ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ダイヤサービス、ドローンを活用した害獣対策事業において助成金採択

ドローンを活用した運用サービスを中心に手がける株式会社ダイヤサービスは、「ドローンを活用した害獣対策の実運用に向けた狩猟方法確立およびビッグデータ化」事業で、2018年上期の公益財団法人ひまわりベンチャー育成基金より助成金の採択を受けたと発表。


 国内で害獣、中でもイノシシやニホンジカによる農作物を始めとした被害は極めて深刻となっており、今年は千葉市内でもイノシシの目撃情報が出るなど、徐々にその行動範囲は広まっている。
 一方、国として平成35年度までにイノシシ・ニホンジカの生息頭数を半減することを目標としているものの、猟友会を中心とした狩猟者は高齢化が進んでおり、狩猟における生産性向上は喫緊の課題となっている。
 第やサービスでは千葉県内のドローン関連企業・狩猟会社と手を組み、国の目標達成のためにドローンを活用した効率的な狩猟方法の確立と、適正な生育頭数管理を目的としたビッグデータ化を目指す。

[ダイヤサービス事業概要]
・ドローン空撮・インフラ点検「SORA.blue」
・ドローン飛行練習場運営「HATAドローンフィールド千葉」
・ドローンカスタム「DRONE CUSTOM lab.」

この記事のライター

関連するキーワード


ダイヤサービス 助成金

関連する投稿


Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaidoとダイヤサービス、緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結

Coaido株式会社(東京都文京区)と、 株式会社ダイヤサービス(千葉県千葉市)は、 下記のとおり、 緊急用ドローンに関する包括的業務提携契約を締結した。


ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

ドローン空撮事業のダイヤサービスが、地元町会と防災協力協定

 ドローンによる空撮事業を手掛ける株式会社ダイヤサービス(千葉市)は、本社を構える千葉市花見川区畑町の町会組織「畑町防災会」と「ドローン活用に関する災害発生時の防災協力協定」を締結すると発表した。


最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。