【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

 ドローンを肴に飲み物とおしゃべりを楽しむ、雑談系交流会「ドローントークPIT」は、8月3日に第9回を開催しますが、今回はいつも大切にしているコンセプトはそのままに、初めてのことが盛りだくさんの記念すべき回になります。その内容をちょっとご紹介します。


お申し込みはこちらから

■会場は「pwcエクスペリエンスセンター」 新聞社を飛び出して開催する実験的開催

 PITが大切にしている「敬意を払いあう」「全学年参加」「フラット」というコンセプトはそのままですが、いつもの会場(産経新聞社の会議室)から、歩いて2分(信号待ちがない場合)のところにある別会場で開催します。

 その会場は、PwCエクスペリエンスセンター。非連続なイノベーションを創造するためにつくられたクリエイティブな空間で、PITを楽しんで頂こうと思います。空間が違うと、盛り上がりが違うのか。ちょっとした実験感覚をお楽しみ頂けるかもしれません。

■慶應ドロコン南氏、初の連続登板 ORSO坂本代表とコラボ!

 そして、今回のテーマ「manavi(学び)」にふさわしいゲストとしてお招きするのは、全国の中学校、高校、プログラミング教室などの教育機関で採用が相次いでいるドローンをの操縦が上達するアプリ教材「DRONE STAR」を開発した株式会社ORSO(東京)の坂本義親代表と、子供から大人まで、個人から法人・地方自治体まで幅広くドローンの啓発活動、指導を展開している慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。

 坂本代表は、日本のドローン産業をけん引してきた第一人者のおひとりで、PITには今回、初登場です。

 また南副代表は、前回の「マチの活力を仕掛ける力」にもご登壇頂き、参加者から大好評をいただきました。今回、PIT史上初の連続でのご登場です。

■初司会の土方愛玲奈さんにご声援を♪

 さらに、いつもPITの場を盛り上げてくれているファシリテーター、ドローンジョプラス代表のササモモさん(佐々木桃子さん)が、この日は大人の事情で来られません。

 そこでPITが白羽の矢を立てたのが、ドローンタイムズの記事に時折登場し、ファンの輪を広げている土方愛玲奈(ひじかた・えれな)さん。ササモモさんが、「えれなちゃんだったら大丈夫!」とお墨付きを与えたタレントの持ち主です。昨年末に千葉・幕張メッセで開催したトークイベントではササモモさんとともに司会陣に入り、自然体のトークで来場者の好評を博しました。

 PITでの初ファシリテーターも、自然体トークを応援してください。もしかしたら、カゲの会場アナウンス担当、副編集長・村山に対する自然体つっこみが炸裂するかもしれません。

■新聞の「学ナビ(まなび)」面と連動の予定

 また、今回のPITは、ドローンタイムズだけでなく、産経新聞の紙面とも連動します。今回のテーマである「manavi」、7月から産経新聞が始める新たな面の表題「学ナビ~manavi」と同じなんです。産経新聞「学び」面は、8月3日のPITが「manavi」をテーマにすることになったことを受けて、当日の様子を、紙面で紹介することにしました。PITと産経新聞の紙面は初めての連動です。

 掲載する時期は少しずれこみますが、参加者は紙面掲載時に、当日の様子をもう一度楽しめるうえ、紙面に掲載されていない行間部分を補うこともできる、という趣向です。こちらもご期待ください。

■形骸化、と噂のある終了時間、今度こそ守ります

 ついでにもうひとつ。今回こそ、終了時間を守ります。終了時間は形骸化いている、といううわさがありますが、今回こそ、です。

 通常、PITでは、前半、後半をあわせて2時間でご案内しております。今回も同じです。開始は午後6時、終了は午後8時。ただし、回によっては盛り上がりに応じて、終了時間がゆるゆる・・・ではなく、柔軟に対応してまいりました。しかし今回は、会場をお借りしております。後半もきっちり終わるはずです。

 時間管理を苦手としておるスタッフがいることが不安ではありますが、今回こそ、がんばります!もちろん、その後別の会場で盛り上がることについては、制約はありません!

 と、お初物づくしの第9回ドローントークPIT。テーマは「ドローン × manavi(学び)」です。夏休みシーズンに、学ぶことそのものをテーマに、交流を深めて頂けますよう、ご参加を心よりお待ち申し上げております。


この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

【慶大×田村市】ドローンスクール講師も驚く上達ぶり 特別講座第3期、快調

 ドローンによる活性化に取り組む福島県田村市で6月30日、高校生向けのドローン特別講座が福島県立船引高校で開かれた。この日は田村市の校長、広島県神石高原町の入江嘉則町長講座ら多くの来訪者が視察した。


【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

【慶大×田村市】船引高校での特別講座第3期開始 「まずは4つの言葉を覚えよう」

 慶大と包括連携協定を締結した福島県田村市で、市内の福島県立船引高校を対象にしたドローン特別講座第3期が6月15日に始まった。未経験の生徒に経験者、卒業生らも加わった。ドローンコンソーシアムたむらの関係者も見守る中、指導を務める慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表は「まずこの言葉を覚えよう」と切り出した。


「ドローントークPIT」開催します! 6月15日は大手町に集合!

「ドローントークPIT」開催します! 6月15日は大手町に集合!

 ドローンタイムズは、ドローンについて、飲み物やつまみを片手に第一人者やゲストの話を聞き、気軽に思いついたことや意見を言える、フラットでオープンな雑談系交流会「ドローントークPIT」を6月15日(金)、東京・大手町で開催します。そろそろ梅雨ですが、ドローン話でけだるさを吹き飛ばしましょう!(おーっ!)


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

【国際ドローン展】日本海洋とササモモさんが産業用ドローンの魅力を紹介

国際ドローン展の飛行デモンストレーションで、日本海洋が有線給電ドローンを、ササモモさんがDJI Matrice 200の魅力を紹介した。(田中亘)


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。