【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

【慶大×田村市】「ドロコンたむら」第2回定例会 DRONERBIRD隊長の古橋氏が講演 「発災後の地図を迅速に」

 ドローンによる地域活性化に取り組む福島県田村市で9月10日、業種横断的な有志のドローン活動体、「ドローンコンソーシアムたむら」の第2回定例会が開かれた。「ドローン×防災」をテーマに、「災害ドローン救援隊DRONBIRD」を率いる青山学院大学の古橋大地教授が講演し、約30人がドローンで作るマップの可能性に理解を深た。


進む「地図の民主化」 市民参加で詳細な地図作成が可能に

 定例会では冒頭、副会長をつとめる田村市の皮籠石直征副市長が「北海道胆振東部地震でたくさんの方が被災されました。お見舞いを申し上げます。今回は防災がテーマ。DRONEBIRD隊長で青山学院大学教授の古橋先生にお越し頂きました。陸上自衛隊も災害対応でドローンを飛ばしました。9月2日に田村市で開催された福島県の防災訓練では、多くのドローンが飛びました。ドローンの活用の場はますます広がっていますし、まだまだ力を発揮できると考えています」とあいさつした。

 講演では古橋氏が、地図を取り巻く状況の変化を説明。日本では、民間企業が作ったものを使う習慣があったが、グローバルには、市民が情報を持ち寄って地図化する取り組みが進み、地図作成技術の進歩でますます市民参加が進んでいて「地図の民主化が進んできた」と話した。とりわけ誰でも自由に使え、編集機能もある「オープンストリートマップ」の可能性に言及し「これにドローンの技術を組み合わせてきた」と、ドローンを地図作成に活用してきた経緯を説明した。

 ハイチ、伊豆大島、タイなどで、市民参加で精密な地図ができたエピソードをまじえて地図作成への市民参加の意味を伝えたあと、国内でも災害時に支援に行く際に、地図を頼ると、通ろうと思っていた道路や橋が発災後に通れなくなっていて、目詰まりを起こすことがよくおこることを説明。「既存の地図を、発災後の地図に更新して、う回路を示すことができれば目的地に行くことを支援できる」と地図の効能を強調した。また、「地図上でテントの数が分かれば、そこで避難生活を送る人数を推計でき、届けるべき支援物資の分量を見積もれる。トイレの場所を示すこともできる」と災害時の地図の重要性を強調した。

 さらに「一般的に、地図情報は宇宙から見ればすぐに分かる、と思われがち。しかし人工衛星は残念ながら、まだリアルタイムで伝えられない。また人工衛星が撮影するのは、太陽の光を反射している昼間だけで、一般には午前11時半からの1時間。東日本大震災のように午後に起きたら、八災後の撮影は翌日となり、発災後のことを知るのは翌日になってしまう。さらに撮影時に曇っていたら、撮影後の写真が雲だらけということもある。雲の下を撮影できるのがドローン」と、ドローンの有効性を強調した。

ドローンコンソーシアムたむらの定例会で講演したDRONEBIRD隊長で、青山学院大学教授の古橋大地氏

発災後は道路や橋が使えないことがあり、支援チームが通れずに立ち往生することがある。発災後の地図が迅速に作れれば、支援チームにう回路を示すことができる

西日本豪雨でも地図作りに奔走

 15府県で227人が犠牲になった西日本豪雨の被災地で活動したことについても報告した。古橋氏は、田村市のドローン活動に助言している慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表や、ともに活動しているコミュニティーのメンバーとともに、被災地の災害対策について早くから連絡を取り合ってきた経緯を説明。古橋氏、南氏ほかのメンバー、DRONEBIRDのチームメンバーが、それぞれで被災地に入り、撮影をし、情報を持ち寄ったという。

 「これは8月28、29、30日にみんなで撮影したもの。いまはインターネット上で公開してあり、だれでもみられる。またこれは9月6日の芦屋の写真。よくみると六甲アイランドから流れ着いたコンテナが点在している。このときはまだ停電していた。この日に、北海道胆振東部地震が起きていて、近畿も北海道も大変な状況。こういうときにはとりあえず写真だけ撮影して、海外のメンバーにマッピングは分担してもらう。こちらが撮影などほかの仕事をしている間に、被災地の地図ができる。こうした一連の作業がボランタリーでできるようになっている」

 古橋氏は、2013年10月に台風が遅い土砂災害が起きた伊豆大島に拠点を構え、地元に10人の地図作成スタッフを配置している。ふだんからドローンに親しみ、緊急時に活用できるよう備えているという。「DRONEBIRDはできるだけすぐにかけつけることにしている。できれば1時間以内。移動時間がもったいないのでできるだけ地元のメンバーに撮影してもらう。撮影した写真を地図に重なるよう計算して、加工して、地図にする。そして国連とか赤十字とか必要な機関に渡す。われわれのゴール2時間以内に情報を受け渡す体制をつくることです」

慶大・南政樹氏が紹介した7月11日の岡山県倉敷市真備町上空から撮影した写真

普段は観光、緊急時は地図作成 クライシシマッピングの普及を

 さらに古橋氏は、西日本豪雨の対応で「したこと」は、地元、地元に支援に入るチームに、どんな活動をするか、事前に連絡を取り合うことで、それによってその場所の地図を先回りして作っておき、情報面で支援をすることだったという。「地元に救援に入るチームは命を助ける方々だ。その方々から今後はそうした方々との連携をさらに深め、地図をどう使っているかを聞き、地図作りどんどん反映させていきたい」と述べた。

 また、「災害時にしか使えないものは、結局、機能しないのではないかと思っている」と指摘。日常的に観光用途などでドローンを活用するなどして親しんでおいて、発災時には緊急用に使い方を切り替えて災害地図をつくる“クライシスマッピング”の普及を訴えた。

 このあとの質疑応答で、マッピングのエンタメ化の可能性や、未経験者が地図作りの力になるためにどうしたらいいか、といった質問が相次ぎ、古橋氏、南氏がそれぞれの視点から回答した。定例会はこのあと、グループに分かれての意見交換が行われ、ドローンの活用に向けて多くの意見が交わされた。

会場で参加者との意見交換にのぞむ慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表(左)と、DRONEBIRDの古橋大地隊長(右)

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

【慶大ドローン】慶大・南氏、郡山の経営者集会で講演 ドローン前提社会を郡山でも!

 ドローン研究と社会実装に精力的に取り組んでいる慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が2月18日、福島県商工信用組合(けんしん、本部:福島県郡山市)の取引先組織「十店会」の新年会で企画された新春講演会に登壇し、「ドローン前提社会」の演題で講演した。南氏が「空の使い方を変えて課題解決を」と呼び掛けた。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


最新の投稿


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。