提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

提携と買収でドローンのデータ解析力を強化する米国PrecisionHawk社

2018年9月5日。米国のドローン大手プロバイダーのPrecisionHawkは、エネルギー分野の検査サービスに長けたHAZONとInspecToolsを買収し、屋根や不動産データ分析を得意とするEagleViewと提携し、ドローンのデータ解析に関連するビジネスを強化した。


ドローンを活用した保険金請求ビジネスを加速

EagleView OnSite仮想デスク調整ソリューションでドローンが撮影した地域を調査

 PrecisionHawkが提携したEagleViewは、政府機関、保険会社、屋根業者、エネルギー会社の高解像度空中映像、不動産データ分析、構造計測を得意とするプロバイダー。特許取得済みの画像キャプチャ技術や3D空中測定ソフトウェアに機械学習プロセスを使用して、世界中の何百万もの不動産に関する調査を実施している。EagleViewは、60ペタバイトの航空写真のライブラリと、1日に何万もの屋根測定レポートを処理する能力を備え、現地視察を減らし、より速く、より安全でコスト効率に優れた不動産検査を提供している。今回の提携によりEagleViewは、PrecisionHawkのドローンパイロット紹介サイトのDroners.ioを活用し、ドローンによる保険金請求のための不動産データを収集する。
 EagleViewのリシ・ダガ(Rishi Daga)CEOは「EagleView OnSiteは、保険金請求を解決するために必要なすべてのツールを提供しています。ドローンが保険業界の運営方法を変革し、検査をより安全に、より簡単に、よりコスト効率よく行うことができるように、EagleViewは、手動ワークフローをデジタル化する技術を強化します」と話す。
 保険金請求の仮想ドローン検査は、損害保険業界における挑戦的な取り組みとなる。過去20年の間に、経験豊かな保険調査員の数は大幅に減少した。特に、ハリケーンが発生した後には、労働力不足が発生していた。保険調査員の需要は高いので、ドローンのパイロットは新しい未開発の「労働力」として活躍できる。
 EagleView OnSite仮想デスク調整ソリューションとPrecisionHawkを組み合わせることで、数千人の認定された訓練を受けたドローンパイロットを保険業界に提供し、価格競争力のある質の高い保険検査を実行できる。過去18ヶ月間に、EagleView OnSiteで25,000件以上の請求を処理し、保険会社が不動産訴訟のワークフローを変更し、サイクルタイムを少なくとも40%短縮した。
 PrecisionHawkのマイケル・チャゼンCEOは「保険会社は、保険金を評価する際に、資産検査にドローンを使用することが増えています。この慣行は、請求者のサイクルを変え、調査員が一回限りの事故から自然災害に至るまでの事故に関連した被害を観察、分析、評価することをより迅速かつ安全にしています」と話す。さらに「EagleViewとの関係は、高度に訓練された公認のドローンパイロットを提供するだけでなく、業界全体が必要とするドローンがどのような性能であるかを明確にして、ドローン技術の発展にも貢献します」と付け加える。
 またEagleViewは、PrecisionHawkの最新の7500万ドルの資金調達にも参加した。EagleViewのリシ・ダガ(Rishi Daga)CEOは「EagleViewは、関係をさらに強化するため、最新の資金調達に参加してPrecisionHawkに投資しています。EagleView OnSite ソリューションの強みとPrecisionHawkとDroners.ioの専門知識と規模を組み合わせることで、 保険会社は保険契約者にさらに価値を提供することができます」と話す。

