FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

FullDepthが水深300mまで潜行可能な小型水中ドローンのサービス導入説明会開催

株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 7月30日(月)・31日(火)に同社開発の水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のサービス導入説明会を福岡県・北九州市で開催。


 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 7月30日(月)・31日(火)に同社開発の水中ドローン「FullDepth DiveUnit300」のサービス導入説明会を福岡県・北九州市で開催する。
  FullDepth DiveUnit300は、 水深300mまで潜行可能な遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)で、同社は6月1日から「必要な時に必要な期間だけ」水中ドローンを利用することができるロボットサービス(RaaS)の提供を開始し、 今回の導入説明会ではサービスの内容をはじめ、 プールを用いた実機デモンストレーション、 最新の活用事例の紹介、 参加者による水中ドローン操作体験などが行われる。

FullDepth DiveUnit300サービス導入説明会

【日時】
2018年7月30日(月)
1. 12:30~14:15
2. 14:45~16:30
2018年7月31日(火)
3. 9:30~11:15
   ※両日とも同様の内容となる。

【定員】 各回とも15名

【場所】 日本サバイバルトレーニングセンター訓練棟(福岡県北九州市戸畑区銀座2-6-27)

【内容】
・FullDepth DiveUnit300とサービスの説明
・最新事例の紹介
・当社オペレータによるデモンストレーション
・参加者による実機操作体験

【対象】 水中ドローンの業務への導入検討されている法人及びメディア関係者

【お申込み方法】 contact@fulldepth.co.jp 宛に連絡。

【締切】 7月20日(金)17:00まで

【問い合わせ】 株式会社FullDepth イベント担当 丸山宛
mail : contact@fulldepth.co.jp,
TEL : 029-846-5533
FAX : 029-846-5534

【注意事項】
・受付の際は名刺をお持ちください。
・会場までは、 公共交通機関をご利用ください。
・お車でのご来場をご希望の場合、 事前に当社までお問い合わせください。
・日本サバイバルトレーニングセンターの施設側では説明会に関するお問い合わせは受け付けておりません。

この記事のライター

関連するキーワード


FullDepth 水中ドローン

関連する投稿


 FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

FullDepth開発の小型水中ドローンが水深1000mに到達

水中ドローン専門メーカー、 株式会社 FullDepth(茨城県つくば市)は、 自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle,/ROV)「TripodFinder」を用いて、 小型ROVでは世界初 となる神奈川県・相模湾沖、 深海1,000m付近に到達、 深海生物の調査をした。


FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

FLIGHTSがDroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyoを 開催

オンデマンドUAVサービス「DroneAgent」を運営する、 株式会社FLIGHTS(東京都港区)は、 『DroneCamp 水中ドローン体験会 in Tokyo』をTOKYO POOL LABO(東京都足立区)で、 6月30日と7月29日の両日開催する。


FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

FullDepth、自社開発の水中ドローンを用いたロボットサービス提供事業を6月1日より開始

日本初の水中ドローン専業メーカー株式会社 FullDepthは、自社開発の遠隔無人探査機(Remotely Operated Vehicle, ROV)「FullDepth DiveUnit300」を用いたロボットサービス提供事業(RaaS)を、6月1日より開始。


スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワン、中国のドローンスタートアップ Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結

スペースワンは、中国(深圳)のスタートアップ企業Chasing Innovation(潜行科技)と国内パートナー契約締結した。


水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

水中ドローンPowerRayの産業用途への模索

欧米ではクルーザーのオーナーなどを中心に販売を拡大しているPowerVision社の水中ドローンPowerRay。日本でも、釣具を取り扱う販売店やレジャー用ボートのユーザーを中心に、販売が拡大している。その一方で、PowerRayを水中の工事などで活用しようという取り組みもある。その最前線を取材した。(田中亘)


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。