米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国FAAが刑務所と沿岸警備隊(USCG)施設のドローン飛行制限を拡大

米国の連邦航空局(FAA)は、法務省(DOJ)および国土安全保障省(DHS)と協力して、連邦施設の側面境界内で最大400フィートのドローン飛行に追加の制限を設定した。


国家安全保障上の機密性の高い施設を保護

 米国時間の2018年6月7日にFAAのサイトで公開され、6月20日から有効になった新たな規制は、刑務所と沿岸警備隊の施設を保護するもの。以下の連邦施設では、境界側面から最大400フィート(約120メートル)の範囲で、飛行が禁止される。FAAによれば、これらの飛行制限は刑務所の受刑者に物資を密輸する犯罪を抑止し、沿岸警備隊の安全を確保する目的となる。
 対象となる刑務所は、アリゾナ州ツーソンやコロラド州フィレンツェなど全米19施設に及ぶ。沿岸警備隊の施設は、ノースカロライナ州のエリザベスシティやカリフォルニア州ロサンゼルスのロングビーチなど10箇所。すでに、FAAのUAS飛行データのサイトでは、対象となる空域が赤く表示されている。

沿岸警備隊の施設があり飛行制限が表示されるカリフォルニア州アラメダ島の例

対象の施設の一覧が掲載されているFAAのサイト:
https://www.faa.gov/news/updates/?newsId=90545

この記事のライター

関連するキーワード


FAA DHS DOJ 飛行制限

関連する投稿


NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

NASAがUASの目視外飛行を一般の空域で成功させる

2018年6月13日-米国カリフォルニア州。NASAは遠隔操作で飛行する大型のikhana(イカナ)無人飛行システムを使い、米国の一般の空域で、自律制御と遠隔操作による完全な目視外飛行を成功させた。


米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

米国NASAとFAAがネバダ州のUAS試験場でレベル3飛行管制試験を完了

RENO、ネバダ州、2018年3月26日。NASAのUTMパートナー企業は、リノ・ステッド空港のネバダUAS試験場で、1週間にわたり複数のUASを安全に統合するための空域管理の実証実験を行い、目視外での飛行管制(TCL 3)試験を完了した。(田中亘)


米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国FAAとDOEが7施設の空域制限を発表

米国時間の2017年12月18日。連邦航空局(FAA)は、アメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy:DOE)の管理する7つの施設において、最大400フィートの空域で飛行を制限すると発表した。


FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

FAAが映画スターウォーズの公開を記念したオリジナル動画をツイート

米国時間2017年12月16日。米国の連邦航空局(FAA)は、ツイッターに映画スターウォーズのオープニングシーンをイメージした安全ガイドラインを公開した。


CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

CNNが米国初となる群衆上のドローン撮影の包括的な許可を得る

10月18日。米国メディア大手のCNNは、連邦航空局(FAA)から航空法107条の免責を受け、群衆の上でもドローンを自由に飛行させて撮影できるようになったと発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。