米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

米国AUVSI SUAS 2018はArdupilotが席巻 上位入賞10チームのうち9チームが採用

2018年6月13日から16日まで、米国のメリーランド州で開催されたAUVSI SUAS 2018競技で、シャーブルック大学(Sherbrooke)が優勝し、入賞した10チームのうち9チームが、オープンソースのArdupilotにより自律飛行ミッションをクリアした。


2002年から続くUASミッション競技

飛行ミッションの様子

 AUVSI SUASは、UASへの関心を高め、技術と経験の向上のために、挑戦的な飛行ミッションを目的とした競技会。2002年から開催され、2018年で19回目となる。主な競技の目的は、機体に搭載したセンサーによるリモートセンシングを活用して、特定のタスクを実行するための自律飛行とナビゲーションの性能を競う。今年は69のチームが参加を表明し、51チームが実際に参加した。競技は、飛行ミッションと技術文献に発表の3項目で審査される。飛行ミッションでは、自律飛行が基本で、指定された境界内を一連のウェイポイントを経由して飛行する。また、障害物の検知と回避や、飛行領域での撮影、そして搭載した荷物の自動投下などのミッションがある。
 また、技術文献では、機体の設計や利用しているアーキテクチャなどの解説に、参加チームが飛行ミッションに対してどのような準備を行ってきたかを説明する飛行準備レビュー(FRR)の内容が審査される。そして、参加チームは設計したUASの優位性や特長をプレゼンテーションで発表する。

競技の会場となったパトゥクスント海軍航空基地

 自律飛行ミッションは、メリーランド州セントメアリー群のパトゥクスント海軍航空基地で開催され、15チームがクラッシュし27チームはタイムアウトするなど、約半分のチームがミッションをクリアできなかった。
 競技の結果、入賞した上位5チームは以下のようになった。

優勝:シャーブルック大学のVAMUdeSチーム
ベストミッション、サイバーセキュリティ賞

二位:フリント・ヒル・スクールのAnimusFerusチーム
ベスト・ハイスクール賞

三位:バージニアテックのAvis Imparチーム

四位:コーネル大学のCUAirチーム
ベストテクニカルデザイン、ベストフライトレディスレビュー賞

五位:Mukesh Patel技術経営コンサルタント(MPSTME)のUAS NMIMSチーム

 また、上位入賞10チームのうち9チームが、フライトコントローラーにオープンソースのArdupilotを採用し、飛行ミッションをクリアしていた。入賞したチームには、合計で$70,700(約800万円)が授与された。


AUVSIのサイト:
http://www.auvsi-suas.org/competitions/2018/

この記事のライター

関連する投稿


開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

開発者向けにPixhawk 3 Proの販売が始まる

オープンソースのフライトコントローラーとして、多くのドローンに搭載されているPixhawkの最新版となるPixhawk 3 Proがdrotek社のサイトで、開発者向けの販売を開始した。


ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(2)

ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(2)

4月1日に軽井沢で開催された「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」で、ArduPilot開発のトップエンジニアであり養成塾の講師を務めるランディ・マッケイ氏が、自身が開発した最新のオープンソースについて解説し、デモフライトを行った。


ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(1)

ランディ・マッケイ氏が伝えるArduPilotの最新動向(1)

4月1日に軽井沢で開催された「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」で、ArduPilot開発のトップエンジニアであり養成塾の講師を務めるランディ・マッケイ氏が、世界の最新動向や自身の研究について発表した。


ドローンソフトウェア技術者のソリューション開発を支援するAPTJプロジェクトが始動

ドローンソフトウェア技術者のソリューション開発を支援するAPTJプロジェクトが始動

Japan Drones株式会社(本社:長野県、代表取締役社長:ランディ・マッケイ)と、ドローン・ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:勝俣喜一郎)は4月1日、「ドローンソフトウェアエンジニア養成講座」の第三期を開講した。午後からの講義に先立ち、報道関係者に新たなAPTJプロジェクトの開始を発表した。


航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(3)

航空管制システム開発のトップエンジニアが魅了されたドローンのオープンシステム(3)

ドローンのオープン・ソフトウェア ArduPilot(アルデュ・パイロット)と、そのトップクラスの開発者であるRandy Mackay(ランディ・マッカイ)氏と出会い、独立を決意した小関賢次氏は、独自のドローン開発にも挑んでいる。最後は、その取り組みと展望について聞いた。(田中亘)


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。