かれた「第5回有明防災フェア」に協力・出展し、チームはちどりによるミニドローン体験会やブルーイノベーションの点検ドローン「ELIOS」のデモフライトを行った。


伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

伊豆大島の魅力を発信! ドローンの観光利用を模索するモニターツアー開催

 伊豆大島で7月12日、ドローンの観光利用の可能性を探るモニターツアーが始まった。経験者、未経験者を問わずドローンに関心がある20人が参加し、初日には未経験者はドローン操作のレッスンを受け、熟練者はさっそく空撮に臨んだ。14日までの期間中、参加者が大島の魅力を発信する。


ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

ブルーイノベーション、ドローンによる屋内点検サービス「Biインスペクター」を開始

トンネル、ダクト等、狭小空間に最適な”Elios”による、スピーディーで安全な点検業務を実現。


【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

 3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018では期間中毎朝、来場者が入場する前にひときわ元気な声が響き渡るブースがあった。JUIDAを運営するドローンプラットフォーム会社、株式会社ブルーイノベーションのブースだ。


ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、Flyability SA社(スイス、ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」を採用、機体の販売や屋内点検分野での新たなソリューション・サービスなどを展開すると3月20日、発表した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。