CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

測量サービスの CSS技術開発 (本社:東京都多摩市、代表取締役:大山竜吾) は、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を発表した。


空からの測量に革命をもたらすオブリークカメラ

 上空から斜め5方向を同時に撮影するオブリークカメラは、その大きさから、これまでは大型のセスナなどの航空機に取り付けて撮影する必要があった。一方で撮影能力に優れたオブリークカメラは、国土交通省が提唱するi-Constructionの維持・管理分野において、重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、従来のドローンに搭載可能なカメラは、重さの問題から多くは1台で、測量の場合は真下を向けたものが主流となっていた。そのため、下向きのカメラだけでは構造物や橋梁などの鉛直の面を正確に撮影することが困難で、複数の方向から撮影するためには飛行時間が延びてしまうという問題があった。
 それに対して、5方向を同時に撮影するオブリークカメラを活用することで、短時間で正確な3Dモデルが作成できる。CSS技術開発では、ドローンに搭載可能なオブリークカメラの開発に成功し、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を実機展示する。

2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)での展示を予定しているCSS技術開発のオブリークカメラ(傾斜カメラ)

この記事のライター

最新の投稿


高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

高度2万メートルから地球を観測するASTIGAN A3ドローン

英国のAstigan社(航空宇宙分野のイノベーターチームと英国のOrdnance Survey)の合弁事業によって設計および製造されたASTIGAN A3は、高度2万メートル上空から地球を観測する。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

Saashaのメッセージビデオにドローン ササモモさんに贈る曲演奏中に自撮り 

 ドローンのイベントなどでしばしば起用されるシンガーソングライターのSaashaが、女性ドローン操縦士、ササモモ(佐々木桃子)さんの登壇するトークイベントにサプライズでビデオメッセージを寄せた。その中にドローンが登場するシーンがあり、会場が涌いた。


ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

ササモモさん新チーム名は“L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)”! 女性活躍の場の創出、拡大目指す

 ドローンの操縦士、インストラクター、MCなどとして広く活躍しているササモモ(佐々木桃子)さんは2月14日、新たに発足させたチームの名前を「L’oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)」と発表しました。ドローン産業に新たな彩が誕生しました♪


ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローンレース毎日開催「スカイファイト」東京お台場 2月16日(土)オープン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、東京ベイエリアでオンライン対戦型ドローンレースが開催されるエンタメスポット 「スカイファイト」東京お台場を2月16日(土) にオープン。2月16日、17日に、アクアシティお台場3階アクアアリーナにてオープニングイベント開催。