パロット社がミニドローンの新製品2機種を発表

パロット社がミニドローンの新製品2機種を発表

仏Parrot(以下パロット)社(本社:パリ、創業者/CEO:アンリ・セイドゥ)は、2016年9月29日に都内でミニドローンの新製品2機種を発表した。世界初となる固定翼型と超軽量のミニドローンになる。(田中亘)


Parrot社は2種類のミニドローンを発表した。写真はParrot Swingを発表するJPAC地域担当バイス・プレジデントのクリス・ロバーツ氏。

X型の固定翼で飛ぶParrot SWING

記者発表会場を縦横に安定した飛行をするParrot SWING

 発表会には、JPAC地域担当バイス・プレジデントのクリス・ロバーツ氏が登壇し、遊び心とテクノロジーを凝縮した2つのミニドローンを紹介した。
 Parrot SWINGは、X型ウイング形状のミニドローン。翼の先端に4つのプロペラがあり、垂直での離着陸を行う。離陸後は、プロペラを進行方向に3段階で傾けることで、水平に飛行する。固定翼を使った飛行時には、自動的に一定の高度を維持するように自動操縦機能が働く。本体は73gと軽量なので、屋外でも飛行申請は不要。バッテリは交換式で、25分間の充電で最大8分の飛行が可能。本体の後方に30万画素のカメラがあり、地面か水平飛行の後方風景をVGA(480x640)解像度で撮影して1GBのフラッシュメモリに記録できる。付属のParrot Flypadとは、Bluetooth Low Energyによる通信を行う。その飛行範囲は最大で60メートル。
 発売は10月で、価格は17,000円(税別)。

遊び心を搭載したParrot Mambo

見事にお菓子をつかむグラバー。

 63gという超軽量なミニドローンのParrot Mamboは、時速29kmの最高速度で飛行し、ターンやフリップなどのアクロバット飛行が楽しめる。また、空中に放り投げると自動的にホバリングを行うフリーフォールテイクオフ機能も備える。機体下部に30万画素のカメラを備え、VGA(480x640)解像度のスナップショットを撮影できる。さらに、キャノンとグラバーというアクセサリーが付属する。
 キャノンは本体上部に取り付け、専用のボールを2メートルの射程距離で6発まで発射できる。
 グラバーは本体下部に取り付け、最大4gの物体をアームで挟んで飛行して投下できる。バッテリは交換式で、最大9分の飛行が可能。機体とコントローラは、SWINGと同様のBluetooth Low Energyによる通信。飛行範囲は最大で60メートル。
 発売は10月で、価格は15,000円(税別)。コントローラーのParrot Flypadは別売(5,000円:税別)になるが、Parrot MamboはスマートフォンのFreeFlight Miniという専用アプリで操作できる。

飛ばす楽しさに新しい魅力を加えたミニドローン

Parrot SWINGとParrot Mamboは、どちらも3軸加速度計と3軸ジャイロスコープを備え、安定したホバリングや自動操縦をサポートする。ドローンを飛ばした経験のない入門者でも、短時間の練習でフライトを楽しめるようになる。またParrot Mamboは小型ながらプロペラガードも装着できるので、屋内でも安全に飛行できる。発表会場には、ミニドローンを体験できるコーナーが設けられ、Parrot SWINGによる水平飛行の輪くぐりや、Parrot Mamboによるキャンディのつかみ取りなどを体験できた。価格も手頃で、飛行申請も不要で、最大60メートルの範囲でフライトを楽しめる2機種のミニドローンは、飛ばす楽しさに新しい魅力や発見を与えてくれるだろう。

この記事のライター

関連する投稿


飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

飛ぶ、見る、挑む、楽しさを満喫できるミニドローンのParrot mambo FPV

仏Parrot社の最新ミニドローンParrot mambo FPVは、機体の上部に専用のカメラを取り付けるだけで、手軽にFPV(飛行者視線)映像を楽しめる。重量も200g未満なので、屋内だけではなく屋外でも手軽に飛ばせるミニドローン。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(3)

制限時間10分で、15個の段ボール箱の中に隠されたサッカーボールをドローンとICTを駆使してどれだけ正確に発見できるか。「第一回 北海道ドローン選手権」の優勝チームは、ICTに適したドローンの性能を顕著に示す結果となった。


【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

【ドローン × ICT】 「第一回 北海道ドローン選手権」が開催される(2)

「第一回 北海道ドローン選手権」に参加した6チームは、大きく二つに分かれる画像処理を用いた。オフラインでの解析とオンラインでのリアルタイム処理。今回は、各チームのドローンや開発環境を解説する。


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

Parrotが最新ドローンを発表【全日本模型ホビーショー】

第57回全日本模型ホビーショーで、仏Parrot社がミニドローンのManboとBEBOPの最新モデルを発表、展示した。ホビーショーは9月30日〜10月1日、東京ビッグサイトで開催。


最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。