日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


学生、社会人の専門家チームが健闘! アイ・ロボティクスも協力

 GoFlyはボーイング社が協賛している人が乗って空を飛ぶ個人用飛行装置の開発コンテストで、賞金総額は200万ドル(約2億2134万円=東京外国為替市場5月21日午後5時のレートで換算)だ。
 参加者は2年間をかけて、誰でも、どこでも、安全に利用できる装置の開発を競いあう。第1フェーズが設計、第2フェーズが試作機、第3フェーズが実機と、3段階で審査される。
 今回発表されたのは、第1フェーズの受賞者。数百の応募作品の中から、業界の専門家で構成する審査委員会が審査を経て、評価の高い10チームを選出した。参加者は95カ国から約3000人だったという。受賞作品はいずれも、垂直離着陸または垂直に近い離着陸の機能を備え、燃料補給や再充電をせずに20マイル(約32キロ)の有人飛行が可能で、各チームはそれぞれの設計に基づき、機体の製作に入っている。
 第2期は試作機で競われる。2019年3月に優れた試作機を作った4チームに、それぞれ5万ドルが贈られる。また最終審査は2019年秋にFinal Fly-Off会場で行われ、そこでグランプリが決まる。
 日本から参加した「teTra」は東京大学大学院博士課程に在籍する中井佑氏がリーダーをつとめる、学生・社会人混成の専門家チーム。昨年末から個人用飛行装置の設計を進めて、第1フェーズでは受賞10強に名を連ねた。
 受賞した機体「teTra3」には詳細は未公表ながら「革新的な機構」が搭載されていて「操作の感覚は直感的で鳥そのものに近い」という。2019年秋の実機のフライトに向けて実証実験などを重ねる予定だ。
 また同社の開発には株式会社アイ・ロボティクス(東京)、東京大学・産学協創推進本部(東京)が全面的に支援した。

GoFlyの第1フェーズで受賞10チームに名を連ねたteTraのメンバー

teTraのロゴ

受賞機体teTra3

第1フェーズの受賞は以下の10チーム。

機体名       チーム名      国

「Blue Sparrow」 Blue Sparrow    米国
「ERA Aviabike」 Aeroxo AC     ラトビア
「Flykart 2」   Trek Aerospace  米国
「Harmony」   Texas A&M University 米国
「HummingBuzz」 Georgia Tech    米国
「Mamba」    Mamba      米国
「Pegasus I」   Scoop       米国
「S1」       Silverwing     オランダ
「teTra 3」    teTra       日本
「Vantage」    Leap        英国

teTraのHP  : https://www.tetra-gofly.com/
Twitter    : @teTra_gofly
GoFlyのHP :http://www.goflyprize.com

GoFlyは2年間にわたり3段階で個人用飛行装置を審査する開発コンテスト

この記事のライター

関連する投稿


アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、 プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っているアイ・ロボティクスは、ドローンを利用したプラント向けソリューションの実現で、プラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業へのPOC提供やコンサルティングを開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。


「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

来たる3月18日、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催する。


ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

ボーイング社が無人空輸カーゴの試作モデルを発表

米国シカゴ、1月10日。米国ボーイング社(NYSE:BA)は、VTOL(垂直離着陸)型の無人空輸カーゴのプロトタイプを発表した。500ポンドの積載量を目指して設計されている。


NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズ株式会社(NTT-ATシステムズ)と株式会社アイ・ロボティクス(東京都新宿区)は、 ドローンを活用したレスキュー支援システムの共同研究を開始すると発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。