【慶大×田村市:ドローン日記】産業部商工課の鈴木琴音さん 「楽しい!でも、もどかしい」:

【慶大×田村市:ドローン日記】産業部商工課の鈴木琴音さん 「楽しい!でも、もどかしい」:

 慶大との連携協定を踏まえ、ドローンによる地域活性化に取り組んでいる福島県田村市の市役所で「ドローン担当です」と自己紹介をする、産業部商工課主事の鈴木琴音さん。市内の福島県立船引高校で行われているドローン特別講座にも参加し、高校生にまざって練習に励んでいます。鈴木さんがこのたび、感想文を寄せてくれました。


高校生が教えてくれた通りに動かしているつもり。でも・・・

   ◇   ◇   ◇

 ドローンを初めて触ったのは今年の4月でした。そのときのドローンはDJIの「Phantom 4 Pro」。初心者の私でも、ホバリングして、戻ってくる!なんか、かわいい!。そう思って。あっという間にドローンに魅了されました。

 6月16日に県立船引高校でドローン特別講座の第三期が始まりました。私も初心者として高校生に混ぜてもらい、飛行練習を行っています。練習で使うのは「Phantom 4 Pro」ではなく、もっと小さいトイドローンでした。きちんと操作をしないと空中で静止するホバリングをしてくれません。実際、このホバリングだけでも結構、難しい!安定性がphantomと全然違うのです。練習でトイドローンを使うのは、操作の基礎を学ぶためなのだな、などと納得をしました。

 さて高校生たちの練習を見ると、トイドローンが手のひらから飛び立った後、スイスイと滑らかに飛行し、懐いたペットのように手のひらに戻ってきます。やっぱりかわいい!そして、そんなふうに操れることが羨ましい!そこで私も、「ハンドリリース、ハンドリリース」に挑戦してみました。
 
 ・・・飛び立ったままかえってこない。

 他人の動作を見ているのと、自分で実際にやってみるのとでは全然違う。そんな当たり前のことを実感しました。

 ドローンの操縦技術を身に着けるには、何通りもの練習方法があります。特別講座では、その次に円を描くように飛ばす練習をすることになりました。高校生が一生懸命、教えてくれます。その指示に従い、プロポ(送信機)の左と右のスロットルを動かしているはずなのですが、ドローンは円を描かずに、まっすぐに離れていきます。

 「もっとゆっくりです!」「強すぎます!もっと優しくです!」
 「ゆっくりってどうやるの?」
 会話をしてる間にも、どんどん遠くに離れていくドローン。
 なかなか思い描いているようには飛ばせません。
 ドローンタイムズの村山さんから「楽しそうだね」と声をかけられました。「はい。でも、もどかしいです!」と思わず言葉がこぼれました。
 マニュアルの難しさを体感しましたが、練習をすればするほど上達もします。その楽しさを高校生が教えてくれたので、ドローンを地域課題解決のツールとしてどう活かすかという目的を忘れず、ドローン担当として飛行技術も向上させたいと思います!

   ◇   ◇   ◇

 鈴木さんの感想文は、今後も随時お届けします。

高校生が教えてくれたとおりに動かしているつもりでも、どんどん遠くに

「懐くペットみたい」という田村市の鈴木さん。飛行技術の向上を目指す

この記事のライター

関連する投稿


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市で8月5日、ビール主原料であるホップの収穫体験が行われた。ホップはドローンの有効活用を検討している作物で、ホップに魅了された人たちが、品質向上や労力軽減に道を開くドローン導入を後押ししそうだ。


【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

【慶大×田村市:ドローン日記】部活設立! 隔週でドローンレース! 県立船引高3年早川帆南さん

 慶大によるドローン特別講座が開講されている福島県立船引高校では、活動がますます活発化しています。3年生、早川帆南さんが、その近況をDroneTimesに寄せてくれました。船引高校に、ついにドローンの部活が誕生したようです。


【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

【慶大×田村市】ビール主原料、ホップの畑をInspire2などがフライト! 「たむらモデル」の次の一手

 福島県田村市のホップ畑に、ドローンが飛んでいる。飛ばしているのは田村市と包括連携協定を結んでいる慶應義塾大学の南政樹さんのチームだ。ビールの主原料であるホップの高い品質の確保、農家の労力軽減、生産コスト削減にドローンを役立てるため、実践投入を見据えて飛行を繰り返している。「たむらモデル」の次の一手は、農業だ。


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。