台湾の沿岸警備局がAVIX Tech製のローター型UAVを8基導入

台湾の沿岸警備局がAVIX Tech製のローター型UAVを8基導入

2018年5月30日。台湾の沿岸警備局は、UAV調達プロジェクトで、台湾と日本の技術チームによって構成されたAVIX Tech社(台湾)のローター型UAVを8基導入すると発表した。


15kgのペイロードと最大50分の飛行が可能なAXH-E230

AVIX Tech製AXH-E230無人ヘリコプター

 台湾の沿岸警備局が採用したAVIX Tech製AXH-E230は、自律飛行に対応した多機能な無人ヘリコプター。最大離陸重量は30kgで、バッテリーとの組み合わせで最大15kgのペイロードを実現する。搭載するバッテリーは、5〜11kgまでの容量が選べる。最大飛行速度は85km/hで、最大飛行時間は50分になる。主ローターの最大経は1,900mmで、全長は1,690mmになる。AXH-E230は、RTKによる高精度な自律飛行に対応し、機体側に搭載した自社製のフライトコントローラーと、地上側の制御ステーションにより、リアルタイムの飛行制御を行う。

飛行時間やペイロードでマルチコプターを凌駕する性能を示す

 台湾の沿岸警備局は、今年の1月に海と沿岸地域の捜索救助を向上させるために、2年間で20基のUAVを導入すると発表していた。UAVによる捜索と救助は、対応のスピードや精度に警備する範囲の改善に役立つと期待されている。今回の選定では、2018年末までに8基のAXH-E230が導入される。翌2019年5月までに、さらに12基のUAVを導入する計画。

この記事のライター

最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。