富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

富山ドローンスクールが「サミット」を開催 会場満席の約100人が聴講

 富山ドロ-ンスクールを運営する北日本自動車学校(富山市)は8月4日、ドローン産業の最前線で活躍する講師を招く「富山ドローンサミット」を。富山大学で開催した。一般社団法人日本UAS産業推進協議会(JUIDA)の千田安弘副理事長、慶應大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が登壇し最新事業を解説した。


JUIDA千田氏、慶大南氏が最新事情を講演 

 富山ドローンサミットは、富山県、富山市、富山大学、一般社団法人全国自動車学校ドローンコンソーシアム(ジドコン)、JUIDAの後援で開催。主催した北日本自動車学校の中条充康理事長は「富山ドローンスクールを開設した目的は、大きな役割を果たすドローンの安全運航、高い操縦技術を伝えること。今回のサミット開催が、富山県のドローンユーザーの交流の場を提供するきっかけにしたい」とあいさつした。

 JUIDAの千田副理事長は「大きく変わるドローン産業の動きと新事業機会」の演題で講演。2017年以降、次世代ドローンの時代に舵が切られたと分析し、「状況が大きく変化するときには、事業にも大きなチャンスがある」と述べた。

 この中で、現在の小型、目視内中心の運用が、大型、目視外にシフトすると指摘。これにともない、航空機とドローンの融合の進捗が進むと展望した。技術的には、現在、バッテリー頼りの動力にブレイクスルーが必要だと指摘した。

 千田氏は、ドローン操縦に関わる国家資格化の可能性について、会場からの質問の答える形で言及。「これからの検討」と断ったうえで「目視外でのフライトについて国家資格になるかもしれないし、そういう議論がすでに存在する」と話した。

 また慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南副代表は、「ドローン前提社会」を演題に講演。冒頭に「今年のキーワードは“空を目指そう”。農業とか点検とか産業用の利用はさまざまな検討がなされているが、いかにパーソナルに利用するかを考えたい」と提案。「人、車などで飽和ぎみの地上の課題を、空を使うことで解決できないか」と呼び掛けた。

 南氏はドローンのできることについて、「私見」と断りながら①空から観察できる。カメラ通じて人が自由な視点を持てる②空間の正確な位置に移動できる③インターネット上に偏在するサービスや能力を使いながら実空間に働きかけられる④群れで行動できるーの4点を列挙。それぞれに関連する事例を、動画を交えて紹介した。

 たとえば「①では、花火を空中で見た場合の動画を紹介。地上からみていると、花火の開くとことからみると、どんなだろう、と思うことがありますね。それをやった方がいて、その動画をみると、新しい視点が得られます」と説明した。

 南氏はエアモビリティーにも言及。トヨタが出資したCARTIVATORのエアモビリティーが2020年にフライトを実施させる計画や、Aerial Lab Industiesのタイヤのないエアーバイク「ホバーバクイク」が2022年にナンバープレートを取得して公道を走る構想を紹介した。

 会場となった富山大学の黒田講堂の会議室には、約100人がつめかけるほぼ満員の盛況。富山ドローンスクールが開催するスクールもすでに予定人数が満席になっているクラスもあるという。今後無料説明会などを通じて講習内容や料金などを説明するなどして、富山エリアでのドローン人材の育成に力を入れる。

ドローン前提社会について講演する慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹氏

次世代ドローンについて熱弁をふるったJUIDAの千田副理事長

会場となった富山大学黒田講堂の会議室には100人が来場者熱気にあふれた

この記事のライター

関連する投稿


豪雨被災の似島(広島)をまるごと空撮! 慶大・南氏、徳島大・三輪氏らの合同チーム 12月に学会で発表へ

豪雨被災の似島(広島)をまるごと空撮! 慶大・南氏、徳島大・三輪氏らの合同チーム 12月に学会で発表へ

 ドローン研究で知られる慶大の南政樹氏、徳島大学の三輪昌史氏らの合同チームは10月初旬、広島湾に浮かぶ似島(にのしま)をまるごと、ドローンで撮影した。約1900枚の写真を地図化するほか、災害時のドローン活用ガイドライン策定などに役立てる。また成果は論文にまとめ、学会で発表する方針だ。


千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

千葉・館山で開催された水泳競技「OWS2018」を撮影 慶大コンソ南副代表ら

 海などで自然の中の長距離水泳競技「第94回日本選手権水泳競技大会OWS競技」(ジャパンスイム オープンウォータースイミング2018)が9月23日、千葉県館山市の北条海岸で開催され、慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、依頼を受けてドローンでの空撮を実施した。


【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンオンラインショップでアマナドローンスクールが展開するJUIDA認定ライセンス取得パックの販売開始

キヤノンマーケティングジャパン株式会社が運営するドローンスクール「アマナドローンスクール」のJUIDA※認定ライセンス取得パック2商品を、キヤノンオンラインショップで9月10日から販売開始した。


東急リバブル、ドローンを活用した一戸建の屋根上検査を開始

東急リバブル、ドローンを活用した一戸建の屋根上検査を開始

東急リバブル株式会社(東京都渋谷区)は、全国の売買仲介店舗にて展開している「リバブルあんしん仲介保証(建物保証)」において、ドローン利用によるデジタル技術を活用した屋根上検査を開始した。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。