世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


トータルステーションでの誘導技術を応用した飛行制御を実現

アプリからのコマンドだけでPhantom 4を飛行させるジツタの山城氏

 測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタは、GPSの電波が受信できない橋梁下や屋内施設などで、測量機のトータルステーション(TS)と反射プリズムを組み合わせた自律飛行システムを開発している。同システムは、ドローンの位置情報をTSで測定し、リアルタイムで飛行中のドローンを制御する技術。今回は、この制御技術を応用して、TSを使わずにDJI Phantom 4を直接制御するスマートフォンのアプリを開発した。
 開発中のアプリには、DJI Phantmo 4を制御するボタンが用意され、指先でタップするだけで離陸や着陸に飛行の移動量を指定して、ドローンを移動できる。デモフライトでは、あらかじめプログラムされた移動量にしたがって、DJI Phantmo 4が上下左右に移動した。
 飛行制御プログラムの開発とデモフライトを担当したジツタのUAV担当の山城憲一主任によれば「プログラミングだけでDJI Phantmo 4を飛行させる取り組みは、世界初だと思います。現在は、移動する距離や方向を指定するだけですが、より高精度な制御が可能になれば、GPSに頼らずに点検などで正確な飛行ルートをプログラムできるようになると思います」と語る。

ジツタが開発中のアプリの画面例

この記事のライター

関連する投稿


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

非GPS環境でのドローン精密誘導システムをジツタが公開

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、都内の屋内施設でドローン精密誘導システムの飛行実験を公開した。GPSの電波が受信できない屋内施設で、測量機と反射プリズムを組み合わせた自律飛行に成功した。


【橋梁・トンネル技術展】DJIのPhantom 4に新しい「光」をもたらすシナジーテックのDL50

【橋梁・トンネル技術展】DJIのPhantom 4に新しい「光」をもたらすシナジーテックのDL50

【橋梁・トンネル技術展】のドローンコーナーで、橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システムを手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、夜間の点検に効果を発揮する株式会社シナジーテック(本社:徳島県、代表取締役:大栗克俊)のドローンライトDL50を展示していた。


橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

橋梁下やトンネル内の点検に有効なドローン誘導システム

測量機器の販売やソフトウェア開発を手掛ける株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、GPS信号を受信できない橋梁下やトンネル内でも、安定した飛行を実現するドローン誘導システムを開発した。


最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。