台湾の沿岸警備局がAVIX Tech製のローター型UAVを8基導入

台湾の沿岸警備局がAVIX Tech製のローター型UAVを8基導入

2018年5月30日。台湾の沿岸警備局は、UAV調達プロジェクトで、台湾と日本の技術チームによって構成されたAVIX Tech社(台湾)のローター型UAVを8基導入すると発表した。


15kgのペイロードと最大50分の飛行が可能なAXH-E230

AVIX Tech製AXH-E230無人ヘリコプター

 台湾の沿岸警備局が採用したAVIX Tech製AXH-E230は、自律飛行に対応した多機能な無人ヘリコプター。最大離陸重量は30kgで、バッテリーとの組み合わせで最大15kgのペイロードを実現する。搭載するバッテリーは、5〜11kgまでの容量が選べる。最大飛行速度は85km/hで、最大飛行時間は50分になる。主ローターの最大経は1,900mmで、全長は1,690mmになる。AXH-E230は、RTKによる高精度な自律飛行に対応し、機体側に搭載した自社製のフライトコントローラーと、地上側の制御ステーションにより、リアルタイムの飛行制御を行う。

飛行時間やペイロードでマルチコプターを凌駕する性能を示す

 台湾の沿岸警備局は、今年の1月に海と沿岸地域の捜索救助を向上させるために、2年間で20基のUAVを導入すると発表していた。UAVによる捜索と救助は、対応のスピードや精度に警備する範囲の改善に役立つと期待されている。今回の選定では、2018年末までに8基のAXH-E230が導入される。翌2019年5月までに、さらに12基のUAVを導入する計画。

この記事のライター

最新の投稿


【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

【東日本ドローンサミット】J-ヴィレッジで12月1,2日に開催 講演、ワークショプ満載!飛ばせます!

 サッカーの聖地として知られるJ-ヴィレッジは12月1日、2日に、ドローンと多角的に触れあえるイベント、「東日本ドローンサミット in J-ヴィレッジ」を開催する。各分野の第一人者が登壇する「サミット」、撮影技術をプロから学ぶ「空撮講座」などプログラムが満載。「ドローント-クPIT」も出張開催決定!


砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

砂防工事のプロとUAVのプロが石川県で砂防施設でのUAV活用プロジェクトを開始

白山国立公園内の砂防工事などの土木工事においてICT化に取り組んできた竹腰永井建設株式会社(石川県)と、UAVによる調査/点検業務に多数の実績があるアイエイチプランニング株式会社(東京都)が共同で、砂防設備管理にUAVを活用するプロジェクトを開始させた。


ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

ドバイのショッピングモールでマイクロドローンがパフォーマンス

2018年11月15日-スイス、チューリッヒ。屋内ドローンのVerity Studios(スイス)は、ドバイ・モールの10周年を祝う式典で、マイクロドローンによるパフォーマンスを披露した。


【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

【慶大ドローン】ドローンレースチームDMM RAIDEN RACINGが登壇 資金も客も集まるリアルな欧州事情など紹介

 ドローン研究に力を入れている慶應義塾大学で、プロドローンレースチーム「DMM RAIDEN RACING」の選手らが教壇に立った。大学院生向けのKPMGコンサルティングによる寄附講座「eSports論」の一環で、最年少の中学生、鈴木匠選手ら3人が、世界を転戦した感想や、世界と日本のレース環境の差について説明した。


静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市とDJI がドローンの運用連携に関する協定締結へ

静岡県焼津市(中野 弘道市長)とDJI JAPAN 株式会社(東京都港区 代表取締役:呉 韜)および株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を11月22日に締結する。