飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

飛行性能を進化させ自律飛行ドローンのアプリ開発を容易にするSkydio R1

レッドウッドシティー、カリフォルニア州- 2018年9月6日- Skydio(米国)は、AIで自律飛行するドローンSkydio R1のソフトウェアをアップデートし、各種の撮影モードを追加した。また、開発者向けにスキル開発のベータ版を公開した。


米国で価格改定し撮影機能も充実させるSkydio R1

 13台のカメラとAIで周囲を認識して、障害物を回避しながら被写体を追随する自律飛行ドローンのSkydio R1。これまでにも、ソフトウェアのアップデートだけで飛行性能を強化してきたが、今回はケーブルカム・シネマティック・スキルを追加した。従来のシネマティック・スキルは、被写体のフォローと先導と並走しかできなかった。新しいケーブルカム・シネマティック・スキルでは、DJIのドローンなどでお馴染みのAB地点間の飛行が可能になる。また、被写体から遠ざかるDronie(ドローニー)や、半周を描くBoomerang(ブーメラン)に、垂直に離陸するRocket(ロケット)などのスキルも追加された。さらに、価格も改定されて$1,999(約22万円)になった。

開発者向けにSDKのベータ版を公開

モバイルSDKなどの開発キットのベータ版を公開

 AIで自律飛行するSkydio R1の性能は、コンシューマ向けよりも商用向けのドローン活用で注目されている。障害物を回避して自律飛行する性能を活用すれば、屋根の自動点検や特定エリアの定点観測に活用できる。Skydio社では、そうした需要に応えるためにモバイルSDKなどの開発キットのベータ版を公開している。
 Skydio Autonomy Platformと呼ばれる開発環境は、AIで飛行するSkydio Autonomy Engineを利用したオリジナルの飛行モードやスキルを設計できる。開発には、Skydio SimulatorというWebベースのシミュレーターも用意されているので、物理的なハードウェアがなくてもPCだけでテストを行える。日本での発売は未定だが、優れた障害物の回避性能と開発者向けのSDKは、産業用途での活用が期待できる。

Skydio SimulatorというWebベースのシミュレーター

この記事のライター

関連する投稿


AIで自律飛行するSkydio R1が自動車の追随性能を追加

AIで自律飛行するSkydio R1が自動車の追随性能を追加

レッドウッドシティー、カリフォルニア州- 2018年5月30日- Skydio(米国)は、AIで自律飛行するドローンR1のソフトウェアをアップデートして、自動車を追随する機能を追加した。


【ドローン × AI】NVIDIAのAIドローンが新たな自律飛行を目指す

【ドローン × AI】NVIDIAのAIドローンが新たな自律飛行を目指す

AIの先端技術を開発する米国NVIDIA社は、ロボットやドローンとAIの活用が、新たな市場を創出すると予測する。NVIDIAのセミナーから、AIドローンの新たな可能性を探る。(田中亘)


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。