京東集団、エベレストBCでドローン飛行に成功 高地の物流や災害時に活用

京東集団、エベレストBCでドローン飛行に成功 高地の物流や災害時に活用

 中国のECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営するEC大手、京東集団(中国 北京市)は、 京東物流が開発した3機種のドローンで、 標高5566mのエベレスト・ベースキャンプにおける飛行テストに成功した。


標高5566mで3機種のドローンの飛行テストに成功

 京東物流のドローンは、 これまで 標高0~5500m範囲内地域での物流配達やテストを実施してきた。 高地や低気温、 山あいで複雑に変化する気象条件など、 難度が高い標高5500m以上の地域でテストに成功したのは、 今回が初めてとなる。 飛行試験に成功したドローンは、 V3固定翼機型ドローン、Y3 6軸マルチコプター型ドローン、小型の固定翼ドローンの3機種で、 すべて京東が自社開発した機種。

 今回の飛行テストは1週間におよび実施し、 V3とY3型は標高5000m以上、 5kgの積載物を載せた状態で安定した飛行をみせ、 小型ドローンについては標高5556m以上の飛行高度を達成した。 これらの飛行技術には今後、 標高の高い地域への物流や物資補給、 地形計測や緊急時の捜索救難活動等、 様々な分野での活用が期待できるとしている。
 特に中国国内でもチベット高原は広大で、一方、人口が少なく、 インフラ整備や気候的な問題から物流に課題を抱えている。 今後ドローンの快速直送便が実現できれば、 配送速度の大幅な短縮や人的コスト、 配送員の輸送リスク等を大幅に減少させることが可能となる。

この記事のライター

最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。