高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

世界で最も先進的な無人システムの構築を目指すMartin UAV(米国)社は、ダクテッドファンを採用したVTOL機のV-BATで、高度15,000フィート(約4.6km)と飛行距離50マイル(約80km)を達成した。


高度15,000フィートと飛行距離50マイルを達成したMartin UAVのV-BAT

V-BATの開発チーム

 6月4日の午後、米国のキャンプ・ロバーツ米軍基地のマクミラン・フィールドから最新のVTOL固定ウイングUAV「V-BAT」の試験飛行が行われた。試験は、最高高度と飛行距離の計測が目的。最初の高度計測では、離陸から25分後に、V-BATが15,000フィート(約4.6km)の高度に到達した。二回目の飛行では、50マイル(約80km)を超える飛行距離を実現した。
 Martin UAVのV-BATは、サンダーバード1号のような設計で、機体の後尾に取り付けられたダクテッドファンにより垂直に離陸し、空中で水平飛行に移る。ダクテッドファンは、円筒形のダクトの中にプロペラ状のファンを備えた構造で、プロペラの回転によって推力を得る。通常のドローンのプロペラと異なり、ファンが構造物で覆われているので安全性が高い。ダクテッドファンは、ホバークラフトなどの推進装置として利用されている。V-BATのペイロードは5ポンド(約2kg)で、最大8時間以上の飛行が実証されている。自律飛行による垂直離着陸と長距離飛行が可能で、今回の実験では高度と飛距離の面で、高い性能を示した。
 元RAF戦闘機パイロットでマーティンUAVの最高執行責任者(COO)のフィリップ・ジョーンズ氏は「これらのマイルストーンで、V-BATは2年前に我々が設定した重要な性能パラメータのすべてを実証した。エンジニアリングチームの焦点は、戦闘員の要求をよりよく満たすためには、これらの機能を強化し、改良することに移る」と話す。
 今回のテストは、政府、産業界、学術イノベーターに新しい技術を協力して実験する機会を提供するイベントである、海軍大学院大学のジョイント・インターエージェンシー・フィールド実験18-3(JIFX)の一環として実施された。

この記事のライター

最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。