湘南の空をドローンがフライト 「湘南UAVデモンストレーション」初公開機をお披露目

湘南の空をドローンがフライト 「湘南UAVデモンストレーション」初公開機をお披露目

 江ノ島を背景に、湘南の海の上をドローンが飛んだ!国内で初のお目見えとなる機体を含むドローン飛行イベント「湘南UAVデモンストレーション」が25日、神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園で行われた。イスラエル、ノルウェーなどのメーカーの、特徴ある機体が青空に機影を浮かべた。


ふわりと浮かぶ固定翼機も、80分飛べるイスラエル機も

 デモンストレーションは、ドローンが空を飛ぶ様子を間近で見ることによって、ドローンへの理解を深め、活用を広げることが目的。この趣旨に賛同した企業などが実行委員会を結成して開催した。会場は江ノ島をのぞむ海岸で、よく晴れた空のもと、約150人の招待者、関係者が詰めかけた。また、居合わせたサーファーも様子を見守った。

多くの関係者が見守る中、安定したフライトをするフジ・インバック社の固定翼機。湘南の空を様々なドローンが飛行した=6月25日、神奈川県藤沢市の県立湘南海岸公園(渡辺照明撮影)

梅雨とは思えない快晴の下行われた「湘南UAVデモンストレーション」。

 イベントの呼び物は、国内では珍しい機体のお披露目。株式会社トラジェクトリー(東京)は、イスラエルのエアロセンティネル社製の「G2」をお披露目した。4つのローターを備えたクアッドコプター型で、滞空時間が80分と一般に馴染みのある機体と比べ、はるかに長いのが最大の特徴だ。災害現場での要救助者や、逃走した被疑者の捜索などの用途が想定されている。
 この日のフライトでは海風をものともしない安定したフライトをみせ、30分ほどほぼ同じ高さでホバリングをした。音がほぼ聞こえない静かなフライトが関係者を驚かせたが、これは、軍用に開発された経緯から、敵軍に撃ち落とされるリスクを想定して、飛行音を小さくした工夫が施された事情があるという。
 小関賢次代表は「サーチ・アンド・レスキューが目的。40倍ズームも搭載していて、要救助者を発見した場合、カメラから要救助者までの位置を特定できる」などと用途の広さを説明した。同社は日本や、アジアの一部で販売代理活動を展開する方針だ。

江ノ島をバックに飛行するイスラエルのエアロセンティネル社製の「G2」。

 日本サーキット株式会社は、海水浴客がおぼれている様子を再現し、水難救助での活用法を披露した。
 また、Drone Future Aviation株式会社は、ノルウェーを拠点とするGRIFF Aviation社の「グリフ135」を披露。大きな機体が特徴で機体重量以外に、30キロの重量の荷物積める。欧州航空局が定めた欧州UAS製造安全規制にも適合しているという。デモフライトでもその潜在力の高さを示した。

日本サーキットは水難者に救難用の物資を投下するデモを披露した。

Drone Future Aviation社は、自重だけで100kgもあるノルウェーを拠点とするGRIFF Aviation社の「グリフ135」をフライトさせた。

 フジ・インバック株式会社は、固定翼2機のフライトを披露。うち1機はスマートなグライダーのスタイルで、発射台から勢いよく飛び出して軽快に飛行した。もう1機は、パラシュートと固定翼を組み合わせたセスナのようなスタイルの機体で、ふわっと浮き、上空を旋回した。この様子には「アニメに出てきそう」「かわいい」などの歓声があがった。
 事務局長をつとめた慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は、「のびのびと飛んでいる様子を見て、創造力を膨らませてほしい」と話した。今後、次回の開催も検討する方針だ。

カタパルトから射出されるフジ・インバック社の固定翼機。

射出されたあと安定した飛行をするフジ・インバック社の固定翼機。

湘南UAVデモンストレーションの最後に飛行したフジ・インバック社の固定翼機は、パラシュートを開いたままたった9メートルの滑走でフワリと離陸した。

パラシュートを開きながら飛ぶフジ・インバック社の固定翼機。

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

 慶大によるドローン特別講座が開講されている福島県立船引高校では、活動がますます活発化しています。3年生、早川帆南さんが、その近況をDroneTimesに寄せてくれました。船引高校に、ついにドローンの部活が誕生したようです。


DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

DRONE STAR© プログラミングが慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの教材に採用

ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSOが提供するドローンプログラミングを学べるアプリ「DRONE STAR© プログラミング」が、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムが進めるドローン前提社会における、ドローンを活用した人材教育の研究教材として採用された。


世界最大級物流ドローンが日本初上陸、慶大ら開催の湘南UAVデモンストレーションで初飛行

世界最大級物流ドローンが日本初上陸、慶大ら開催の湘南UAVデモンストレーションで初飛行

株式会社DroneFutureAviation(東京都渋谷区/DFA)は、6月25日開催される「湘南UAVデモンストレーション」で、大型産業用ドローンの活用を提案、 大重量を搭載したドローンの展示および日本初の屋デモ飛行を行う。


第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(3) 相次ぐ激突、波乱の第2ステージ

第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(3) 相次ぐ激突、波乱の第2ステージ

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:萩原紀男、以下:CSAJ)は、ドローンのソフトウェア技術の向上を目的に、第1回ドローンプログラミングコンテストを神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で3月31日、開催した。(田中亘)


最新の投稿


Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

サッカー、ラグビーなど多くのスポーツ選手の育成拠点、ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で、ドローンスクールが開講する。東日本大震災対応で施設としての運用を停止して以来、7年4か月ぶりに再始動した施設は、復興の象徴として「ドローンの聖地」としての名声獲得にも乗り出した。


合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.comは、9月1日付けでDRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約を締結した。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。