パロット社がミニドローンの新製品2機種を発表

パロット社がミニドローンの新製品2機種を発表

仏Parrot(以下パロット)社(本社:パリ、創業者/CEO:アンリ・セイドゥ)は、2016年9月29日に都内でミニドローンの新製品2機種を発表した。世界初となる固定翼型と超軽量のミニドローンになる。(田中亘)


Parrot社は2種類のミニドローンを発表した。写真はParrot Swingを発表するJPAC地域担当バイス・プレジデントのクリス・ロバーツ氏。

X型の固定翼で飛ぶParrot SWING

記者発表会場を縦横に安定した飛行をするParrot SWING

 発表会には、JPAC地域担当バイス・プレジデントのクリス・ロバーツ氏が登壇し、遊び心とテクノロジーを凝縮した2つのミニドローンを紹介した。
 Parrot SWINGは、X型ウイング形状のミニドローン。翼の先端に4つのプロペラがあり、垂直での離着陸を行う。離陸後は、プロペラを進行方向に3段階で傾けることで、水平に飛行する。固定翼を使った飛行時には、自動的に一定の高度を維持するように自動操縦機能が働く。本体は73gと軽量なので、屋外でも飛行申請は不要。バッテリは交換式で、25分間の充電で最大8分の飛行が可能。本体の後方に30万画素のカメラがあり、地面か水平飛行の後方風景をVGA(480x640)解像度で撮影して1GBのフラッシュメモリに記録できる。付属のParrot Flypadとは、Bluetooth Low Energyによる通信を行う。その飛行範囲は最大で60メートル。
 発売は10月で、価格は17,000円(税別)。

遊び心を搭載したParrot Mambo

見事にお菓子をつかむグラバー。

 63gという超軽量なミニドローンのParrot Mamboは、時速29kmの最高速度で飛行し、ターンやフリップなどのアクロバット飛行が楽しめる。また、空中に放り投げると自動的にホバリングを行うフリーフォールテイクオフ機能も備える。機体下部に30万画素のカメラを備え、VGA(480x640)解像度のスナップショットを撮影できる。さらに、キャノンとグラバーというアクセサリーが付属する。
 キャノンは本体上部に取り付け、専用のボールを2メートルの射程距離で6発まで発射できる。
 グラバーは本体下部に取り付け、最大4gの物体をアームで挟んで飛行して投下できる。バッテリは交換式で、最大9分の飛行が可能。機体とコントローラは、SWINGと同様のBluetooth Low Energyによる通信。飛行範囲は最大で60メートル。
 発売は10月で、価格は15,000円(税別)。コントローラーのParrot Flypadは別売(5,000円:税別)になるが、Parrot MamboはスマートフォンのFreeFlight Miniという専用アプリで操作できる。

飛ばす楽しさに新しい魅力を加えたミニドローン

Parrot SWINGとParrot Mamboは、どちらも3軸加速度計と3軸ジャイロスコープを備え、安定したホバリングや自動操縦をサポートする。ドローンを飛ばした経験のない入門者でも、短時間の練習でフライトを楽しめるようになる。またParrot Mamboは小型ながらプロペラガードも装着できるので、屋内でも安全に飛行できる。発表会場には、ミニドローンを体験できるコーナーが設けられ、Parrot SWINGによる水平飛行の輪くぐりや、Parrot Mamboによるキャンディのつかみ取りなどを体験できた。価格も手頃で、飛行申請も不要で、最大60メートルの範囲でフライトを楽しめる2機種のミニドローンは、飛ばす楽しさに新しい魅力や発見を与えてくれるだろう。

この記事のライター

関連する投稿


Parrot、農業や不動産業向けのドローンを発表

Parrot、農業や不動産業向けのドローンを発表

Parrotは「Bebop」や「Disco」などの一般消費者向けドローンで名を知られているかもしれないが、2012年からは商用ソリューションにも取り組んでいる。


ドローンコラム:産業向けドローンに舵を切り始める大手ドローンベンダー

ドローンコラム:産業向けドローンに舵を切り始める大手ドローンベンダー

三大ドローンベンダーのうちの二社、仏Parrot社と米3D Robotics社が、相次いでリストラ策を発表した。またクラウドファンディングで資金を集めた米Lily Robotics社も破綻した。コンシューマ向けドローン市場は踊り場なのか。その原因について分析し、日本を含めた産業向けドローンの今後を考察する。(田中亘)


仏パロット社、ドローン事業の再編に290名をリストラ 開発に集中

仏パロット社、ドローン事業の再編に290名をリストラ 開発に集中

フランス時間の2017年1月9日。世界3大ドローンメーカーの一社である仏パロット社が、2016年第4四半期の業績速報値とコンシューマ向けドローン事業の再編に関するリリースを発表した。(田中亘)


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


小さなドローンが守るセコイアの巨木 Parrotが新支援プログラムを開始

小さなドローンが守るセコイアの巨木 Parrotが新支援プログラムを開始

ドローン大手のParrotはドローンを利用したセコイアの針葉樹の調査、さらに気候変動を防ぐためのイノベーショングラントを開始しています。


最新の投稿


エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

エンルートが直営ドローンフィールド開設、新操縦士養成プログラム「E.R.T.S.」始動!

 国産ドローンの大手、株式会社エンルート(埼玉県朝霞市、瀧川正靖社長)は5月23日、千葉県東金市で専用設備を備えた「エンルート・ドローンフィールド東金」をオープン、直営スクールも同時に開校し同社の産業用ドローンを使いこなす人材を育成する教育プログラム「E.R.T.S.」の運用を開始し、同社スクール事業が本格化した。


日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後のApple Park ドローン撮影の最新映像

日没前後の空を背景に輝く、美しいAppleの新本社「Apple Park」の、ドローン撮影による最新映像が公開されました。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOがロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手 2020年「World Robot Summit」開催へ

NEDOは、物流、インフラ点検、災害対応などで活躍が期待できるロボットやドローンの社会実装を加速させる新たな研究開発に着手すると発表した。また2020年には世界が注目する高度なロボット技術を内外から集結させ「World Robot Summit(WRS)」」を開催したいとしている。


スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

スカイウィングス、ドローン世界市場台数予測を発表

株式会社スカイウィングスはデンソー東京支社で、ドローンイベント(creative night2017#2"ドローンと共にクリエイティブになろう!)を17日開催し、この中でドローンの世界市場台数予測について、2017年の世界出荷台数340万台が2020年には680万台と倍増見通しと発表した。