CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

測量サービスの CSS技術開発 (本社:東京都多摩市、代表取締役:大山竜吾) は、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を発表した。


空からの測量に革命をもたらすオブリークカメラ

 上空から斜め5方向を同時に撮影するオブリークカメラは、その大きさから、これまでは大型のセスナなどの航空機に取り付けて撮影する必要があった。一方で撮影能力に優れたオブリークカメラは、国土交通省が提唱するi-Constructionの維持・管理分野において、重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、従来のドローンに搭載可能なカメラは、重さの問題から多くは1台で、測量の場合は真下を向けたものが主流となっていた。そのため、下向きのカメラだけでは構造物や橋梁などの鉛直の面を正確に撮影することが困難で、複数の方向から撮影するためには飛行時間が延びてしまうという問題があった。
 それに対して、5方向を同時に撮影するオブリークカメラを活用することで、短時間で正確な3Dモデルが作成できる。CSS技術開発では、ドローンに搭載可能なオブリークカメラの開発に成功し、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を実機展示する。

2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)での展示を予定しているCSS技術開発のオブリークカメラ(傾斜カメラ)

この記事のライター

最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。