ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSO、「ドローン学びの教材シリーズ」を発表  Tello 専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」の配信開始

ORSOは「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、Tello専用無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」をDRONE STARプログラミングアプリ内で配信開始する。


 ITサービス開発とドローン利活用を推進する株式会社ORSO(東京都千代田区)は、iOS向けに配信中のドローンプログラミングを学べるスマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」で、新たに「ドローン学びの教材シリーズ」を発表し、第一弾コンテンツとして「ボールでそうさしよう」を配信すると発表した。

ドローン学びの教材シリーズは、毎月配信することで共創を促進させる。

 新たに発表する「ドローン学びの教材シリーズ」は、小型ドローンに対応した「DRONE STARプログラミング」アプリ内にて、毎月無料コンテンツとして配信を行い、ドローンを教育に利活用されているユーザーや、塾・学校関係者向けに、提案、配信していく。また、“ドローン学びの教材”としてより充実させるため、すでに配信中の「動物の動きを表現しよう」のプログラミング編集画面では、教育関係者から多数要望のあった「ひらがな」に対応した「低学年モード」を追加した。

 この「ドローン学びの教材シリーズ」を通じて、学ぶ生徒自身が能動的にPDCAを回し続ける環境をデザインし、毎月コンテンツを追加配信することで、ドローン教育の生態系を創り続けることを目的としている。このシリーズ化にあたり、コンテンツを共創してくれる教師や、協力する連携スポンサーの募集を同時に開始した。お問合わせは以下のDRONE STAR公式ホームページまたはメールアドレスあてにご連絡のこと。

DRONE STAR 事務局
URL: https://www.dronestar.jp/  
Mail: biz@dronestar.jp

◯第一弾無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」概要

配信日:2018年9月13日(木)
対応アプリ:DRONE STAR©プログラミング
URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1359586069
対応ドローン:Tello
対応スマホ:iOS Ver.8.0以上の iPhoneおよびiPad

 第一弾無料コンテンツ「ボールでそうさしよう」は、スマートフォンに搭載された傾きを検知する機能とゲームなどでよく用いられる物理エンジンを連動させ、重力ボールを得点ブロックの上でゆらゆら操作する。誰でも簡単・安全にドローンを"そうさ"しながら、得点スコアを伸ばしていくことで、ドローン固有の"微妙な舵感覚"と重力を学ぶことが可能。また安全を確保する目的で、ドローンの可動範囲を横およそ1.2メートルに制限することで誰でも安全に"そうさ"することができる。
 また、本コンテンツにはDRONE STAR プログラミングの特色である、プレイ中の動画をスマホカメラから撮影する機能が対応しており、自分の"そうさ"を見直したり、動画をシェアしたりすることで能動的にPDCAを回せる仕組みをデザインしている。

■無料期間は、配信から1ヵ月間を予定

 「ドローン学びの教材シリーズ」の無料期間は、配信から1ヵ月間が予定されている。無料配信後は、月額会員様専用コンテンツとしていつでもプレイすることが可能。月額会員登録希望の際は、アプリ内から申し込むか、塾・学校関係者様はDRONE STAR 事務局または正規代理店まで問い合わせてほしいとしている。

〇DRONE STAR©プログラミングアプリについて

DRONE STAR プログラミングは、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境を提供する、新しいスマートフォン向けドローンプログラミングアプリです。

対応デバイス:iOS Ver.8.0以上の iPhoneおよびiPad
提供プラットフォーム:App Store ※Android OS版は今後対応予定です。
アプリ利用料:有料 ※価格は公式ホームページよりご確認ください。
配信日:2018年4月17日(火)

