【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


広島・神石高原町の入江町長も視察 上達の背景に「特設ドローン部」創設

 この日開催された特別講座は、6月15日に始まった第3期の2日目。地元の有志らによるドローン活用推進組織である「ドローンコンソーシアムたむら」の会員、船引高校の猪俣豊校長ら学校関係者、田村市の皮籠石征直副市長ら同市関係者らに加え、広島県神石高原町の入江嘉則町長らが訪れた。
 軽い練習のあと、指導役の慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、ドローンがいま、期待されている背景について、「頭上の空間は、これまでは鳥と虫と電波ぐらいしか利用していなかった。そこを人が使うことでこれまでにできなかったことができるようになる」と説明。その「できるようになること」は、「みなさんで広げることができます」と、生徒たちに、人ができることを拡大する役割を期待していることを伝えた。
 また、ドローンには、空を飛ぶものとして回転翼、固定翼があることと、それぞれの特徴を説明。より重いものをより遠くに飛ばすために固定翼が活躍の幅を広げるのではないかと展望した。
 さらに、ドローンにできることについて、空から観察できる、空間の正確な位置に移動できる、インターネットにサービスや能力を使って生活空間に働きかけることができる、などと列挙。それぞれの事例や、実際に世界で行われている取り組み、事業、サービスなどについて動画をまじえて紹介した。
 あわせてこの日、視察に訪れている入江町長が活動している神石高原町で行われているドローンの展開についても説明。同町に本部を構え、世界各国の紛争地帯、災害現場で救難活動を展開している特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンと慶大が、救助犬とドローンの連携によって救難の強化に取り組んでいることも報告した。
 生徒たちは、こうしたドローンの今後の大きな潜在力について聞いたあと、練習を再開。「8の字」「リリース・アンド・キャッチ」など、それぞれのレベルにあわせてトイドローンをフライトさせた。
 船引高校にはこの4月から部活動とは別の課外活動として「特設ドローン部」が創設されており、特別講座の生徒も特設ドローン部に在籍。土曜日を中心に、自主練習が行われ、ほかの活動と重ならない生徒などが活動しているという。この日の練習でも課題を軽々とこなす生徒がいて、生徒の成長ぶりをみてきた市役所職員から「ますますうまくなってる」と声があがったほか、見学に来ていたドローンスクールの講師も「ライセンスの受験者よりも上手な生徒もいる」と驚いていた。
 また、視察者に訪れた中で、ドローンの心得のある地元経験者が練習を手引きする姿もみられ、田村市内でのドローンに対する取り組みは、生徒、市民の一体化がさらに進んでいることを来場者に印象付けた。

船引高校で行われたドローン特別講座を視察した広島県神石高原町の入江嘉則町長(スーツ姿)

この日も生徒たちにドローンの可能性、世界の実情を伝えつつ、知識、練習方法を指導した南政樹・慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム副代表

生徒たちが視察者の求めに応じてフライトを披露することも

飛ばしていたドローンが体育館の高いところにあるネットにひっかかると脚立を持ってきて・・・(次の写真に続く)

頼れる男子がっ脚立にのぼりネットから取り外す。任務完了のキメスマイル

遊んでいるかのように楽しそうに練習をする女子たち

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。


【東日本ドローンサミット報告】FLIGHTS長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

【東日本ドローンサミット報告】FLIGHTS長嶋氏、DroneFund大前氏、トライポッド佐々木氏が登壇!

 見て、触れて、飛ばして、語りえるドローンの総合イベント「東日本ドローンサミット in J-VILLAGE」が、福島県楢葉町の“サッカーの聖地”、Jヴィレッジで開催され、研究、空撮、点検の各分野の第一人者が意見を交換する「サミット」では、いまのドローン産業をけん引する3人が登壇した。


最新の投稿


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン、ブラジルのUAVサービス企業Plimsoll UAVに出資

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ブラジルドローンサービスプロバイダーであるPlimsoll UAV(リオ・ダス・オストラス)と出資契約を締結し、 Terra Drone Brazilを設立すると発表した。


スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

スカイシーカーと和郷が農薬散布ドローンの教育コンテンツ開発・自律飛行実証実験・ドローン用農薬研究開発で業務提携合意

国土交通省認定のドローン管理団体「Sky Seeker Academy(スカイシーカーアカデミー)」を運営する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)と株式会社和郷(千葉県香取市 )が、 業務提携に合意した。