ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


ドローンで撮影した動画から3D地図を作成するアクアコスモス

特性コーナーに設けられたケージの中でデモフライトするアクアコスモス

 映像解析とデジタル地図を作製するアクアコスモス(東京都中央区)は、ドローンで撮影した動画から3D地図を作成するサービスを紹介していた。同サービスは「スカイCVサービス」と呼ばれ、同社の親会社になる岩根研究所(札幌市)が開発した解析技術を応用している。アクアコスモスが推奨するドローンとカメラとGPS測量機を利用し、対象物から20メートルの距離で撮影した動画をクラウドサービスにアップロードすると、解析処理を行う。同サービスを利用すると、レーザー測量などの高額な機材を利用しなくても、手軽に3D地図を作成できる。展示会場のデモフライトコーナーでは、全周囲カメラのGarmini VIRB360カメラとセンサコム社のGNSSをInspier 2に取り付けて、飛行する様子を実演した。
 実際に「スカイCVサービス」を利用するためには、推奨機器とドローンが必要になる。すでに機材を所有している場合は、約30万円から導入が可能で、機材を含めたフルセットは約100万円となる。機材とは別に、撮影したデータを解析するためには、1分あたり2万円からの処理費用が発生する。それでも、LiDAR搭載ドローンによる3D地図製作よりも大幅なコストダウンになる、とアクアコスモスでは説明する。

360度カメラで撮影した動画から3Dモデルを作成するアクアコスモスのスカイCVサービス

ドローンの抽選から「みちびき」対応のGPSを搭載した機体も登場

 オンデマンドUAV(ドローン)サービス「DroneAgent」を運営する株式会社FLIGHTS(本社:東京都港区、 代表取締役:峠下 周平)は、 Telloの当選するアンケートを実施していた。空撮から測量用のドローンにPowerRayなどの水中ドローン、さらにはブラザー製のスカウターなどを展示していた。

FLIGHTSの展示コーナーではTelloが当選するアンケートを実施

 また、超高感度・高精度衛星測位システムに関する研究・開発・ライセンスを事業としているマゼランシステムズジャパン株式会社(兵庫県)は、準天頂衛星システム「みちびき」を捉えるGPSを搭載したACSL製ドローンを展示していた。「みちびき」は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局の発表によれば、2018年11月1日からサービスを開始する。6月5日には、みちびき3号機の測位技術実証サービス用信号の切り替えに異常動作があり、試験信号の送信を一時停止する、という発表もあったが、11月のサービスインに向けて確認と調整作業は進んでいる。
 マゼランシステムズジャパンでは、ACSLと共同で「みちびき」による高精度なドローン誘導の実現に取り組んでいる。

マゼランシステムズジャパンの開発した「みちびき」対応のGPSを搭載したACSL製ドローン

この記事のライター

関連する投稿


DroneAgent、ドローン操縦士採用イベント「ドローン操縦・空撮体験会 in Tokyo 8/25開催

DroneAgent、ドローン操縦士採用イベント「ドローン操縦・空撮体験会 in Tokyo 8/25開催

DroneAgentでは、TV、CM、企業プロモーションビデオ、パノラマ撮影など空撮案件増加により、ドローン操縦士を積極採用するイベントを開催。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

DroneAgentが高解像度一眼レフカメラをDJI大型ドローンに搭載し撮影した360度パノラマ写真を公開

『DroneAgent』 高解像度一眼カメラ「SONY α7R III」をDJI製大型ドローン「Matrice600pro」に搭載し撮影した、360度のパノラマ眺望写真を公開。眺望撮影に最適な機材の提案や導入相談にも対応、各種機材も販売。


DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

DroneAgentがビックカメラと提携店頭でのDJI製産業用ドローンの販売サポートなどをスタート

「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 株式会社ビックカメラと提携し、 DJI製の産業用ドローンの販売サポートとアフターサポートを開始。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。