エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。


ドローン本体イメージ

 エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。
 今回提供を開始するフライトサービスは、有線給電ドローンと4K対応カメラを組み合わせたライブ撮影 サービス。ドローンへの給電を有線で行い、同じケーブル内で映像も伝送することで、約6時間の長時 間連続飛行をしながら、4K高画質のダイナミックな空撮映像をほぼ遅延なく伝送することが可能となっている。
 またこのサービスには、撮影機材の提供に加え、ドローン操縦や、飛行に必要な申請を行うオペレーターの 派遣も含まれており、操縦や申請といった専門知識が必要な部分をすべてオペレーターに任せることができるため、ドローン撮影の技術や知見なくてもドローン空撮をビジネスに活用することができる。
 一般的な無線ドローンによる撮影では、連続飛行時間が20分程度と短かく、映像の伝送時に画質を下げる必要があり、また遅延が生じたりするなど、長時間撮影や高画質が必要とされる用途には向かないという 課題があったが、このフライトサービスでは、有線給電方式という特殊なドローンを使用することで、従来は不可能であった長時間撮影を可能にした。同時に光ファイバーケーブルを使用した非圧縮かつ高画質 なリアルタイム映像伝送によるライブ運用を実現した。

 また、ソニーの業界最先端の4K対応カメラと、エアロセンスの高度な自律飛行技術により、高品質で安定した空撮が可能なことに加え、ジンバルによるカメラ制御(パン・チルト・ズーム)など、多彩な撮影も可能。これらの特長を生かし、野外でのライブ中継や、高所の点検作業、災害時に人が入り込めないエリアの状況確認など、さまざまなシーンでの活用が考えられる。
 なお今後は、中継車との連携といったお客さまのニーズに合わせたソリューションを提供していくとともに、フライトサービスに加え、「AEROBO® onAir」を中核としたシステムの販売も展開していく予定。

サービス概要

〇サービス提供開始日 2018年7月17日(火)
〇特長 ・長時間、高画質、ほぼ遅延なく、地上100mからのライブ空撮が可能 ・あらかじめ設定したルートを自律飛行することで、安定した撮影が可能 ・オペレーターの派遣により、知識不要でドローン空撮が可能
〇主な想定用途 ・放送局での利用
屋外でのライブ中継やイベント撮影、など ・自治体での利用
災害時の状況確認、高所の点検確認、など ・警備事業での利用
屋外イベントでの監視カメラの代替として、など
〇提供価格
スタンダードプラン 60万円(税別)/1フライト *諸経費は別途。
〇提供内容(スタンダードプラン)
・ドローン本体 『AS-MC03-T』 ・4K対応カメラ 『FCB-ER8530』 ・制御ジンバル
・有線ケーブル
・ベースステーション ・制御無線モジュール ・制御アプリ

・オペレーター 2名 ・事前打ち合わせ 1回 ・リハーサルオペレーション 1回 ・本番オペレーション 1回

※参考
エアロセンス株式会社 会社情報 http://www.aerosense.co.jp/ ソニービジネスソリューション 会社情報 http://www.sonybsc.com/

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

IDE TOKYO2018に登場したドローン展示の数々

5月23日から東京ビッグサイトで開催されたIDE TOKYO ドローンソリューション&技術展に、最新のドローン関連技術が出展された。


エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンスが東京海上日動とエアロボマーカーの破損等を補償する保険の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)について、破損等を補償する 保険の提供を開始した。エアロボマーカーの業務使用等に際して 生じる機器の損壊リスクに対応した保険を、東京海上日動火災保険株式会社と組成した。


エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンスが産業用ドローン AEROBO® AS-MC03を開発 5 月より販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、2016 年 3 月より量産モデルとして提供してきた産業用ドローン AEROBO® 「AS-MC02-P」の後継機にあたる「AS-MC03」を 開発し、5 月より販売を開始すると発表した。


道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

道路舗装最大手の㈱NIPPOが、ICT舗装にエアロセンスのエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー)とAEROBO® Cloud(エアロボクラウド)が、株式会社NIPPO(東京都中央区)が取り組んでいるICT舗装に採用。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。