米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

2018年6月13日から16日まで、米国のメリーランド州で開催されたAUVSI SUAS 2018競技で、シャーブルック大学(Sherbrooke)が優勝し、入賞した10チームのうち9チームが、オープンソースのArdupilotにより自律飛行ミッションをクリアした。


2002年から続くUASミッション競技

飛行ミッションの様子

 AUVSI SUASは、UASへの関心を高め、技術と経験の向上のために、挑戦的な飛行ミッションを目的とした競技会。2002年から開催され、2018年で19回目となる。主な競技の目的は、機体に搭載したセンサーによるリモートセンシングを活用して、特定のタスクを実行するための自律飛行とナビゲーションの性能を競う。今年は69のチームが参加を表明し、51チームが実際に参加した。競技は、飛行ミッションと技術文献に発表の3項目で審査される。飛行ミッションでは、自律飛行が基本で、指定された境界内を一連のウェイポイントを経由して飛行する。また、障害物の検知と回避や、飛行領域での撮影、そして搭載した荷物の自動投下などのミッションがある。
 また、技術文献では、機体の設計や利用しているアーキテクチャなどの解説に、参加チームが飛行ミッションに対してどのような準備を行ってきたかを説明する飛行準備レビュー(FRR)の内容が審査される。そして、参加チームは設計したUASの優位性や特長をプレゼンテーションで発表する。

競技の会場となったパトゥクスント海軍航空基地

 自律飛行ミッションは、メリーランド州セントメアリー群のパトゥクスント海軍航空基地で開催され、15チームがクラッシュし27チームはタイムアウトするなど、約半分のチームがミッションをクリアできなかった。
 競技の結果、入賞した上位5チームは以下のようになった。

優勝:シャーブルック大学のVAMUdeSチーム
ベストミッション、サイバーセキュリティ賞

二位:フリント・ヒル・スクールのAnimusFerusチーム
ベスト・ハイスクール賞

三位:バージニアテックのAvis Imparチーム

四位:コーネル大学のCUAirチーム
ベストテクニカルデザイン、ベストフライトレディスレビュー賞

五位:Mukesh Patel技術経営コンサルタント(MPSTME)のUAS NMIMSチーム

 また、上位入賞10チームのうち9チームが、フライトコントローラーにオープンソースのArdupilotを採用し、飛行ミッションをクリアしていた。入賞したチームには、合計で$70,700(約800万円)が授与された。


AUVSIのサイト:
http://www.auvsi-suas.org/competitions/2018/

この記事のライター

関連する投稿


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(3)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でオープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。プレゼンテーションの最後では、塾長のランディ・マッケイ(Randy Machay)氏が、最新の取り組みを紹介した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(1)

7月21日。ドローンソフトウェアエンジニア養成塾を運営するドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢の「ペンションにいみ」と「馬越ゴルフ倶楽部」などで、オープンソースのフライトコントローラーArduPilotの成果発表会を開催した。


開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

オープンソースのフライトコントローラーとして、多くのドローンに搭載されているPixhawkの最新版となるPixhawk 3 Proがdrotek社のサイトで、開発者向けの販売を開始した。


ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(2)

ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(2)

4月1日に軽井沢で開催された「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」で、ArduPilot開発のトップエンジニアであり養成塾の講師を務めるランディ・マッケイ氏が、自身が開発した最新のオープンソースについて解説し、デモフライトを行った。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。