FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


 オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。
 体験会では、 水中ドローン「PowerRay」(PowerVision製)、 「GLADIUS」(Chasing Innovations製)の機能紹介、 プールでのデモンストレーション、 操縦の体験もできる。 また、水中ドローン導入・運用にあたっての相談や質問も受けつける。
 水中ドローンは、 水中・水上の撮影をはじめ、 釣りやダイビング、 船舶検査や水中捜索、 水難救助、 養殖など、 様々なシチュエーションでの活用が想定されている。
 

水中ドローン体験会概要

日時:6月30日(土)、 7月29日(日)
第一部 10:30~12:00
第二部 13:30~15:00
第三部 15:30~17:00 *各回約5名様(5名様以上の場合はご相談ください)

場所: TOKYO POOL LABO
(東京都足立区花畑4-33-4 マイエススイミング花畑アウトプール内)

アクセス:
・東武スカイツリーライン「竹ノ塚」駅下車 東武バス花畑団地行き「団地入口」下車 徒歩1分
・東武スカイツリーライン「谷塚」駅下車 徒歩15分

内容:
・水中ドローンについて
・「PowerRay」、 「GLADIUS」の機能紹介
・プール内でのデモンストレーション
・プール内での操縦体験
・質疑応答

費用: 無料(要事前申込み)  https://dronecamp.jp/

特典: ドローン購入時に使用可能なクーポン、 オリジナルノベルティ付き

PowerVision製 「PowerRay」

・高画素4K UHDカメラ搭載。
・1080pリアルタイムストリーミング可能。
・強力なLEDライトを装備し、 鮮明な視界を実現。
・同梱のVRゴーグルによる新しい水中体験が可能。

Chasing Innovations製 「GLADIUS」


・100mまで簡単に潜水が可能。
・4KカメラとLED照明を搭載。
・淡水と海水の両方の浮力重量モジュールが付属。
・標準通信ケーブルで垂直水平の操作半径は100m。

【水中ドローン無料体験会お申し込み先】
DroneCamp https://dronecamp.jp/

この記事のライター

関連する投稿


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

『DroneAgent』 高解像度一眼カメラ「SONY α7R III」をDJI製大型ドローン「Matrice600pro」に搭載し撮影した、360度のパノラマ眺望写真を公開。眺望撮影に最適な機材の提案や導入相談にも対応、各種機材も販売。


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。