HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

HuaweiとUniflyがドローンの飛行管制システムで協力を発表

深セン、中国 - 2018年6月11日 - 通信大手のHuawei Technologies Co.、Ltd(中国)とドローン管制システムのUnifly NV(ベルギー)は、UASトラフィック管理(UTM)システムの分野で協力する覚書に署名した。覚書では、研究開発とUTM市場に共同でアプローチする。


5年後に100億ドルを超える市場を見込んだ両社の協力体制

左から:UniflyのKoen Meuleman CFOとHuawei Wireless X LabsのWang Yufeng社長

 UASの世界市場は、農業、石油、ガス、物流などの多様な分野において急速な成長を遂げている。Huaweiのビジネスリサーチ機関SPO Labによると、世界のUAS市場は、今後5年間で100億ドルを超えると試算している。
 都市や町の上空を飛行するUASが飛躍的に増加するにつれて、民間航空局(CAA)や航空ナビゲーションサービスプロバイダ(ANSP)は、管理された環境内でこの飛躍的な技術がどのように繁栄するか懸念している。国の機関では、UASの登録や保険と空域管理などが最優先事項であり、安全性とプライバシーに関する国民の懸念にまで及んでいない。空域管理の既存の方法論では、これらの懸念に対応する具体的な対策がないため、新しい解決策が求められている。そのためANSPは、通信のプロバイダーに、この課題に対応する革新的かつ確実なソリューションを求めていた。
 スマートフォンや通信機器を製造販売してきたHuaweiは、オペレーターのSIMカードに基づいてUASのユーザーを特定して配置する技術を開発した。Huaweiの技術とUniflyのUnmanned Traffic Management(UTM)プラットフォームを組み合わせることで、ANSPは安全かつ確実に空中にUASを統合できる。UniflyのUTMプラットフォームは、世界的に標準化されたセルラー技術を利用して公的な機関とUASのオペレータを結びつけ、リアルタイムで誰のドローンが飛行しているのか把握できる。Uniflyのプラットフォームは、飛行計画、空域管理、ライブ追跡、動的な状況認識などの機能も装備されている。
 Huawei Wireless Networksの最高マーケティング責任者Peter Zhou氏は「4.5Gおよび5G技術は、UASとそのユーザーの登録と識別、空域内の追跡に重要な役割を果たします。我々はUniflyと協力して、UTMアーキテクチャにおける必須サービスとして、UAS展開の課題に取り組むことをうれしく思います」とコメントする。
 Uniflyのマーク・ケゲラース(Marc Kegelaers)CEOは「Huaweiは無線技術の世界的リーダーであり、UniflyはUASトラフィック管理の世界的リーダーであることを嬉しく思っています。 UTM市場向けの包括的なエンドツーエンドソリューションを提供するために、まもなく一般空域へのUAS統合の次のステップが見られると確信しています」と話す。

この記事のライター

関連するキーワード


HUAWEI Unifly UTM

関連する投稿


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

IntegraとUniflyは空港付近での安全なドローン飛行で協力

ベルギーでドローンの飛行管理システム(UTM)プラットフォームを開発するUnifly社は、デンマークでANSP CAA認定ライセンスを所有するIntegra Aviation Academy社と協力して、ドローンが空港周辺で安全に操作できる環境を整備すると発表した。


米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

米国ドローン市場の予測から日本市場の2018年を考える(後編)

欧米でドローンの展示会やニュースを発信しているCOMMERCIAL UAV EXPO社が、2018年の産業用ドローン市場に対する8つの予測を発表した。後編では、残る4つの予測と日本市場について考察する。


通信機器メーカーの中国HUAWEIが描くドローン戦略

通信機器メーカーの中国HUAWEIが描くドローン戦略

スマートフォンの世界シェア第三位の通信機器メーカーの中国HUAWEI(ファーウェイ)は、2017年11月にロンドンで開催したプライベートフォーラムの資料を公開し、5G時代を見据えた10大用途の中にコネクテッド ドローンが重要だと提言した。


最新の投稿


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。