CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

CSS技術開発がドローン搭載型のオブリークカメラを発表

測量サービスの CSS技術開発 (本社:東京都多摩市、代表取締役:大山竜吾) は、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を発表した。


空からの測量に革命をもたらすオブリークカメラ

 上空から斜め5方向を同時に撮影するオブリークカメラは、その大きさから、これまでは大型のセスナなどの航空機に取り付けて撮影する必要があった。一方で撮影能力に優れたオブリークカメラは、国土交通省が提唱するi-Constructionの維持・管理分野において、重要な役割を果たすことが期待されている。しかし、従来のドローンに搭載可能なカメラは、重さの問題から多くは1台で、測量の場合は真下を向けたものが主流となっていた。そのため、下向きのカメラだけでは構造物や橋梁などの鉛直の面を正確に撮影することが困難で、複数の方向から撮影するためには飛行時間が延びてしまうという問題があった。
 それに対して、5方向を同時に撮影するオブリークカメラを活用することで、短時間で正確な3Dモデルが作成できる。CSS技術開発では、ドローンに搭載可能なオブリークカメラの開発に成功し、2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)にて、ドローンに搭載することが可能なオブリークカメラ(傾斜カメラ)を実機展示する。

2018年8月28日(火)から30日(木)にかけて幕張メッセで開催される建設・測量 生産性向上展(CSPI-EXPO)での展示を予定しているCSS技術開発のオブリークカメラ(傾斜カメラ)

この記事のライター

最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。