ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


 ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命を救った。これによって、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと、DJIは発表した。

 英国のデヴォン・コーンウォール警察とドーセット警察署は、エクスマウスの断崖で、ほぼ意識不明になっている遭難者を赤外線サーマルカメラ搭載のドローンで発見することができた。この両警察による捜索活動の模様は、Twitterの投稿画像で確認できる。
 また米国、インディアナポリスのインディアナ消防署は、沼で溺れかけていた逃走中の容疑者にドローンから救命胴囲を投下し、救助した。ウェイン・タウンシップ消防署も救助活動の模様をTwitterに画像を投稿している。
 3件目は米国、テキサス州のヒルカウンティーの公共安全機関によるもので、増水した川に取り残された母親とその15歳の娘にドローンから救命胴衣を投下し、無事救助した。このニュースは、地元メディアがニュース動画で伝えている。

 わずか1日の間に、ドローンを活用した人命救助活動が3件も確認されたのは今回が初めて。これ以外に今年だけでも、2月25日には、イギリスのリンカンシャー州で、警察が側溝に倒れていた意識不明の男性を、暗闇の中赤外線カメラ搭載ドローンで救出したニュースや、ブラジルのサンパウロで、ボートから落ちて溺れていたカイトサーファーに、ドローンがブイを投下して救出したニュースが記憶に新しい。
 警察や消防だけでなく、ドローンを持っている一般ユーザーも、事故や事件現場に居合わせた際に、自分のドローンを使って要救助者を発見したり、溺れている人や、森や側溝、山岳地帯で遭難している人を捜索することも可能だ。ドローンは、地上や水上での捜索活動と比べて、捜索範囲をかなり拡大することができ、煙や霧の中、暗闇や森林地帯であっても、赤外線サーマルカメラで要救助者を発見できる。また、公共安全機関がドローンを採用することで、危険を伴う場所での捜索活動をドローンが隊員に代わって行うため、二次災害の危険性を抑えることもできる。
 DJIは、ドローンが捜索救援活動に貢献でき、ドローンの広域利用が社会の安全にどのように寄与するかをまとめるため、新聞やTV、SNSで報じられたドローンレスキューのニュースを記録しているという。同社では、これまでに行われたドローンを活用した救助活動のニュースや映像をアーカイブし、報告するために、ドローンを活用した人命救助を行った公共安全機関で、報道されていないケースがあれば同社まで連絡して欲しいとしている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 人命救助

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(上)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。会場には、薬剤や粒剤散布用のドローンが一堂に介して、2019年に向けた最新の技術や取り組みが展示されていた。(田中亘)


DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI 、AGRAS MG-1の次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を国内初展示

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 農薬散布機「DJI AGRAS(アグラス)」シリーズの次世代モデル「DJI AGRAS MG-1P RTK(MG-1P RTK)」を農業総合展「農業ワールド」(10月10日〜12日、幕張メッセ)において国内で初めて展示する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。