Amazonがドローンのハイジャック防止の特許を取得

Amazonがドローンのハイジャック防止の特許を取得

2018年6月26日。米国Amazonの申請したドローン関連の特許が承認された。Hostile takeover avoidance of unmanned vehicles(無人機の悪意ある乗っ取りの防止)という特許(10,007,265)は、ハートビートと呼ばれる信号を利用して、推進装置を制御する。


ハートビート信号で無人機の安全を確認する

 Amazonが承認された特許は、ドローンなどの無人機とコントローラーの間で認証するハートビート信号を用いる技術。ミッションモードと呼ばれる状態で、制御側とドローン間でハートビート信号を交信し、正しく確認されている間は、通常の飛行を行う。ハートビート信号は、電波だけではなく光通信なども想定している。また、信号は暗号化されハッキングなども予防する。ハートビート信号は定期的に送受信され、もしも停止した場合には、ドローン側がセーフティーモードへと切り替わり、あらかじめプログラムされた処理を行う。それは、警告音を鳴らしたり、付近の安全な場所に着陸するなどの退避行動になる。
 将来的に、ドローンによる配送などが一般的になれば、飛行中のドローンを電波的にハッキングして操作を横取りしたり、遠隔制御そのものをハイジャックするような犯罪も考えられる。そうした事態に備えるために、今回の特許ではドローンとコントローラー間でのみ認証できるハートビート信号を用意して、異常事態の早期検知を目指している。特許サイトの情報によれば、今回の特許がファイルされた日付が2016年8月17日となっているので、2年以上も前からAmazonは物流ドローンの安全な飛行に関する技術的な検討を行っていたと推測できる。最近では、自社製のドローンによる実証実験などの情報を発信していないAmazonだが、特許の動向を見る限りはドローン物流の可能性を模索しているように思われる。

ハートビート信号の認証ワークフロー図

米国特許サイト:
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-adv.htm&r=1&f=G&l=50&d=PTXT&S1=%22Hostile+takeover+avoidance%22&OS=

この記事のライター

関連する投稿


Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

Amazonがドローン配送に関連した特許を新たに取得

2019年2月5日 - 米国。Amazon(米国ワシントン州シアトル)は、配送用ドローンが着陸位置を確認するために、ドローン用の着陸マーカーと着陸位置を検証する特許を取得した。


韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

韓国サムスンが米国でドローン関連の特許を取得

スマートフォンや半導体大手のサムスン(韓国)が、米国で折りたたみ式ドローンの特許を取得した。プロペラが収納できる折りたたみ式のアームと、伸縮する本体でコンパクトに持ち運べる構造になっている。


全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

全自動ドローン配送を目指すIBMの特許

2018年10月11日。IBM(米国)は、ドローンによる配送を全自動化する各種の制御方法やアルゴリズムに関する特許を取得した。


DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

DroneDek社がドローン用宅配ボックスの米国特許を取得

未来技術のメールボックスの開発に取り組むDroneDek社(米国インディアナポリス)は、ドローン配送におけるラストワンマイルの課題を解決する米国特許を所得したと8月9日に発表した。


米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米国時間6月22日に公開された特許で、米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した多層構造の高層型ドローン物流センターの構想が明らかになった。


最新の投稿


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した


セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

セキドが水中ドローンを使った船底点検の実証実験実施

株式会社セキドは、 株式会社商船三井、 株式会社MOLマリンと、 MOLマリンが運航管理するケーブル敷設船の海面下の状況を、 水中ドローンを用いて点検する実証実験を実施した。