太陽光パネルをドローンで検査する新サービス 〜エナジー・ソリューションズのIR検査サービス〜

太陽光パネルをドローンで検査する新サービス 〜エナジー・ソリューションズのIR検査サービス〜

2010年に設立されたエナジー・ソリューションズは、太陽光発電システムを中心にしたエネルギーマネージメントに関するソリューションの開発とサービスを提供するベンチャー企業。創業当初から、航空写真によるソーラーシステムの設置診断サービスを提供し、遠隔監視によるソーラーモニターを家庭向けや産業用に展開している。


代表取締役の森上寿生氏は、2009年までマイクロソフトで業務執行役員などを勤め、IT業界にも精通した人物。同社は、2016年8月から、ドローンとクラウドを活用した新たなソーラーモジュールIR検査サービスを開始する。

ソーラーモジュールに発生するホットスポットという問題

「当社の提供するソーラーモニターは、全国で約3000箇所の太陽光発電所を監視しています。太陽光発電所の中でも、メガソーラーと呼ばれる大規模設備では、20年間は発電所としての設備を維持して運営していかなければならないので、メンテナンスが重要な課題となっています。具体的には、発電に使われるソーラーパネルのモジュールに不具合がないかを定期的に検査しなければなりません」と森上氏は太陽光発電所の抱える課題について説明する。
2015年9月に、総合資源エネルギー審査会が、太陽光発電所設備の点検と保守に発電量計測の義務化を了承したことで、今後は発電に利用するソーラーパネルの定期検査が必須となる。
「現在のソーラーパネルの点検は、熟練者が地上から赤外線カメラで撮影するか、航空測量による空撮が中心です。撮影後に、赤外線画像を解析して、『ホットスポット』と呼ばれる温度が異常な箇所を発見します。そのため、メガソーラーと呼ばれる大規模施設では、1万枚のソーラーモジュールの検査に、4日ほどの時間と70万円を超えるコストがかかります。さらに、人手による画像解析では、『ホットスポット』を見落としてしまう懸念もありました。こうした課題を解決するために、ドローンを活用できないかと考えたのです」と森上氏はサービスを開発した背景について話す。

ドローンとクラウドを組み合わせた革新的な点検サービスを開発

ドローンに赤外線カメラを取り付けてソーラーパネルを撮影して点検するサービスは、すでに国内でも何社かが提供していた。しかし、エナジー・ソリューションズでは、既存のドローンによる点検サービスには課題があると捉えていた。
「先行していたドローンによるソーラーパネルの点検サービスは、パイロットがドローンを手動で操縦して、赤外線カメラでソーラーモジュールを撮影していました。そのため、熟練したパイロットによる安定したドローンの飛行が求められ、撮影した赤外線画像の解析も、人手に頼る部分が多かったのです。これでは、3000箇所もあるメガソーラーに安価で効率の良い点検サービスを提供できません。そこで当社では、ドローンの飛行から画像解析までを自動化するソリューションを開発することにしました」と森上氏は独自の取り組みについて語る。
インターネットやクラウドを活用したソーラーモニターというソリューションを開発してきた同社にとって、赤外線カメラで撮影した画像をクラウドに登録して自動的に解析するシステムの開発は、それほど難しくはなかった。むしろ、問題となったのはドローンを自動的に飛行させる方法だったという。
「ドローンの機体開発にあたっては、当社が参加しているセキュア・ドローン協議会のメンバーに相談して、安定した飛行と完全に自動化されたフライトを実現する技術のアドバイスをもらいました。その結果、機体はエンルート社を採用し、3D Robotics製のフライトコントローラを搭載しました」と森上氏はドローンについて説明する。
エンルートに設計と開発を依頼した検査用のドローンには、FLIR Systems製の赤外線カメラを取り付け、飛行中も撮影画像を電波でモニターに表示する。カメラの解像度は、640x512画素で動画も記録する。撮影した赤外線画像には、温度データも記録されているので、熱画像解析が可能になる。
「当社の開発したソーラーモジュールIR検査システムは、特許出願中です。その最大の特長は、ドローンで撮影した赤外線カメラのデータをクラウドに登録するだけで、短期間にモジュール検査報告書を作成できる仕組みです。ドローンは、ドローンステーションという制御用プログラムを使って、あらかじめ撮影するソーラーモジュールの範囲を正確に指定できます。点検範囲の指定では、衛星画像だけではなく、ソーラーモジュールの図面を重ねあわせて、正確にどのパネルを撮影したのかを記録できるようにしています」と森上氏は自動化の優位性を話す。
約1万枚のソーラーパネルが設置されているメガソーラー発電所であれば、高度25mの位置から秒速3mで正確に飛行して、約10分で撮影を完了するという。機体のバッテリーは、約20分の飛行時間を維持できるので、一度のフライトで記録できる。

