山の遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額500万円)の開催決定

山の遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額500万円)の開催決定

Japan Innovation Challenge 2018実行委員会は、10月10日~10月12日の3日間に実際の山を使った遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額:500 万円)を北海道上士幌町にて開催すると決定した。


 Japan Innovation Challenge 2018実行委員会 (東京都目黒区、 委員長:上村 龍文)は、 2018年10月10日~10月12日の3日間に実際の山を使った遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」(賞金総額:500 万円)を北海道上士幌町で開催する。 会期中には、過去のコンテストにおいて課題を達成した団体を招致し、 地元の消防関係者と共に団体が開発したシステムを活用した共同訓練を実施する予定。また、参加予定者向け事前説明会をアットビジネスセンター東京駅八重洲通りで、7月30日に開催する。

 今年で3回目となる今回のJapan Innovation Challenge は、これまで以上に 課題の難易度を上げ、 夜間を中心にコンテストを実施する。
  参加費は無料だが、 参加には事前登録が必要となっており(注1)、ちなみに昨年は13チーム、 74名が参加した。 大会では、 遭難や災害が発生した際、 ロボット技術を活用した支援という具体的な実用例を提示することにより、 日本のロボット産業における製品化に向けた研究や開発を加速すること、 また同大会を通じて地域への人材還流の促進による地域活性化を目的に行われる。

 大会内容は、 山の遭難救助における「発見」・「駆付」の2つの課題が設定される。「発見」には300万円、 「駆付」には200万円、 合計500万円の賞金が用意される(注2)。
 一つ目の課題「発見」は、 実施会場に設置されたマネキンを発見し、 位置情報と写真を取得する。  二つ目の課題「駆付」は、 1チームに1つずつ配布されるレスキューキット(主催者より貸与される無線機や毛布等を想定した重さ3kg程度の筒)をマネキンの周囲まで運ぶというもの。

このコンテストは、 第一回開催当初から、 実際の山を活用し開催することで、 産業技術力の発展を目指してきた。 消防関係者との共同訓練は、 早期発見・早期救助へつながる新たな手法を、 実際に利用する可能性のある消防関係者が体験することで、 実用化に向けて、 技術課題の抽出だけではなく、 持続可能な運用体制の検討を加速させる狙いがある。

「Japan Innovation Challenge 2018」の概要

< 遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」>
■ 場所: 北海道上士幌町町有林 (上士幌町字上音更166・167番地 / 帯広空港から車で約80分)
■ 期間: 2018年10月10日(水)~10月12日(金) 17:00~21:30
■ 協賛: 北海道上士幌町、 株式会社トラストバンク(現時点)
■ 賞金総額:500万円
■ 課題と賞金:
課題1「発見」:賞金300万円 (達成チームで分配)
課題2「駆付」:賞金200万円 (達成チームで分配)
■ 参加費用: 無料
■ 大会公式サイト: https://www.innovation-challenge.jp
※内容は告知なく変更する場合があります。

参加者向け事前説明会の概要

 参加予定者向けの事前説明会を、アットビジネスセンター東京駅八重洲通りで、7月30日に行う。 説明会では、 昨年までの大会の模様を紹介するとともに、 大会ルールや運営事項を説明する。

■ 内容: 「Japan Innovation Challenge 2018」 のルール・運用事項の説明、 昨年大会の模様の紹介
■ 日時: 2018年7月30日(月) 14:30~16:30 (受付開始:14:00)
■ 会場: アットビジネスセンター東京駅八重洲通り
■ 申込方法: https://www.innovation-challenge.jp にて公開予定です。
※ 説明会の開催時間は変更の可能性があります。 最終的な日時は、 大会公式サイトをご確認ください。

■ 内容: 「Japan Innovation Challenge 2018」 のルール・運用事項の説明、 昨年大会の模様の紹介
■ 日時: 2018年7月30日(月) 14:30~16:30 (受付開始:14:00)
■ 会場: アットビジネスセンター東京駅八重洲通り
■ 申込方法: https://www.innovation-challenge.jp にて公開予定です。
※ 説明会の開催時間は変更の可能性があります。 最終的な日時は、 大会公式サイトをご確認ください。

■ 内容: 「Japan Innovation Challenge 2018」 のルール・運用事項の説明、 昨年大会の模様の紹介
■ 日時: 2018年7月30日(月) 14:30~16:30 (受付開始:14:00)
■ 会場: アットビジネスセンター東京駅八重洲通り
■ 申込方法: https://www.innovation-challenge.jp にて公開予定です。
※ 説明会の開催時間は変更の可能性があります。 最終的な日時は、 大会公式サイトをご確認ください。

この記事のライター

関連する投稿


山の遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」参加申込受付を開始

山の遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」参加申込受付を開始

北海道上士幌町で10月10日(水)~10月12日に開催される遭難救助ロボットコンテスト「Japan Innovation Challenge 2018」の参加申込受付が開始された。参加費は無料。


北海道上士幌町・タウシュベツ川橋梁 :ドローン空撮【4K】

北海道上士幌町・タウシュベツ川橋梁 :ドローン空撮【4K】

北海道、上士幌町にある旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中でも、特に代表的な橋。


日本山岳救助隊の遭難者発見を支えたアイ・ロボティクスのドローン捜索

日本山岳救助隊の遭難者発見を支えたアイ・ロボティクスのドローン捜索

昨年4月にスノーボードで新潟県南魚沼郡で行方不明となっていたボーダーが、6月18日、捜索にあたっていた日本山岳救助隊によって遺体で発見され、1年2カ月ぶりに家族の元に返された。捜索は日本山岳救助隊とドローンで捜索を支援すアイ・ロボティクスが、17日、18日の2日間にわたり行った。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。