住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。


『農業を変える、創っていく』という思いを込め、先端技術を最適でわかりやすいシステムとしてパッケージ化

 住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。
 日本の農業就業者は高齢者(65歳以上)が6割を超え、農業人口は後継者不足を理由に年々減少しなど離農が進行する中、既存農家が耕作地を引き継ぐかたちでの集約化や、新規就農者(法人含む)による大型化などが進んでいる。このような状況は新規就農のハードルを下げる様々な取り組みが進められているが、一方では、離農する農家にて長年培われたノウハウが継承されない危惧もあり、国内農業分野における社会課題となっている。

 住友商事ではこの社会課題解決に向けた取り組みとして、ドローンやIoTなどの先端農業技術を駆使したスマート農業の拡大をサポートすることが重要であると考え、様々な先端技術を個別に提案することに留まらず、複数の技術を有機的に組み合わせることで、農業の現場事情に即し、最適でわかりやすく、簡単に操作できる先端農業システムのパッケージ化を提案している。
 具体的には、ドローンによる農薬散布・生育監視・播種や、水位センサーと通信システムによる遠隔水位管理などを基幹技術とし、農機の効率的運用や農業経営の見える化を促進するデータ管理システム(農業会計含む)のパッケージ化も目指しす。

 住友商事によると「近年の世界的日本食ブームを背景に、日本の農作物ブランドへの需要は海外でも着実に拡大基調にあり、日本の農産物を海外で拡販するためには、今後さらなる国内農業の国際的競争力が求められている。日本の基幹農作物である水稲の生産現場においてスマート農業の広がりをサポートしていくことは、先端技術を用いることによる価格競争力の向上だけでなく、安心・安全で高品質を担保するトレーサビリティの向上にも繋がると期待されており、国内農業の国際的競争力の向上に資する取り組み」と考えを示している。
 また「日本の水稲は、長い年月をかけ品種改良されながら地域特有の生産ノウハウも蓄積され、今や日本の文化として世界で評価される優れた食味を有するに至りました。住友商事は、『農業を変える、創っていく』という思いを込め、先端技術を最適でわかりやすいシステムとしてパッケージ化することで、米作りのノウハウを未来に繋ぐ貢献をしていきたい」とのべている。

<参考資料>
■フロー図:住友商事による水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案

■住友商事のマテリアリティ(重要課題)

 住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図る。この事業は、特に「地球環境との共生」「地域と産業の発展への貢献」「快適で心躍る暮らしの基盤づくり」「多様なアクセスの構築」に資する事業となる。

住友商事HP:https://www.sumitomocorp.com/ja/jp/news/release/2018/group/10630?prt

この記事のライター

関連するキーワード


住友商事 農業

関連する投稿


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


農薬散布もドローンの時代へ セキド農業ドローン技能認定講習開始

農薬散布もドローンの時代へ セキド農業ドローン技能認定講習開始

一般社団法人 農林水産航空協会認定 セキド農業ドローン講習が12月18日~22日に新潟五泉市で開催される。


ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

ドローン映像とセンサーデータで病虫害防除、生育管理や新たな就農者を増やす取り組み

農業は「国民に対する食料の安定的供給」という重要な役割を持つ産業です。しかし今の日本では、農業をめぐりさまざまな課題が存在します。


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。