ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ドローンを活用した運用サービスを中心に手がける株式会社ダイヤサービスは、「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業で、2018年上期の公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金より助成金の採択を受けたと発表。


 国内で害獣、中でもイノシシやニホンジカによる農作物を始めとした被害は極めて深刻となっており、今年は千葉市内でもイノシシの目撃情報が出るなど、徐々にその行動範囲は広まっている。
 一方、国として平成35年度までにイノシシ・ニホンジカの生息頭数を半減することを目標としているものの、猟友会を中心とした狩猟者は高齢化が進んでおり、狩猟における生産性向上は喫緊の課題となっている。
 第やサービスでは千葉県内のドローン関連企業・狩猟会社と手を組み、国の目標達成のためにドローンを活用した効率的な狩猟方法の確立と、適正な生育頭数管理を目的としたビッグデータ化を目指す。

[ダイヤサービス事業概要]
・ドローン空撮・インフラ点検「SORA.blue」
・ドローン飛行練習場運営「HATAドローンフィールド千葉」
・ドローンカスタム「DRONE CUSTOM lab.」

この記事のライター

関連するキーワード


ダイヤサービス 助成金

関連する投稿


Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaido株式会社(東京都文京区)と、 株式会社ダイヤサービス(千葉県千葉市)は、 下記のとおり、 緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結した。


ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

 ドローンによる空撮事業を手掛ける株式会社ダイヤサービス(千葉市)は、本社を構える千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」と「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を締結すると発表した。


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。