DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


LINE FRIENDS(BROWN)がプリントされたDJI Sparkは$399

LINE FRIENDS(BROWN)がプリントされたDJI Sparkは$399

 LINE FRIENDS (BROWN) | Spark RC Comboは、北米、中国、香港、韓国のDJI Flagship Storesから、$399(約44,000円)で販売を開始する。製品の構成は、ドローンにバッテリーとプロペラにリモコン、そして2本のRCケーブルと1つの充電器に1つのマイクロUSBケーブル。DJI Sparkの本体はBROWNカラーに塗られ、キャラクターの顔がプリントされている。
 DJIのシニアコミュニケーションマネージャーのモニカ・サック(Monica Suk)氏は「DJIは、LINE FRIENDSとのキャラクターパートナーシップを発表することに興奮しています。DJI Sparkは、最小で強力な飛行カメラとしての名声を獲得し、非常に簡単で、楽しく、パーソナライズされたドローンの飛行を実現しました。私たちがバッグに入れている他のものと同様に、ドローンもライフスタイルのアクセサリーになりつつあります。このラインナップは、このコンセプトをさらに進化させ、ストーリーテリングと共有をエキサイティングにします」と話す。
 LINE FRIENDSは、急速に成長するグローバルキャラクターブランドの1つ。LINE事業は、2011年にモバイルアプリの提供を開始し、仮想ステッカーや顔文字の作成から日本で広く普及した。LINE FRIENDSのキャラクターは、海外でも人気を得て、そのマーチャンダイジング事業は現在、世界中で108店舗に拡大している。
 LINE FRIENDS(BROWN)l Sparkドローンは、バッグに収まるフル装備のミニドローンで、2軸ジンバルで安定した12メガピクセルの写真と1080pのビデオを撮影できる。また障害物感知システムと自動飛行モードをコンパクトなボディに装備している。そして、ユーザーが手のジェスチャーだけで制御できる初めてのコンシューマ向けドローンとして、空撮自撮りを楽しめる。DJI Sparkには、QuickShotモードなどインテリジェントなフライトオプションもある。

https://store.dji.com/product/spark-line-friends-brown?vid=45481

LINE FRIENDS (BROWN) | Spark RC Comboの構成

この記事のライター

関連する投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


DJIが米国で商用向けの新たな無償修理サービスの提供を発表

DJIが米国で商用向けの新たな無償修理サービスの提供を発表

2018年7月26日、米国ニューヨーク。米国DJIは、エンタープライズシールドという新しい商用向けのドローン保守サービスの計画を発表した。


最新の投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

鬼怒川温泉 廃墟群をドローン空撮

-DJI Mavic proで撮影。


かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

かもめやがドローン目視外運用を想定、次世代リアルタイム気象観測システムを運用開始

株式会社かもめや(香川県高松市)は、リアルタイム性重視した次世代気象観測システム(KAZAMIDORI:カザミドリ)の瀬戸内海エリアにおける運用を開始した。


米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

米国で4K動画を撮影できる$500以下のドローンが登場

インテルの出資を受けるYuneec社(中国)は、米国でMantis Qという4K動画を撮影できる小型ドローンを発表した。価格は、$499.99(約5万5千円)からと低価格が魅力。


米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

米国インテルはNASAやFAAと協力してOpen Drone IDの開発を推進

2018年8月15日、オクラホマ州デュラント。Intelのドローンチームのメンバーは、オクラホマ州でIntel Falcon 8+ドローンやモバイルアプリのOpen Drone IDを使い、NASAやFAA(連邦航空局)と協力して、UAS統合パイロットプログラムのイベントに参加した。