Amazonがドローンのハイジャック防止の特許を取得

Amazonがドローンのハイジャック防止の特許を取得

2018年6月26日。米国Amazonの申請したドローン関連の特許が承認された。Hostile takeover avoidance of unmanned vehicles(無人機の悪意ある乗っ取りの防止)という特許(10,007,265)は、ハートビートと呼ばれる信号を利用して、推進装置を制御する。


ハートビート信号で無人機の安全を確認する

 Amazonが承認された特許は、ドローンなどの無人機とコントローラーの間で認証するハートビート信号を用いる技術。ミッションモードと呼ばれる状態で、制御側とドローン間でハートビート信号を交信し、正しく確認されている間は、通常の飛行を行う。ハートビート信号は、電波だけではなく光通信なども想定している。また、信号は暗号化されハッキングなども予防する。ハートビート信号は定期的に送受信され、もしも停止した場合には、ドローン側がセーフティーモードへと切り替わり、あらかじめプログラムされた処理を行う。それは、警告音を鳴らしたり、付近の安全な場所に着陸するなどの退避行動になる。
 将来的に、ドローンによる配送などが一般的になれば、飛行中のドローンを電波的にハッキングして操作を横取りしたり、遠隔制御そのものをハイジャックするような犯罪も考えられる。そうした事態に備えるために、今回の特許ではドローンとコントローラー間でのみ認証できるハートビート信号を用意して、異常事態の早期検知を目指している。特許サイトの情報によれば、今回の特許がファイルされた日付が2016年8月17日となっているので、2年以上も前からAmazonは物流ドローンの安全な飛行に関する技術的な検討を行っていたと推測できる。最近では、自社製のドローンによる実証実験などの情報を発信していないAmazonだが、特許の動向を見る限りはドローン物流の可能性を模索しているように思われる。

ハートビート信号の認証ワークフロー図

米国特許サイト:
http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-adv.htm&r=1&f=G&l=50&d=PTXT&S1=%22Hostile+takeover+avoidance%22&OS=

この記事のライター

関連する投稿


米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した高層型ドローン物流センターの特許を公開

米国時間6月22日に公開された特許で、米Amazonが都市部でのドローン物流を想定した多層構造の高層型ドローン物流センターの構想が明らかになった。


米Amazon社、機械学習を活用したドローンのノイズキャンセル特許を出願

米Amazon社、機械学習を活用したドローンのノイズキャンセル特許を出願

米国特許商標庁は6月1日、米Amazonが提出したドローンのノイズキャンセルに関連する特許を掲載した。


米IBMがドローン関連の特許を取得

米IBMがドローン関連の特許を取得

米IBM社は飛行中のドローン間で荷物を転送する特許を取得したと4月28日発表した。(US Patent No. 9,561,852)


Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

Amazonが北米でドローン配達「Prime Air」の公開実験に成功

アマゾンが、北米における初のドローン配達「Prime Air」に成功した。


アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

アマゾン今度は「パラシュート」投下によるドローン配達の特許を取得

ドローンによる配達でいつも問題となるのが、荷物の引き渡し。ドローンを着陸させる方式や紐で荷物をぶら下げる方式など、さまざまなアイディアを各社が模索中です。そんな中、ドローン配達で先行するアマゾンは「パラシュートによるドローン配達システム」の特許を取得しました。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。