【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

【慶大×田村市】実った、実った! ホップ収穫祭開催 つまんで浮かべて味わって

 ドローンを活用した地域活性化に取り組む福島県田村市で8月5日、ビール主原料であるホップの収穫体験が行われた。ホップはドローンの有効活用を検討している作物で、ホップに魅了された人たちが、品質向上や労力軽減に道を開くドローン導入を後押ししそうだ。


地元に本社を構える国産ホップ生産、流通、販売のホップジャパンが主催

 収穫祭が行われたのは、田村市に本社を置く国産ホップの流通、販売を手がける株式会社ホップジャパン(本間誠社長)の契約農家だ。午前10時に総勢17人が畑に集合。郡山市在住の2人組、東京の中央省庁に勤務し、復興活動に関わった縁で参加したグループらが、次々と畑に踏み入れ、緑色の〝実〟をつまみ、腰に結び付けたカゴにいれていった。2時間でカゴ8杯分になった。

 ホップの収穫は、高さが壁になる。ひとつひとつをつまむ作業こそ単純で簡単だが、高所を手摘みするためには、やぐらを組んだり、はしごをつけたり、さまざまな工夫がなされてきた。しかし多くが手摘みをあきらめ、いまは大半が、つるごと切り落とし、機械で選別している。

 それでもホップジャパンの本間誠社長は「われわれは手積みでいく」という。理由は味だ。機械で収穫すると傷みがちで、せっかくの味わいが損なわれるのだそうだ。生産農家の鈴木喜治さんも「手積みと機械積みとでは、味が全く違う」と断言する。

 労を惜しまずおいしいものを追求する栽培農家の労力を少しでも軽減できないか。田村市内のホップ農家では、ドローンの導入機運が高まっている。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表らが、畑でドローンを使って観察を繰り返し、有用性を確認中だ。

 収穫祭の参加者の中にも、「労力が軽減されて、品質向上が見込めるのだから、ドローンやその他の技術を取り込みが進むことを期待している。番、などと言っていられる状況ではない」と先端技術導入に肯定的な声があがった。せっかくの努力を後押しし、労力も軽減できる工夫の登場を待ち望んでいるのは、生産農家だけではない。

 なお参加者一行はこのあと、鈴木さんの畑から、市内で行われている地元のフェス会場に移動した。そこではホップジャパンがクラフトビールの店を出店していた。ラガーとスタウトの二種類。注文をすると、グラスにあらかじめ収穫されていたホップを数個いれ、そこにビールを注いで手渡される。ホップが浮かび、顔を近づけると、ほんのりホップ特融の華やかな香りがたちのぼる。「少し時間がたつと、もっといい香りになりますよ」とドバイスを受ける。待ちきれないまま飲み始め、のみほしたらおかわりをする。参加者は口々に「香りが、すごい」などととれたてのホップに魅了された様子だった。

 ドローンが地域活性化に取り組む田村市のホップは、ドローンとのコラボでさらに磨きがかかる可能性がある。

ひとつひとつをつまむ作業は簡単で、大勢で取り組むと楽しい。ただし8メートルの背丈は作業効率の妨げとなるためここではウインチがとりつけられ、目の高さをとりつくしたら、つるをおろして高所の摘み取りができる工夫をしている。手前の男性が頭に巻いている黄色いタオルは昨夏、田村市内で開催された野外音楽フェスの会場で販売されていた開催記念のタオル。東京から参加したこの男性は、田村市の復興にもかかわっているという。麦わら帽子の男性が、ホップの生産農家、鈴木喜治さん

作業中は笑顔がはじける

こちらでも笑顔がはじける

2時間でこれだけ収穫した

フェス会場で提供されているクラフトビールには地元でとれたホップが浮かべられていて、華やかな香りが漂う

こんなふうにホップを浮かべてのむとおいしいという

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

【慶大ドローン】単位つかないのに参加多数! 好奇心高めな“ドロゼミ”の新年度が始動

 ドローン研究と社会実装に取り組む慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で、単位がつかないドローン活動「ドロゼミ」で2019年度のシーズンがスタートした。4月10日に行われた新年度初会合にはSFC生、外部生をあわせて30人が参加した。初参加組の多くが、前日の千葉功太郎氏による“規格外授業”に刺激を受けていた。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。