【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

【ドローントークPIT】8月3日のト-クPITは初物づくし! 初会場、新聞と初連動、新ファシリテーター登場、初の連続登板ゲスト

 ドローンを肴に飲み物とおしゃべりを楽しむ、雑談系交流会「ドローントークPIT」は、8月3日に第9回を開催しますが、今回はいつも大切にしているコンセプトはそのままに、初めてのことが盛りだくさんの記念すべき回になります。その内容をちょっとご紹介します。


お申し込みはこちらから

■会場は「pwcエクスペリエンスセンター」 新聞社を飛び出して開催する実験的開催

 PITが大切にしている「敬意を払いあう」「全学年参加」「フラット」というコンセプトはそのままですが、いつもの会場(産経新聞社の会議室)から、歩いて2分(信号待ちがない場合)のところにある別会場で開催します。

 その会場は、PwCエクスペリエンスセンター。非連続なイノベーションを創造するためにつくられたクリエイティブな空間で、PITを楽しんで頂こうと思います。空間が違うと、盛り上がりが違うのか。ちょっとした実験感覚をお楽しみ頂けるかもしれません。

■慶應ドロコン南氏、初の連続登板 ORSO坂本代表とコラボ!

 そして、今回のテーマ「manavi(学び)」にふさわしいゲストとしてお招きするのは、全国の中学校、高校、プログラミング教室などの教育機関で採用が相次いでいるドローンをの操縦が上達するアプリ教材「DRONE STAR」を開発した株式会社ORSO(東京)の坂本義親代表と、子供から大人まで、個人から法人・地方自治体まで幅広くドローンの啓発活動、指導を展開している慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。

 坂本代表は、日本のドローン産業をけん引してきた第一人者のおひとりで、PITには今回、初登場です。

 また南副代表は、前回の「マチの活力を仕掛ける力」にもご登壇頂き、参加者から大好評をいただきました。今回、PIT史上初の連続でのご登場です。

■初司会の土方愛玲奈さんにご声援を♪

 さらに、いつもPITの場を盛り上げてくれているファシリテーター、ドローンジョプラス代表のササモモさん(佐々木桃子さん)が、この日は大人の事情で来られません。

 そこでPITが白羽の矢を立てたのが、ドローンタイムズの記事に時折登場し、ファンの輪を広げている土方愛玲奈(ひじかた・えれな)さん。ササモモさんが、「えれなちゃんだったら大丈夫!」とお墨付きを与えたタレントの持ち主です。昨年末に千葉・幕張メッセで開催したトークイベントではササモモさんとともに司会陣に入り、自然体のトークで来場者の好評を博しました。

 PITでの初ファシリテーターも、自然体トークを応援してください。もしかしたら、カゲの会場アナウンス担当、副編集長・村山に対する自然体つっこみが炸裂するかもしれません。

■新聞の「学ナビ(まなび)」面と連動の予定

 また、今回のPITは、ドローンタイムズだけでなく、産経新聞の紙面とも連動します。今回のテーマである「manavi」、7月から産経新聞が始める新たな面の表題「学ナビ~manavi」と同じなんです。産経新聞「学び」面は、8月3日のPITが「manavi」をテーマにすることになったことを受けて、当日の様子を、紙面で紹介することにしました。PITと産経新聞の紙面は初めての連動です。

 掲載する時期は少しずれこみますが、参加者は紙面掲載時に、当日の様子をもう一度楽しめるうえ、紙面に掲載されていない行間部分を補うこともできる、という趣向です。こちらもご期待ください。

■形骸化、と噂のある終了時間、今度こそ守ります

 ついでにもうひとつ。今回こそ、終了時間を守ります。終了時間は形骸化いている、といううわさがありますが、今回こそ、です。

 通常、PITでは、前半、後半をあわせて2時間でご案内しております。今回も同じです。開始は午後6時、終了は午後8時。ただし、回によっては盛り上がりに応じて、終了時間がゆるゆる・・・ではなく、柔軟に対応してまいりました。しかし今回は、会場をお借りしております。後半もきっちり終わるはずです。

 時間管理を苦手としておるスタッフがいることが不安ではありますが、今回こそ、がんばります!もちろん、その後別の会場で盛り上がることについては、制約はありません!

 と、お初物づくしの第9回ドローントークPIT。テーマは「ドローン × manavi(学び)」です。夏休みシーズンに、学ぶことそのものをテーマに、交流を深めて頂けますよう、ご参加を心よりお待ち申し上げております。


この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ササモモさんの新チーム名公表は2月14日 DRONE MEDIA主催「ミートアップ」で! しろまいさんと女子トーク!

ササモモさんの新チーム名公表は2月14日 DRONE MEDIA主催「ミートアップ」で! しろまいさんと女子トーク!

 女性ドローンユーザーの第一人者として知られるササモモ(佐々木桃子)さんは、新たに結成したチームの名前を、2月14日に都内で開かれるイベントで公表することを決めた。イベントは、DRONE MEDIAが主催する「ミートアップ」で、当日はドローンパイロットのしろまい(白石麻衣)さんと、女子トークを繰り広げる。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。