日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


現場作業の標準化と品質向上を支援するクラウドサービスの提供を開始

 日立システムズとパスコによる3次元測量の支援サービスは、日立システムズの「ドローン運用統合管理サービス (*2) 」を通じて、パスコが開発した現場支援アプリケーション「PADMS ® -SmartSOKURYO(パダムス-スマートソクリョウ)」を、全国の建設会社や測量会社向けに提供するクラウドサービス。同サービスの提供により、「i-Construction」の実現に向けて、作業手順の標準化と品質向上を図り、作業のやり直し防止や業務の効率化を実現する。
 建設分野では、労働人口の減少や高齢化の進展などにより、生産性向上が大きな課題となっている。そのため、国土交通省では、3 次元測量データや ICT 建機などを活用して建設生産システム全体の生産
性向上をめざす取り組み「i-Construction」を推進している。そうした中で、ドローンによる測量は、3 次元測量データを効率よく作成できる手段として注目されている。しかし、要求精度を担保するためには、撮影計画通りに現場作業を実施する必要がある。例えば、対空標識 (*3) の設置位置のズレなどにより計画していた撮影コース通りに飛行できなかった場合、要求精度を担保できず、対空標識の再設置や撮影のやり直しが必要になるため、ドローン活用における課題になっていた。
 両社の協業による支援サービスは、土木工事においてドローンを利用して3次元測量を行う際に、フライト準備からフライト終了後まで、ドローン空撮を正しく行うための現場作業を支援する。具体的には、タブレット端末上で、作業計画に基づいた作業項目を提示し、音声ナビゲーションにより、漏れのない作業を支援する。また、対空標識を設置する際には、GPS機能により、撮影計画通りの場所への設置も支援する。そして、撮影終了後は、タブレット上で撮影角度や枚数に不備がないか、焦点がずれた写真がないかをその場で確認でき、必要に応じて取り直しを実施できる。これにより、撮影計画に基づき、正しい手順通りに撮影を行い、要求精度を満たす3次元測量データを作成することが容易になる。さらに、遠隔地にいる管理者が現場の作業状況を即時に把握できるリアルタイム情報共有機能や、フライト実施後のレポート作成を支援する機能も有し、一連の機能を、日立システムズのクラウドで提供する。

提供される支援サービスの仕組み

タブレットの画面例

【作業チェック機能】
・フライト前チェック(音声ナビゲーションによるカメラ・バッテリー・周辺電波の確認など)
・対空標識設置位置チェック(GPS を活用した正確な位置座標など)
・撮影成果の品質チェック(角度、ピント、枚数、ラップなど)

【リアルタイム情報共有】
・複数現場の作業内容をオンラインで共有
・撮影計画の変更をリアルタイムに現場へ指示
・遠隔地から各現場の作業状況を確認

【レポート作成支援】
・フライトのログデータから飛行実績レポートの自動作成により、国土交通省への報告を支援
なお、本サービスは、「JUAVAC (*4) ドローン エキスパート アカデミー(事務局:東京都千代田区)」の測
量基本技術コースのカリキュラムに採用されることが決定しており、実際の現場で本サービスを適切に活用するスキルの習得を支援。


注釈:
(*1) 3 次元測量:地形や構造物などを立体的にデータ化するために行う測量
(*2) ドローン運用統合管理サービス:全国のサービス拠点やクラウド基盤を活用し、ドローンの操縦や撮影代行、撮影した画像の加工と分析、パブリッククラウドも活用したハイブリッドクラウド環境でのデータの保管・管理、さらには業務システムとのデータ連携を支援する日立システムズのクラウドサービス。3 次元測量データの作成も本サービスで提供することが可能。
(*3) 対空標識:地上の基準点を空中写真に明瞭に表示させるために設置する標識
(*4) JUAVAC:一般社団法人日本 UAV 利用促進協議会

この記事のライター

関連する投稿


国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

大日本コンサルタント株式会社(東京都豊島区/以下、大日本コンサルタント)と株式会社日立システムズ(東京都品川区/以下、日立システムズ)は、点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進したと発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


セコムとパスコ、自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」による 「シカ食害対策」の実証実験を開始

セコムとパスコ、自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」による 「シカ食害対策」の実証実験を開始

セコム株式会社(東京都渋谷区)とグループ会社で地理情報サービス事業を行う株式会社パスコ(東京都目黒区)は、社会問題となっている野生鳥獣による農作物被害を減少させるため、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を活用したシカ食害対策の実証実験を4月から開始すると発表した。


最新の投稿


エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス、4K 非圧縮映像と制御通信の伝送を可能にする有線ドローン AEROBO® onAir システムの販売開始

エアロセンス株式会社(東京都文京区)は、テレビ中継、点検、 監視など多岐にわたるソリューションに向けた自律飛行型ドローン・プラットフォーム AEROBO onAir の新シ リーズとして、有線ドローン、新 3 軸 BLDC ジンバルカメラ)、 新ケーブルシステムの販売を開始する。


Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

Liberaware、屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を開始

小型産業ドローンの開発を行う株式会社Liberawareは、屋内の狭所空間で利用できる点検用ドローンのレンタル事業を4月から開始すると発表した。


フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

フィンランドのヘルシンキで初となる都市部のドローン配送が始まる

2019年3月15日 – フィンランド。イギリスのドローンインフラ企業Skyports(英国)が、フィンランドのヴァンター(Vantaa)に住む消費者に、ドローンによる小包の配達を革新的なものにする機会を提供すると発表した。


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。