京東集団、エベレストBCでドローン飛行に成功 高地の物流や災害時に活用

京東集団、エベレストBCでドローン飛行に成功 高地の物流や災害時に活用

 中国のECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営するEC大手、京東集団(中国 北京市)は、 京東物流が開発した3機種のドローンで、 標高5566mのエベレスト・ベースキャンプにおける飛行テストに成功した。


標高5566mで3機種のドローンの飛行テストに成功

 京東物流のドローンは、 これまで 標高0~5500m範囲内地域での物流配達やテストを実施してきた。 高地や低気温、 山あいで複雑に変化する気象条件など、 難度が高い標高5500m以上の地域でテストに成功したのは、 今回が初めてとなる。 飛行試験に成功したドローンは、 V3固定翼機型ドローン、Y3 6軸マルチコプター型ドローン、小型の固定翼ドローンの3機種で、 すべて京東が自社開発した機種。

 今回の飛行テストは1週間におよび実施し、 V3とY3型は標高5000m以上、 5kgの積載物を載せた状態で安定した飛行をみせ、 小型ドローンについては標高5556m以上の飛行高度を達成した。 これらの飛行技術には今後、 標高の高い地域への物流や物資補給、 地形計測や緊急時の捜索救難活動等、 様々な分野での活用が期待できるとしている。
 特に中国国内でもチベット高原は広大で、一方、人口が少なく、 インフラ整備や気候的な問題から物流に課題を抱えている。 今後ドローンの快速直送便が実現できれば、 配送速度の大幅な短縮や人的コスト、 配送員の輸送リスク等を大幅に減少させることが可能となる。

この記事のライター

最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。