ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

ドローンジャパンが軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催(2)

7月21日。ドローンジャパン株式会社(東京都)は、軽井沢でArduPilotの成果発表会を開催した。デモフライトの会場は、軽井沢の「ペンションにいみ」を中心とした地元の方たちが、休耕地の雑草を刈り込んで離着陸のスペースを確保した。


VTOL専用設計機の飛行

 小宮光裕氏の「VTOL専用設計機」は、昨年から続いている取り組み。前回は、市販のセスナを改造してテスト飛行を行っている。ドローンタイムズでも飛行の様子を取材したが、当時はドローンのように飛ぶセスナのような印象だった。今回は、機体もオリジナルで設計し、クアッドモーターにもティルト機構を備えて、離陸後にプロペラを傾けて水平飛行に移行できるVTOL機になった。離着陸をクアッドコプターの理論で行い、空中で水平飛行に切り替えるティルトロータートラディションは、飛行制御が難しくバランスを崩して失速する危険も多い。しかし、小宮氏によれば「ArduPilotならば、制御が可能」になるという。

第一期生で自作のVTOL機に取り組む小宮光裕氏

 新設計の機体は、推進力の高いモーターを利用したため、水平飛行に移行するだけの負荷にフレームの設計が耐えられない心配が出てきたという。そのため、デモフライトではティルト機構は使わずに、離着陸だけを披露した。残念ながら、小宮氏の華麗な操縦テクニックは見られなかったが、それは別の固定翼機で実感できることになった。

プロペラのティルト機構を備えたVTOL機が垂直離陸を見せた。まだ試作中のため、水平飛行は披露しなかった。

SLAM+Fake GPSによるドローン制御

 中島幸一氏の「SLAM+Fake GPSによるドローン制御」は、ドローンにRP-LiDARを取り付けて、SLAM(ROS)を利用して室内のようにGPSが受信できない環境で飛行するチャレンジ。プレゼンテーションでは、実際に飛行させるのではなく、機体を手に持ってSLAMで認識した座標を飛行計画ソフトのMission Plannerに位置情報として認識させる様子を紹介した。さらに、Windowsのタスク機能を活用して、スケジュールされた時間に定期的に飛行したり、電圧が低下したらミッションをリバースする仕組みなども紹介された。

SLAM+Fake GPSによるドローンの位置情報が反映される様子を紹介する中島幸一氏

 デモフライトでは、実機を飛ばすことができないので、Parrot Bebopを使って、オートミッションでリバースする様子が実演された。

オートミッションでリバースするParrot Bebop。

Parrot Bebopでリバースミッションを実演する様子

ArduPlaneによる固定翼機

 松本威氏の「ArduPlaneによる固定翼機」は、市販の固定翼機にArduPlaneを組み込んで、安価に短期間で自動飛行が可能なUAVを制作する取り組み。手動での飛行はすでに成功し、ArduPlanによる自動飛行を検証している途中だという。市販の機体の中に、PixHawk2などのフライトコントローラーを取り付けるので、バランスが重要になる。また、現在は飛ばすために機体の下部にある穴に手を入れて投げる必要があり、着陸は安全な場所への胴体着陸となる。そこで、今回はデモフライトでネットによるキャッチを計画した。さらに、今後はバッテリーの大容量化と重量配分の最適化も研究していくという。

ArduPlaneによる固定翼機の構造を解説する松本威氏

 市販の固定翼のデモフライトは、自動飛行が間に合わなかった関係から、名パイロットの小宮光裕氏がコントローラーを手に、広い畑の上を周回飛行してみせた。そして、ネットを構えた位置に見事に機体を制御して、まったく損傷を与えることなく軟着陸を実現した。

離陸は放り投げるように行われ(写真右合成)、小宮光裕氏の操縦にリレーされ華麗な飛行を見せた。

小宮光裕氏の正確かつ的確な操縦でネットに収まったArduPlaneによる固定翼機。

 後日談。
 「ArduPlaneによる固定翼機」のデモフライトでは、炎天下に機体を長時間放置しておいた関係で、制御回路が熱暴走の状態になり、予定していた時刻にARM(離陸準備)の信号を受信できない状況に陥った。そこで、塾生が機体を日陰に移動したり、冷たいペットボトルで冷やすなどの処置を行い、しばらくして回路が回復した。
 こうした一連の状況を総括して、ドローンジャパンの春原久徳取締役会長は、「成功も失敗も包み隠さず紹介するのが、我々のモットーです。それこそが、オーブソースの精神であり、失敗の積み重ねが重要なのです」とコメントした。

炎天下に置かれたままだったため“熱中症”となった機体。関係者は、熱暴走した制御回路に扇子などで風を送って冷やし、機体は無事に飛ばすことができた。

(つづく)

この記事のライター

関連する投稿


ドローン開発エンジニアへの第一歩 ArduPilotによる「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催 3月1日

ドローン開発エンジニアへの第一歩 ArduPilotによる「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催 3月1日

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 水・陸・空のドローン自動制御プログラムArduPilotを用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 3月1日に開催する。


CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

CES 2019で航空タクシーの本格的な設計を発表したBell Helicopter

2019年1月7日 - 米国ラスベガス。Textron社(NYSE:TXT)のBell Helicopter(アメリカ)は、CES 2019の開催に合わせて、本格的な垂直離着陸(VTOL)航空タクシーを発表した。


ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

ドローンジャパンが2018年度の収穫祭を開催

2018年12月14日。ドローンを活用した次世代型の自然農法プロジェクトを推進するドローンジャパン(東京都)が、設立3周年の記念と2018年度の収穫祭を開催した。会場では5軒の篤農家が育てたドローン米によるおにぎりが振る舞われた。


クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

クリーク・アンド・リバーがドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を学ぶ「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」開催

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、 無人機開発エンジニアの育成を目的として、 水・陸・空のドローン自動制御プログラム「ArduPilot」を用いた「無人機開発エンジニア育成講座 基礎編」を、 12月8日(土)開催。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。