DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


コマツが監修するUAV写真測量トレーニングプログラムの提供開始

 DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日に開校した。

 UTCは、 ドローン操縦者の育成と教育の標準化を実現することで、 ドローンによる業務の効率化を体系的に支援することを目的とし、 2016年6月より中国でスタートした。 現在、 中国のUTCでは、 空撮、 点検、 農業、 セキュリティと測量の5領域に特化した教習コースを提供し、これまでに、 オンラインの学科テストと飛行の実技テストを経て、 10,000人を超える認定操縦者が、 実際にドローンを活用した業務で活躍している。
 今回の日本でのUTCの開校にともない、 総合機械メーカーのコマツが監修した測量に特化したプログラム「UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION」の提供も開始する。 このプログラムは、 ドローンの実務経験にあわせて、 初級者向けと中級者向けの2コースを提供し、 受講者は、 写真測量の目的、 役割、 手順とドローンの操縦方法や関連する法律などを体系的に学び、 現場で必要とされるスキルを習得することができる。
 また、DJI JAPAN株式会社が管理する飛行技能認定「DJI CAMP」は、 UTC内で継続提供していく。

UAV写真測量 初級編 powered by KOMATSU SMART CONSTRUCTION

 UAV(ドローン)による写真測量は、 より安全で生産的な測量/計測作業を実現する。 総合機械メーカー コマツ監修のプログラムは、 UAV操縦経験の有無に関係なく、 測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある全ての企業または個人を対象に、 写真測量の目的、 役割、 手順とUAVの知識、 操縦方法、 法律などを体系的に学びながら、 実践的な実習を行う。

1. ドローン初心者向けコース
・対象者:測量、 建設業務に携わったこと、 学んだことがある人。 ドローンの飛行経験および技術は問わない。
・受講費:340,000円(税別)
・日 数:4日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトからご確認ください。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

2. ドローン中級者向けコース
・対象者:測量・建設業務に携わったこと、 学んだことがある人で、 講習会の実技テストに合格できるスキルがある人。 ※実技テストの内容は、 UTCウェブサイトで確認できる。
・受講費:250,000円(税別)
・日 数:2.5日間
・認定基準:オンラインテスト、 飛行計画レポート、 実技テストの合格基準点をクリアすること
・開催日程:2018年9月より開講。 UTCウェブサイトで確認できる。
・URL: https://www.uastc.com/jp/

UTCについて

 UTC(Unmanned Aerial System Training Center)は、 DJIによって設立されたドローンの産業パイロット教育機関。 UTCはワンストップのトレーニングサービスを通じて、 各産業界向けドローン教育研修プログラムを開発・提供している。 中国、 香港、 台湾、 マレーシアで運用開始し、 日本では2018年9月よりサービスを開始、 do株式会社がUTCの企画・運営を行う。

URL: https://www.uastc.com/jp/

do株式会社 UTC運営事務局

 DJIの日本法人であるDJI JAPAN 株式会社と、 ITサービス開発を手掛ける株式会社ORSOの共同出資により、 2016年10月に設立。 「ドローンで社会を豊かに」というミッションを持って、 ドローンの活用を促進するためのサービスの展開・ソフトウェア開発を行なっている。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI UTC

関連する投稿


DJI 、CP+ 2019に出展、今年のテーマ「空へ、動画へ、」 ドローン空撮、動画撮影の魅力を紹介

DJI 、CP+ 2019に出展、今年のテーマ「空へ、動画へ、」 ドローン空撮、動画撮影の魅力を紹介

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 2月28日から3月3日までの4日間、 パシフィコ横浜で開催される「CP+ 2019(シー ピープラス)」に出展する。今年のテーマは「空へ、 動画へ、 」をテーマに、 新しい創作活動への挑戦者へドローンによる空撮、 スタビライザーを使用した動画撮影の魅力を紹介する。


DJIが従業員の詐欺捜査に関する新しい声明を発表

DJIが従業員の詐欺捜査に関する新しい声明を発表

2019年1月30日。DJI(中国)は、自社のサイトで従業員の詐欺捜査に関する新しい声明を公開した。


セキド、「春の空撮キャンペーン」DJI製ドローンを下取りに、最新機種を購入

セキド、「春の空撮キャンペーン」DJI製ドローンを下取りに、最新機種を購入

最新ドローン DJI MAVIC 2 PRO / MAVIC 2 ZOOM へ乗り換えよう。


駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

駒ヶ根観光協会×DJI JAPAN×楽天 AirMap 「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊ドローン空撮ツアー」初開催 3月

一般社団法人駒ヶ根観光協会(長野県駒ヶ根市)は、DJI JAPAN、楽天 AirMapと共同企画で 初めて開催する「長野県中央アルプス山麓早太郎温泉泊 ドローン空撮ツアー」(3 月 9 日〜10 日)の参加者受付を開始した。


DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

DJIとAUVSI、優れた無人化技術を表彰する第2回 XPONENTIAL Humanitarian Awards への応募開始

無人化技術分野のリーダーたちが集う国際展示会「AUVSI XPONENTIAL」で、 DJIとAUVSIが主催する第2回「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」への応募が開始された。


最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した