セルタワー(携帯中継塔)の検査に特化したアプリをスイスのDRONE HARMONYが開発

セルタワー(携帯中継塔)の検査に特化したアプリをスイスのDRONE HARMONYが開発

スイスに本拠を置き2016年に創業したDRONE HARMONY社は、クアッドコプターを利用して5〜10分でセルタワーを検査するアプリを開発した。


セルタワーの検査コストを最大で半減するTower Scan App

 セルタワーの検査は、その大部分が有人による目視で行われている。そのため、検査は危険でコストがかかっている。人手によるセルタワーの検査は、最も危険な仕事の 1つで、欧州では1万人の労働者あたりの死亡数は、警察の仕事に匹敵している。DRONE HARMONYが開発したTower Scan Appは、クアッドコプターを利用して、自動化されたワークフローにより、死亡者数をゼロに減らし、検査コストを50%も削減する可能性がある。
 今回、新たに開発されたTower Scan Appは、これまでのドローンによるセルタワー検査とは異なる。ドローンそのものは、数年前から活用されてきたが、関連ソフトウェアのエコシステムが欠けていた。ドローンの飛行によるデータの収集からデジタルモデルを作成し、そこからレポートを作成するまでの作業が、これまでは遅くて煩雑なものになっていた。さらに、大規模な通信設備を保有する大手キャリアなどのサイト所有者は、全国規模のサービスプロバイダーが不足していた。加えて、自社のオンサイト活動に統合できるようなエンドツーエンドのソリューションを簡単に導入できない事情もあり、規模の大きなドローンの導入には至っていない。こうした課題をDRONE HARMONYは解決すると提言している。

Drone Harmony Tower Scanアプリのタワーモデル作成ウィザード

セルタワー検査に合わせた自動キャプチャアプリケーションを提供

ヘリックスと軌道を組み合わせたカスタムタワー用ミッションの3D視覚化

 DRONE HARMONYのTower Scan Appは、Android用のアプリとPC用が提供される。Tower Scan Appは、シーン中心のワークフロー、3D計画環境、障害回避などを備えたDrone Harmonyミッション・プランニング・フレームワークに基づいて開発されている。定義されたタワーのために、多数のキャプチャ方法論を使用してタワーを飛行させる任務を自動的に生成する。簡単な位置決めキャリブレーションツールを使用すると、正確な精度で動画を撮影できる。また、シンプルなインターフェースに配慮し、ボタンをクリックするだけで複雑なタワースキャンを実行できる。DRONE HARMONYのよれば、30分のトレーニングで最小限の検査飛行が可能になるという。
 今後、セルタワーの密度を飛躍的に向上させる必要がある5G技術への移行においても、低コストで安全な検査のニーズは高まっていく。

http://droneharmony.com/industrial/celltower.html

この記事のライター

最新の投稿


センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

センシンロボティクス、東京都主催「X-HUB TOKYO」の中国 香港・深セン進出支援コースに採択

ドローン分野として技術発展・情報発信を担う


インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

インテルが新型RealSense Depth Camera D435iを発表

2018年11月13日。半導体大手のインテル(米国)は、深度センサーとトラッキング機能を備えた新型RealSense Depth Camera D435iを発表した。


センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

センシンロボティクス新社長に間下氏 11月9日付 出村氏は退任

 ドローンを活用した太陽光発電設備向け点検自動化パッケージ「SOLAR CHECK」、ドローンの完全自動運用システム「DORONE BOX」など企業、自治体向けロボティクスソリューションを提供するセンシンロボティクスは、代表取締役社長の出村太晋氏が11月9日付で退任し、間下直晃取締役が代表取締役に就任したと発表した。


【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

【慶大ドローン】レースチームRAIDENの中学生選手らが慶大院で講義 KPMG寄附講座「eSports論」で

 ドローン研究、教育、社会実装に力を入れている慶應義塾大学が、大学院の講義に、ドローンチーム「DMM RAIDEN RACING」を招いた講義を行う。KPMGコンサルテフィングの寄付講座「eSports」の一環で、チームに所属する中学生プロレーサー、鈴木匠選手も大学院生を前に話をする予定だ。


Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

Drone Fund 2号が37億円調達 下町ロケットのモデル、小橋工業が最大規模の出資

 千葉功太郎氏が率いるドローンスタートアップ特化型のファンド、Drone Fund2号(正式名称:千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合)は、ファンド規模がこれまでに37億円に達したと発表した。新たに加わった農業機械メーカー、小橋工業(岡山県)が最大の投資家になったことを公表。今後も最大50億円規模を目指す。