映画「ピース・ニッポン」ドローン空撮映像のみの予告編解禁! 全国ロードショーは7月14日から

映画「ピース・ニッポン」ドローン空撮映像のみの予告編解禁! 全国ロードショーは7月14日から

製作8年、47都道府県・200箇所以上で撮影された、まだ見ぬ日本に出会う極上の映画「ピース・ニッポン(PEACE・NIPPON)」のドローン空撮だけで編集された予告編解禁。映画の全国ロードショーは新宿バルト9ほかで7月14日から。


観たことのない角度から日本をとらえたドローン予告編解禁!

 製作8年、47都道府県・200箇所以上で撮影された、まだ見ぬ日本に出会える極上の映画「ピース・ニッポン(PEACE・NIPPON)」のドローン空撮だけで編集された予告編が解禁された。映画の全国ロードショーは7月14日から、新宿バルト9ほか。

ドローン空撮映像のみで編集された予告編!

映画『ピース・ニッポン』 7月14日(土)公開

映画ピース・ニッポン』 7月14日(土)公開 新宿バルト 9 他、全国ロードショー!

ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大 監督:中野裕之 日本の“ベスト盤”がついに完成!
本作は 8 年の歳月をかけてその瞬間を追い求め、全国 47 都道府県・200 箇所以上で撮影された映像 を厳選し、4K 解像度で映画化。ドローンなどの最新の映像技術を活用したダイナミックな映像に驚くこ と間違いなし!さらに絶景のみでなく、宗教や自然にルーツをもつ日本人の精神の歴史にもフォーカス している。壮大でドラマチックな 111 分は、まさに日本の“ベスト盤”とも言える。

『ピース・ニッポン』
ナビゲーター:小泉今日子 東出昌大 監督:中野裕之
劇中歌:竹内まりや「いのちの歌」 出演:渡辺大 及川さきの
エグゼクティブ・プロデューサー:林郁 プロデューサー:中野裕之 六彌太恭行 小長井千晶 竹川潤一 音楽:岡野弘幹 メインテーマコーラス:Aika・human note 脚本:柴崎明久 中野裕之 撮影:日本を愛する全国の映像作家たち タイトルディレクション:葛西 薫 歴史監修:磯田道史 制作協力:アクアジオグラフィック株式会社 株式会社デビッドワッツ 制作プロダクション:ピースデリック有限会社 配給:ファントム・フィルム 製作:PEACE NIPPON PROJECT LLC (C)2018PEACENIPPONPROJECTLLC (2018年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/111分)
peacenippon.jp

この記事のライター

関連する投稿


映画「ピース・ニッポン」試写会にドローングラファー遠藤祐紀さんと中野裕之監督が登場 キヤノンギャラリー品川で写真展も

映画「ピース・ニッポン」試写会にドローングラファー遠藤祐紀さんと中野裕之監督が登場 キヤノンギャラリー品川で写真展も

映画「PEACE・NIPPON(ピース・ニッポン)」の一般試写会が開かれ、中野裕之監督とドローン空撮を担当した遠藤祐紀さんによるトークイベントも行われ、作品制作の舞台裏などを披露した。また6月28日から品川のキヤノンギャラリー2で写真展も開かれる。


ドローン空撮も満載の「ピース・ニッポン(Peace Nippon)」一般試写会ご招待

ドローン空撮も満載の「ピース・ニッポン(Peace Nippon)」一般試写会ご招待

8年間で全国47都道府県・200箇所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」が7月14日より新宿バルト9他で全国ロードショーされることが決定、それに先立って開催される一般試写会を当サイトをご覧の方々にプレゼント。


ドローン空撮映像も満載 日本の美しい自然が見せる奇跡の瞬間で綴った映画「PEACE・NIPPON」の試写会招待 

ドローン空撮映像も満載 日本の美しい自然が見せる奇跡の瞬間で綴った映画「PEACE・NIPPON」の試写会招待 

中野裕之監督が8年の歳月をかけ、日本全国で撮影した一期一会でしか出会えない神々が宿る美しい瞬間を捉えた映像を厳選し、4K解像度で映画化した「PEACE・NIPPON」が7月14日より新宿バルト9他で全国ロードショーされることが決定、ドローンタイムズユーザーに試写会招待。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。