オンナノコズに続きJ☆Dee'Zも! シネマレイのマイクロドローンを活用したMVが話題沸騰

オンナノコズに続きJ☆Dee'Zも! シネマレイのマイクロドローンを活用したMVが話題沸騰

 オンナノコズのプロモーションビデオで話題をさらった株式会社シネマレイ(名古屋)が今度はダンス&ボーカルユニット、J☆Dee'Zの新曲『未来飛行』でミュージックビデオの撮影を担当した。7月4日に公開した動画はさっそく反響を集めている。


ロケ地、日本工学院のキャンパスで縦横無尽のカメラワーク

 J☆Dee'Z(ジェイディーズ)は、ami、Nono、MOMOKAの3人で、リズムを刻みながらダンスを乗せる“ボディーパーカッション”ダンス&ボーカルで、新境地を開拓している。J☆Dee‘Zは「LOTTE×SonyMusic歌のあるガムプロジェクト2012」でグランプリを獲得し、2014年にシングル「Beasty Girls/Let the music flow」をリリースしてメジャーデビュー。 2016年11月に現在の3人dで活躍している。歌もすべて生歌という実力派だ。
 楽曲『未来飛行』は39学科,117の専門分野を設置している総合専門学校、日本工学院(東京)のCMソングに抜擢され、ミュージックビデオでも日本工学院のキャンパスがロケ地となっている。キャンパスの美しく整った空間で縦横無尽に跳ね回る3人をすり抜けるようなカメラーワークは躍動感にあふれ、動画投稿サイトYouTubeの視聴者から「カメラワーク、すごい」「どうやって撮ったんだ」「ドローンなら操縦、半端ねえ」「カメラ操作してる人すごい」など驚きの声が集まっている。
 撮影を担当したシネマレイによると、ミュージックビデオは全体の99%がMicro Drone HDで撮影された映像。同社の増田勝彦代表は「多くの関係者のご指導を頂きながら、ここまでマイクロドローンにこだわった作品に携われたことに感謝しています。撮影時に多くの課題に出合うことができ、マイクロドローンの良さを磨いていきたいと思っております」と話している。

株式会社シネマレイ
https://www.cinemaray.co.jp/
J☆Dee'ZオフィシャルHP
http://www.j-dz.com/
日本工学院
http://www.neec.ac.jp/
日本工学院のCM
http://www.neec.ac.jp/cm/

この記事のライター

最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。