エネルギー分野でのドローン活用にHAZONとInspecToolsを買収

 PrecisionHawkが買収したHAZONとInspecToolsは、エネルギー資産検査に特化した2社。HAZONの広範な航空経験と標準ベースの検査サービスは、エネルギー業界で高い評価を受けている。同社はFortune 500の顧客企業に8,000時間以上の飛行時間を合計して13,000件以上の検査を実施している。同社のデビッド・クラーCEOは「HAZONは、PrecisionHawkチームに標準ベースの操作と安全性に関する世界最高レベルのベストプラクティスと評判をもたらすことに興奮しています。PrecisionHawkに加わることで、お客様はビジネスインテリジェンスを向上させるスケーラビリティ、予測性、費用対効果の高い無人機ソリューションにアクセスできます」と話す。
 InspecToolsは、再生可能エネルギー市場向けの高精度マシンビジョンソフトウェアとデータ解析システムを開発している。Vestas、PG&E、SMA Solarなど、世界最大規模の機器メーカやサービスプロバイダは、洗練されたレポート作成、分析、機械学習機能のために、InspecToolsをソーラーパネルや風力タービンの検査に使用している。同社のポール・ビンガマンCEOは「InspectToolsは、PrecisionHawkのソフトウェア解析プラットフォームに即座に付加価値を与える再生可能エネルギーのための長年の経験、解析ツール、マシンビジョンソフトウェアを提供します。この関係は、エネルギー市場におけるドローンの経済的可能性を推進するための基本的な技術とサービスをさらに強化します」と話す。
  PrecisionHawkのマイケル・チャゼンCEOは「HazonとInspecToolsの確立された技術とマルチマーケットの評判を、PrecisionHawkの経験、専門家チーム、そして顧客と一緒に集めることは非常に喜ばしいことです。これらの製品を組み合わせることで、お客様は最先端のエネルギー製品とサービス、規制上の専門知識、安全で安心な作業にアクセスできます」と述べる。
 技術と規制の進歩により、エネルギー市場は実証実験の段階から、ドローンの大規模な展開フェーズへと進化している。流通網、送電線、太陽電池パネル、風力タービン、石油・ガス・ユーティリティ・インフラ、緊急対応など、ドローンのエネルギー市場への導入は、97億ドルの世界的な市場機会を提供している。調査会社のIDCによると、ロボティクスとドローンの世界的な支出は、今後4年間で2022年には2013億ドルに達するという。ドローン導入やプログラム開発の価値は明らかになる一方で、需要に応えられるスケーリングと関連する管理は複雑になる。
 こうした需要と混乱を推定して、PrecisionHawkはバリューチェーンとソリューションを強化するために、2社を買収した。Hazonの標準ベースの操作手順とInspecToolsのエンジニアリング力の専門知識を活用して、ドローンで収集したデータ活用して、エネルギー企業に向けた分析プラットフォームを提供していく。

この記事のライター

関連する投稿


DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

DJIが北米における新しい空域データ提供者としてPrecisionHawkを選定

2018年10月24日、PrecisionHawk,Inc(米国)は、ジオフェンシング技術を向上させるために、民間用のドローンおよび空中映像技術の世界的リーダーであるDJIとの提携を発表した


PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

PrecisionHawkが米国での目視外飛行(BVLOS)の技術プラットフォームを発表

米国でドローンを活用したソリューションを展開しているPrecisionHawk社(代表:マイケル・チャゼン)は、最先端の音響検出技術などを組み合わせて、半径10km以内の航空機を識別する目視外飛行(BVLOS)対応ドローンの技術プラットフォームを発表した。(田中亘)


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国PrecisionHawk社がDroners.ioとAirVidを買収し、ドローンパイロットの最大ネットワークを構築

米国ノースカロライナ州 - 2018年2月8日 - 企業向けドローンの大手プロバイダーPrecisionHawk Inc. は、Droners.ioとAirVidの買収を発表した。買収により、同社は15,000を越えるドローンパイロットのネットワークを形成する。


新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

新たなドローンのパッケージメニューを展開する PrecisionHawk社の事業戦略

米国でドローンを活用したサービスを提供するPrecisionHawk(プレシジョンホーク)社は、新しい市場にドローンのサービスを拡大するために、5つのサービスパッケージを9月7日、発表した。


最新の投稿


台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

台湾の代理店がDJIの新しい農業用ドローンの動画を公開

2018年12月4日。先創國際股份有限公司(台湾)は、YouTubeにDJIのT16という新型の農業用ドローンの動画を公開した。16リットルのタンクで1分間に4.8リットルの噴霧が可能。


LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

LIFT AIRCRAFTが世界初のパーソナルフライングマシンを発表

2018年12月12日。LIFT AIRCRAFT(アメリカ)は、世界初のパーソナルフライングマシンを発表し、2019年から飛行予約をスタートすると自社サイトで案内している。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

DRONE MEDIAが12月27日に「ドローン忘年会」開催 各メディア編集長の座談会や表彰式も

 ドローン専門サイトとして国内の草分け的存在、DRONE MEDIAが12月27日、「ドローン忘年会」を開きます。今年1年をふりかえり、来年を展望しようという企画です。目玉企画は「各編集長と振り返る2018年のドローン業界」。DroneTimesからも副編集長の村山繁がお邪魔します。楽しみっ!


【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

【慶大×田村市】ドロコンたむらが定例会開催 慶大・南氏、豊富な動画で紹介

 福島県田村市でドローンの利活用に関心を寄せる有志が創設した異業種コミュニティー、「ドローンコンソーシアムたむら」が12月13日、定例会を開いた。慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表が、「ドローンの可能性と具体例について」と題し、映像をふんだんに使い、利活用の事例を紹介した。