i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

i-Construction推進展③ キヤノンがインフラ点検にひび割れ検知 AI 開発

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催された。キヤノンがひび割れ検知 AI を開発し、インフラ点検用のドローンに搭載する。


 建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催された。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。キヤノン株式会社(東京都大田区、以下、キヤノン)もひび割れ検知AIを開発しドローンに応用することで、ドローンを活用した事業をインフラ点検にも拡大する。

キヤノン開発のひび割れ自動検知 AI 開発、キヤノンMJはドローンに搭載ひび割れ点検も

 キヤノンは、インフラ構造物の画像からひび割れを自動的に検知し、ひび割れ幅も推定できるAIを開発した。このひび割れ検知AIは、(株)東設土木コンサルタント(東京都文京区本郷)との共同研究を通じて開発、Deep Learning技術によって、土木技術者が作成したひび割れデータを学習している。
 主な特長は、構造物の画像に対して、ひび割れ自動検知結果を修正して変状記録を作成すると。ゼロから変状を記録する場合に比べて、その工数を大幅に削減できる。また、現場で多く利用されている東設土木コンサルタントと(有)ジーテック製の変状展開図作成・管理支援ソフト「CrackDraw21」とデータ連携し、実務展開が容易となる。

 またキヤノンマーケティングジャパン(東京都港区/キヤノンMJ)はこれまで、超高感度カメラを搭載した災害対策ドローンや警戒警備や中継に応用できる有線給電ドローンを開発、発表してきた。昨年は災害対策ドローンもプロペラを6枚から8枚に変更、雨天時でも飛行できる全天候型を発表し、またスカイマティクス社製の農薬散布クラウドサービス「はかせ」と葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売に関する販売代理店契約を締結するなど、ドローンを活用した事業に取り組んできた。今回開発されたひび割れ検知AIをドローンに活用することで、インフラ点検にも事業を拡大する。
 今回の展示では、カメラを遠隔制御するシステムも展示された。
 株式会社日本ビデオシステムと共同開発したシステムは、ドローンに搭載されたカメラのシャッタースピード、絞り、ISO感度、レリーズなどを遠隔操作できるというもの。インフラ点検などで、ドローンと離れた地上から、専用コントローラーを使って無線でカメラの設定が簡単に変更できるようになる。

この記事のライター

関連する投稿


ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

ドローン測量教育研究機構が「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」セミナー開催 1月30日

一般社団法人ドローン測量教育研究機構(DSERO)は、第2回セミナー「i-Constructionの推進とDSEROの取組み」を1月30日に東京都品川区のきゅりあん 1F 小ホール(品川区立総合区民会館)で開催。


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンMJが兵庫県姫路市主催のドローンによる施設点検の実証実験、遠隔制御システムを使った一眼レフカメラによる撮影を検証

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノン MJ)は、兵庫県姫路市都市局ならびに株式会社 アマナビ主催のドローンによる先端技術を用いた施設劣化の実証 実験に協力し、施設の健全な維持・保全へのドローンの有用性ならびに、デジタル一眼 レフカメラ「EOS」を用いた遠隔制御システムの実用性を確認した。


キヤノン、ドローン搭載カメラに最適のグローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーを発売

キヤノン、ドローン搭載カメラに最適のグローバルシャッター機能を搭載したCMOSセンサーを発売

ドローンに搭載する空撮用カメラなど、産業用途のニーズに対応


キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンマーケティングジャパン株式会社が運営するドローンスクール「アマナドローンスクール」のJUIDA※認定ライセンス取得パック2商品を、キヤノンオンラインショップで9月10日から販売開始した。


最新の投稿


都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気、空飛ぶクルマの開発プロジェクト「CARTIVATOR」への協賛を決定

都築電気株式会社(東京都港区)は、 空飛ぶクルマの開発を進める有志団体CARTIVATORへの協賛を決定。


テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン、テラドローンインド、インド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定

テラドローン(東京都)は、テラドローンインドとインド工科大学(IIT)ハイデラバード校がインドにおけるドローン業界強化を目的とした三者間協定を締結し、インド工科大学ハイデラバード校に、世界初のドローンソリューション専門機関「センター・オブ・エクセレンス」を共同で設立した。


【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

【国際ドローン展】カスタマイズ開発ドローンでビジネスを広げる日本サーキット

都内でDJI ARENAなどのトレーニング施設を運営している日本サーキット(神奈川県)は、DJI SDKを使ったカスタマイズ開発やオリジナルドローンを展示していた。


【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

【国際ドローン展】パワフルな国産オリジナルドローンを開発する石川エナジーリサーチ

ドローンの開発・製造・操作技術などの最新テクノロジーを一堂に紹介する専門展示会の「第5回国際ドローン展」が4月17日から19日の3日間、千葉県の幕張メッセで開幕した。点検・メンテナンス、物流・輸送、警備・監視、災害対応、測量、撮影、農業など多岐にわたる産業分野のドローン関連企業が約40社が出展した。


迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

迫力ある空撮映像を実現するFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローン

Game of ThronesやMission Impossible 6で迫力ある空撮映像を実現している制作現場では、30年以上のキャリアがあるFlying-Cam社(米国)のヘリコプター型ドローンが活躍している。