ドローンで空撮した4K動画の編集も快適な15.6型プレミアムモバイルノート

ドローンで空撮した4K動画の編集も快適な15.6型プレミアムモバイルノート

2018年9月11日。レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット)は、大画面プレミアムモバイルノートブック「ThinkPad X1 Extreme」を発表した。ハイエンドなプロセッサとグラフィック性能を備え、4Kディスプレイを搭載し、4K動画編集にも適したモバイルPC。


日本で開発されたジャパン品質のハイエンドモバイルPC

4K動画の編集も快適な4KモニタとハイエンドCPU&GPUのThinkPad X1 Extreme

 先ごろ発売されたMAVIC 2シリーズのように、最近のドローンは高精細な静止画やH.265コーデックを利用した4K動画の撮影など、空撮の性能を高めている。そうした進化に追随するためには、録画した画像データを編集するモバイルPCにも、高い処理性能が求められる。そうした需要に応えるように、MacBook Proを凌駕する高性能を1.71kgという軽量ボディに収め、15.6インチの4Kディスプレイを備えたハイエンドモデルのThinkPad X1 Extremeが登場した。
 ThinkPad X1 Extremeは、薄さ約18mm、質量約1.7kgの薄型軽量ボディーに、第8世代インテル(R) Core(TM) i7/i5 (i9も予定)プロセッサー・ファミリー、NVIDIA(R) GeForce GTX 1050 Tiを搭載するハイエンドなモバイルPC。VR(バーチャル・リアリティ) Ready
(Oculus Rift Ready)・Windows MR Readyとしてのハードウェアガイドライ
ンをクリアしている。4Kディスプレイタッチモデルは、ペン(Lenovo Pen Pro)
での操作にも対応。また100% Adobe RGBに対応した液晶を採用し、プロの映像クリエイターが求める色の再現性も実現している。薄型軽量・狭額縁デザインのコンパクト設計で、15.6インチの大画面ながら持ち運びやすく、最大で約16時間の長時間バッテリー駆動にも対応する。さらに、約60分で80%まで充電可能なラピッドチャージ機能を備える。
インターフェースには、高速データ転送に対応するThunderbolt 3ポートを2つ装備。そして、ThinkPad Thunderbolt 3 Workstation ドック(近日発売オプション)を使うと、ケーブル1本で4Kモニター
3台(最大)への出力が可能。優れたグラフィックスと高いプロセッサー性能で写真や映像編集、CG作成などが快適にこなせる一台。

クリエイター用モバイルPCとしてはハイエンドの性能を備える

【ThinkPad X1 Extreme:主な仕様】
OS   :Windows 10 Pro 64bit / Windows 10 Home 64bit
プロセッサー :第8世代インテル(R) Core(TM) i7/i5  Hシリーズ・プロセッサー・ファミリー ※1
メモリー   :最大64GB
ストレージ  :最大2TB(1TB PCIe NVMe SSD×2)
グラフィックス:NVIDIA(R) GeForce GTX 1050 Ti
ディスプレイ :15.6型 UHD マルチタッチ対応IPS液晶 /15.6型 FHD IPS液晶
インターフェース:USB 3.1 Gen2 Type-C (Thunderbolt 3共用)×2、USB 3.0 Gen1 Type-A×2、HDMI、イーサネット拡張コネクター、4-in-1メディアカードリーダー、スマートカードリーダー (オプショナル)、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック
バッテリー駆動時間:最大約16時間 ※2
本体寸法  :約361.8×245.7×18.4mm
本体質量  :約1.7kg / 約1.8kg(タッチモデル)
販売価格  :278,000円(税別)より
発売日   :2018年9月11日

※1 インテル(R) Core(TM) i9 プロセッサー搭載モデルも後日発表予定
※2 バッテリー駆動時間は構成により異なり、測定値はJEITA2.0によるもの。

CPUとGPUの冷却用に2つのファンを備えた設計で静音性も実現している

 レノボ・ジャパンのThinkPadシリーズは、日本の大和研究所で開発されているモバイルPC。かつて、日本IBMがPCを開発していた時代に、PS/55 noteという製品名で誕生し、後にThnikPadというブランドで世界に展開してきた。IBMがPC事業を中国のレノボに売却したあとも、ThinkPadシリーズの中でハイエンドのモデルは、日本で研究開発が行われてきた。そのThnikPadシリーズの中でも、X1シリーズはボディにカーボン素材を採用するなど、モビリティと堅牢性を両立し、ビジネスパーソンからクリエイターまで幅広く愛用されてきた。そして、今回のThinkPad X1 Extremeは、X1シリーズのハイエンドモデルとなる。発表会には、大和研究所で開発を担当した開発者も臨席し、ハイパフォーマンスをコンパクトなボディに収めるための冷却設計を中心に、開発秘話を語った。

この記事のライター

最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。