パイロットの資格と機材を整えてフランチャイズ制度を展開

「当社の自動化されたドローンによるIR検査は、従来の点検方法と比較して、コストで約1/3の削減になるだけではなく、撮影から報告書の提出までの時間も、最短で1日で完了します。2016年8月からサービスを開始するにあたって、現在は社内のスタッフへの教育や運用ルールの作成を行っています。また、将来的には、機体も含めた検査システムそのものを全国にフランチャイズ展開していく計画です。メガソーラーを建設し運用している地域の事業社と協力して、JUIDAの資格を持つパイロットの育成や、ドローンステーションの操作方法の習得など、必要な技能を身につけてもらい、各地元でソーラーモジュールIR検査サービスを提供してもらえたいと考えています」と森上氏は展望を語る。
すでに、必要な資格と人材育成を終えた何社かが、具体的なソーラーモジュールIR検査サービスの展開を計画しているという。

(DRONE TIMES 田中亘)

エナジー・ソリューションズ株式会社
http://www.energy-itsol.com/index.html

この記事のライター

関連する投稿


エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

エナジー・ソリューションズ 「DroneEye」によるソーラーモジュールの赤外線検査の新しい事業モデル

 「BCNフォーラム」のセッションで、エナジー・ソリューションズの森上寿生社長が登壇して「ドローン&クラウドを活用したソーラーモジュール赤外線検査サービス」と題して講演。ドローンを用いたビジネスの実例という観点から、同社が提供するサービス「DroneEye(ドローンアイ)」を紹介した。


有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

有線ドローンで小形風力発電の点検、新潟県の会津ラボと鈴与マタイが実証実験

ベンチャー企業の会津ラボと環境エネルギー事業を行う鈴与マタイは、小型風力発電設備の点検にドローンを活用する実証実験に着手した。有線で給電を行うタイプのドローンを利用するもので、点検作業の効率化を図る狙い。2018年度の実用化を目指す方針だ。


自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

自治体の「ドローン活用」本格化 行方不明者捜索や森林モニタリング

「空の産業革命」ともいわれ、注目を集めるドローン。民間企業がさまざまな活用方法を示し、国家戦略特区で実証実験が進む中、地方自治体でも導入に踏み切るところが増えてきた。活用方法も物資輸送や空撮、行方不明者の捜索、インフラ点検など幅広く、ドローンパイロットの本格的な育成に乗り出すところも出ている。


ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

ドローンが日本経済を浮揚させる日--第4次産業革命へのマイルストーン

政府、自治体におけるドローン活用への期待が高まっており、規制緩和や評価基準の策定とともに、新しい産業の創出や、観光、物資などの運搬、調査・点検、災害などでの活用に向けた取り組みが始まっている。


赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

赤外線検査「ドローンアイ」の提供を開始 エナジー・ソリュ-ションズ、9月12日に

エナジー・ソリューションズ株式会社は、ドローン&クラウドソーラーモジュール IR 検査サービス「ドローンアイ」の提供を 9 月 12 日より開始した。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。