【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

【慶大×田村市】福島県総合防災訓練でドローン高校生またも大活躍 会場から感心の声

 「平成30年度福島県総合防災訓練」が9月2日、福島県田村市の田村市運動公園で開かれ、慶大の指導を受けた地元の福島県立船引高校のドローンチームが、土砂災害の捜索と、体験会でドローンの腕前を披露し、大会関係者や消防関係者から感心の声が上がった。


土砂災害現場、ドローンで状況確認

 船引高校のドローンチームがオフィシャルに防災訓練でドローンをフライトさせるのは、昨年10月に同市常葉地区で行われた同市総合防災訓練に続き二度目。ステージが市から県に上昇し、内堀雅雄知事が災害対策本部本部長として見守る中でも、生徒たちはのびのびとドローンを飛ばし、任務を遂行した。

 土砂災害を想定した訓練では、現場の近くでたまたまドローンの練習をしていた高校生が、救急隊がかけつけるまでの間に、ドローンで現場の状況を確認するというストーリー。そろいのビブスを身に着けた高校生が3人1組となってドローンを現場上空で飛ばし、土砂に埋もれたクルマの中に、助けを求める遭難者が閉じ込められていることを発見、災害対策本部に報告した。

 会場となった運動公園では、「ドローンを操縦しているのは、福島県立船引高校の生徒のみなさん、慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムのみなさんです」と繰り返しアナウンスで案内され、様子を見守っていた消防団から「うまいな」「災害のときには役に立つね」などと感心する声が上がった。生徒たちのフライトは、ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が統括し、「福島ドローンスクール」を運営する株式会社スペースワン(郡山市)のパイロットがサポートした。

 運動公園に隣接する体育館の一室では、RyzeTech社(中国・深圳)のトイドローンTello(テロー)を使ってフライトできる体験会を開催。船引高校生やスペースワンのパイロットが来場者にてほどきをした。関係者によると小学生だけで56人。「全部で80組ほどが体験に来た」という。中には初心者とは思えない操縦をした見事な腕前をみせた体験者もいて、指導役の担当者も「彼らはまるで指で直接、覚えているよう。頭で考えていたらすぐにあんなに上手にはなれないはず」と、舌を巻いていた。

ふだん笑いの絶えない船引高校ドローンチームの仲間たちも、フライトのときには真剣な表情を見せる。右端は生徒を指導した慶應義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表

福島県の防災訓練。田村市の防災訓練からスケールアップした

たまたまドローンの飛行訓練をしていたら土砂崩れに遭遇し、すぐに現場の状況確認に入る

田村市の自称・ドローン担当、実は産業部商工課の鈴木琴音はきょうもがんばりました〟

「もう少しだけ右」「後退、後退」などの声が飛び交った体験会。

スペースワンのパイロットが訓練の様子を上空から中継した

イスラエル機にも高い関心

 この日の会場には、イスラエルAero Sentinel社(エアロ・センティネル社)製の80分の滞空時間をもつドローン「Sentinel G2」も持ち込まれていた。機体に関心を持った内堀知事らに、国内でのこの機体を取り扱う株式会社トラジェクトリー(東京)の小関賢次代表が、80分間滞空できること、一工夫をすることで空中の放射線量を測定できることなどを説明した。同行していた県議会の関係者から「風が強いとダメですか」などと質問を受けるなど、関心の高さが示された。

 G2は6月下旬、江ノ島を臨む神奈川県藤沢市の湘南海岸で開催された「湘南UAVデモンストレーション」で、国内ではじめて一般にフライトの様子が披露され、参加者の間で話題になっていた。 

内堀雅雄知事にイスラエル製「G2」について説明する株式会社トラジェクトリーの小関賢次代表

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】水中ドローンGLADIUS miniにフォーカス! スペースワン

【Japan Drone 2019】水中ドローンGLADIUS miniにフォーカス! スペースワン

ドローン関連事業を多角的に手掛ける株式会社スペースワン(福島県郡山市)は、開催中のJapan Drone 2019で水中ドローンGLADIUS miniを展示し、日本での水中ドローン市場の可能性の大きさをアピールしている。3月13日にデモブースで開かれた説明会には、市場拡大の可能性を見込む来場者が多く詰めかけた。


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。