「DRONE STARプログラミング」アプリは、送信機(プロポ)を使わず難しいコードを書かなくてもドローンの操縦制御を直感的にプログラミングできる、プログラム思考を身に着けるために最適なアプリ教材のエントリーモデル。誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるプログラミング編集画面では、前進、回転などの動作を制御する機能ブロックを、時間軸に沿ってタイムラインに配置し、ドローンに指令を出し、プログラム飛行させることでミッション達成を目指す。この直感的なプログラミング編集画面を軸に、課題となる「ミッション機能」を搭載し、生徒一人一人が創造力を掻き立て、それぞれが目標を立てオリジナリティを出せるよう、”うさぎやクラゲの動きをドローンで表現してみよう”等、様々なミッションが収録されている。また、プログラムが完成し、実際にドローンをプログラム飛行させる様子を、作成したタイムラインと共に ”検証動画” として撮影する機能を搭載している。この「検証動画撮影機能」により、自発的に検証し、プログラムを再編集する動機が生まれる。これらの循環型機能を身近なスマートフォン向けアプリで提供することにより、生徒自身がプログラミングに興味を持ち、個々の感性を高め、アプリに沿って自発的にPDCAを回し続ける環境が可能となった。

DRONE STAR公式ホームページ: https://www.dronestar.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/dronestar.jp/

この記事のライター

関連する投稿


JUIDAが新春パーティー開催 鈴木理事長「2019年は飛躍元年」

JUIDAが新春パーティー開催 鈴木理事長「2019年は飛躍元年」

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月30日、東京・元赤坂の明治記念館で「新春パーティー」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが新春のあいさつを交わした。JUIDAの鈴木真二理事長は2019年を「ドローン飛躍元年」と展望した。


セキド、「飛ばして、学んで、感じよう! キッズドローン操縦・プログラミング体験」開催

セキド、「飛ばして、学んで、感じよう! キッズドローン操縦・プログラミング体験」開催

株式会社セキド(東京都国立市)は、新春特別企画として子供向けのドローン操作およびプログラミング体験会を、1月26日にセキド虎ノ門本店で開催


ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーション、子供たちがで遊びながらできるプログラミングとドローンの体験型イベント開催 横浜・八景島シーパラダイス

ブルーイノベーションは、株式会社横浜八景島(神奈川県横浜市)と共同で、遊びながらプログラミ ングを学べ、最先端のロボット技術であるドローンを操作する体験型イベントを横浜・八景島シーパラダイスで11月に開催。


「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

「未来をつくる教育フォーラム2018」 ワークショップに物流ドローンプログラミングも

株式会社日本コスモトピア(大阪市淀川区)は、学校の教職員、学習塾運営者・講師、子育て中の親など教育に関わる方を対象に『未来をつくる教育フォーラム2018』を、10月14日、御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターで開催する。ワークショップに物流ドローンプログラミングも。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


最新の投稿


SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

SLUSH TOKYO 2019開幕! ライトと音のきらびやかな競演! 小池知事もスピーチ

世界最大級のスタートアップフェスSLUSH TOKYO 2019が22日、東京ビッグサイトで開幕した。メインステージでは東京都の小池百合子知事が登壇し、起業家に発展と成功に向けて突き進むようエールを送った。


2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

2019年度内にドローン配送の実用化を目指す楽天が選んだ京東製ドローン

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、中国のECサイト大手の京東集団(中華人民共和国北京市)のドローンを導入すると発表した。これまで、国産ドローンに投資してきた同社の戦略変更には、どういう背景があるのだろうか。


楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天が京東集団と連携し無人配送サービスに京東のドローンとUGVを導入

楽天株式会社(東京都世田谷区)は、日本国内で構築する無人配送ソリューションに、中国でECサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団(中華人民共和国 北京市)のドローンと地上配送ロボット(UGV)の導入を発表した。


テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローン、インド支社設立 独自のソリューションを武器にインド市場進出

テラドローンのインド支社であるTerra Drone Indiaは、インドの政府、政府関連機関、及び民間企業に対して、産業向けのドローン関連のサービスを提供しております


ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

ドローンデリバリーカナダが物流用ドローンを発表

2019年2月19日 - カナダ。ドローンデリバリーカナダは、最大かつ最も遠い範囲まで飛行できる貨物配達用ドローン「コンドル」を発表した