「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


 会談にはFAI航空模型委員会(CIAM)のDrone Racing会長、Bruno Delor(ブルーノ・ドロール)氏、ALIの小松周平CEO、日本模型航空連盟(JMA)菅木紀代一氏の3人が参加。ドローンレーシングの現状と今後のほか、FAIが統括するDrone Racingの世界大会を日本で開催する意味や波及効果について話し合った。
 会談では小松CEOが、ALIがレースを活発化させるため、複数の企業と連携し、FAI Drone Racingの世界大会を2020年に日本で開催することに向けてFAIのブルーノ・ドロール氏と協力することに合意。日本におけるFAIの加盟組織である日本模型航空連盟の菅木氏と連携し、日本のドローンレースにおけるレギュレーションやセーフティをFAIの国際基準にあわせることを目指す。

会談が行われたAero Club De Franceで合意した(左から)小松周平氏、ブルーノ・ドロール氏、菅木紀代一氏

●FAIにおけるドローンレーシング

 FAIはブルーノ・ドロール氏を中心に2015年10月にドローンを正式に競技化することを決定、2016年からFAIによる指導と組織化がはじまった。 FAIが公認する大会をワールドカップと称し、2016年に9大会(参加者230名)、2017年には16大会(参加者430名)、2018年は25大会(参加者見込み630名)が世界中で行われている。公認にあたってFAIは参加者が加盟クラブの発行するFAI Sporting LicenseもしくはDrone Permissionsを有することを条件とした。
 また2018年11月にはFAIが統括する初めてのワールドチャンピオンシップ(世界選手権)が中国の深圳で行われる。

 会談の中で、ブルーノ・ドロール氏はFAIが2019年以降に新たなシステムで世界大会を開催するコンセプトがあることについて言及。小松、菅木両氏はFAIが新たに始めるドローンレーシングの世界大会を2020年に日本で開催することを目指しFAIと協力することで合意した。

今回の会談の参加者詳細は下記の通り。

Bruno Delor(ブルーノ・ドロール)
スカイスポーツにおける国際組織として記録を管理している国際航空連盟(FAI) 航空模型委員会(CAIM) Drone Racingの会長、FFAM(Fédération française d’aéromodélisme・フランス模型航空連盟)の会長。

小松 周平(こまつ しゅうへい)
ドローン、マイニングマシン、ブロックチェーン、ホバーバイクなど最先端技術を研究開発する(株)Aerial Lab Industries(ALI)のCEO。

菅木 紀代一(すがき きよかず)
日本唯一のFAI加盟団体(NAC)である日本模型航空連盟の要職を歴任。FAI CIAM Drone Racingの委員であり、日本の航空競技の重鎮。


【お問い合わせ先】
株式会社Aerial Lab Industries
info@ali.jp(広報部:木曽)
URL:https://ali.jp/

この記事のライター

関連するキーワード


FAI ドローンレーシング

最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。