高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

世界で最も先進的な無人システムの構築を目指すMartin UAV(米国)社は、ダクテッドファンを採用したVTOL機のV-BATで、高度15,000フィート(約4.6km)と飛行距離50マイル(約80km)を達成した。


高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

V-BATの開発チーム

 6月4日の午後、米国のキャンプ・ロバーツ米軍基地のマクミラン・フィールドから最新のVTOL固定ウイングUAV「V-BAT」の試験飛行が行われた。試験は、最高高度と飛行距離の計測が目的。最初の高度計測では、離陸から25分後に、V-BATが15,000フィート(約4.6km)の高度に到達した。二回目の飛行では、50マイル(約80km)を超える飛行距離を実現した。
 Martin UAVのV-BATは、サンダーバード1号のような設計で、機体の後尾に取り付けられたダクテッドファンにより垂直に離陸し、空中で水平飛行に移る。ダクテッドファンは、円筒形のダクトの中にプロペラ状のファンを備えた構造で、プロペラの回転によって推力を得る。通常のドローンのプロペラと異なり、ファンが構造物で覆われているので安全性が高い。ダクテッドファンは、ホバークラフトなどの推進装置として利用されている。V-BATのペイロードは5ポンド(約2kg)で、最大8時間以上の飛行が実証されている。自律飛行による垂直離着陸と長距離飛行が可能で、今回の実験では高度と飛距離の面で、高い性能を示した。
 元RAF戦闘機パイロットでマーティンUAVの最高執行責任者(COO)のフィリップ・ジョーンズ氏は「これらのマイルストーンで、V-BATは2年前に我々が設定した重要な性能パラメータのすべてを実証した。エンジニアリングチームの焦点は、戦闘員の要求をよりよく満たすためには、これらの機能を強化し、改良することに移る」と話す。
 今回のテストは、政府、産業界、学術イノベーターに新しい技術を協力して実験する機会を提供するイベントである、海軍大学院大学のジョイント・インターエージェンシー・フィールド実験18-3(JIFX)の一環として実施された。

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。