エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンスとソニービジ ネスソリューション、有線給電ドローンを活用したフライトサービス提供開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。


ドローン本体イメージ

 エアロセンス株式会社(東京都文京区)と、ソニービジ ネスソリューション株式会社(東京都港区)は、2018年7月17日(火)から、エアロセンスが開発した有線給電ドローン「AEROBO® onAir」を活用 したフライトサービスの提供を開始する。
 今回提供を開始するフライトサービスは、有線給電ドローンと4K対応カメラを組み合わせたライブ撮影 サービス。ドローンへの給電を有線で行い、同じケーブル内で映像も伝送することで、約6時間の長時 間連続飛行をしながら、4K高画質のダイナミックな空撮映像をほぼ遅延なく伝送することが可能となっている。
 またこのサービスには、撮影機材の提供に加え、ドローン操縦や、飛行に必要な申請を行うオペレーターの 派遣も含まれており、操縦や申請といった専門知識が必要な部分をすべてオペレーターに任せることができるため、ドローン撮影の技術や知見なくてもドローン空撮をビジネスに活用することができる。
 一般的な無線ドローンによる撮影では、連続飛行時間が20分程度と短かく、映像の伝送時に画質を下げる必要があり、また遅延が生じたりするなど、長時間撮影や高画質が必要とされる用途には向かないという 課題があったが、このフライトサービスでは、有線給電方式という特殊なドローンを使用することで、従来は不可能であった長時間撮影を可能にした。同時に光ファイバーケーブルを使用した非圧縮かつ高画質 なリアルタイム映像伝送によるライブ運用を実現した。

 また、ソニーの業界最先端の4K対応カメラと、エアロセンスの高度な自律飛行技術により、高品質で安定した空撮が可能なことに加え、ジンバルによるカメラ制御(パン・チルト・ズーム)など、多彩な撮影も可能。これらの特長を生かし、野外でのライブ中継や、高所の点検作業、災害時に人が入り込めないエリアの状況確認など、さまざまなシーンでの活用が考えられる。
 なお今後は、中継車との連携といったお客さまのニーズに合わせたソリューションを提供していくとともに、フライトサービスに加え、「AEROBO® onAir」を中核としたシステムの販売も展開していく予定。

サービス概要

〇サービス提供開始日 2018年7月17日(火)
〇特長 ・長時間、高画質、ほぼ遅延なく、地上100mからのライブ空撮が可能 ・あらかじめ設定したルートを自律飛行することで、安定した撮影が可能 ・オペレーターの派遣により、知識不要でドローン空撮が可能
〇主な想定用途 ・放送局での利用
屋外でのライブ中継やイベント撮影、など ・自治体での利用
災害時の状況確認、高所の点検確認、など ・警備事業での利用
屋外イベントでの監視カメラの代替として、など
〇提供価格
スタンダードプラン 60万円(税別)/1フライト *諸経費は別途。
〇提供内容(スタンダードプラン)
・ドローン本体 『AS-MC03-T』 ・4K対応カメラ 『FCB-ER8530』 ・制御ジンバル
・有線ケーブル
・ベースステーション ・制御無線モジュール ・制御アプリ

・オペレーター 2名 ・事前打ち合わせ 1回 ・リハーサルオペレーション 1回 ・本番オペレーション 1回

※参考
エアロセンス株式会社 会社情報 http://www.aerosense.co.jp/ ソニービジネスソリューション 会社情報 http://www.sonybsc.com/

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンスのAEROBO® Marker が 2018 年度グッドデザイン賞を受賞

エアロセンス株式会社(東京都文京区)の、AEROBO®Marker が 、2018 年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス、産業用ドローン AEROBO 購入者に賠償責任保険 の提供を開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、弊社が開発・製造・販売している産業用ドローンAEROBO(AS-MC03)の購入者を対象に、第三者への法律上の賠償責任保険(引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社)を自動付帯での提供を開始した。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


最新の投稿


【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

 サッカーの聖地として知られるJ-ヴィレッジは12月1日、2日に、ドローンと多角的に触れあえるイベント、「東日本ドローンサミット in J-ヴィレッジ」を開催する。各分野の第一人者が登壇する「サミット」、撮影技術をプロから学ぶ「空撮講座」などプログラムが満載。「ドローント-クPIT」も出張開催決定!


砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

白山国立公園内の砂防工事などの土木工事においてICT化に取り組んできた竹腰永井建設株式会社(石川県)と、UAVによる調査/点検業務に多数の実績があるアイエイチプランニング株式会社(東京都)が共同で、砂防設備管理にUAVを活用するプロジェクトを開始させた。


ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。