国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。


  「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」では、今後本格化が期待される山間部等での無人航空機を使用した荷物配送が、より安全で信頼されるものとなるよう、航空法に基づく審査要領(無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領)で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり当面自主的に取り組むべき事項等を盛り込んだガイドラインを取りまとめた。

【ガイドラインの対象】
 無人航空機の飛行に当たり航空法上の許可を必要としない空域での目視外飛行による荷物配送
(飛行に当たり同法の許可を必要とする空域において荷物配送を行う場合及び目視外飛行以外の事由で同法の承認を必要とする飛行方法により荷物配送を行う場合は、取り組むべき事項等が追加的に必要となる可能性がある。)

【ガイドラインの概要】
 ○安全な荷物配送を行うために取り組むべき事項
   (例) ・安全な飛行を損なうおそれのある荷物を配送しないこと。
       (例:強い磁力を発する荷物、無人航空機の重心を著しく偏らせる荷物等)
 ○社会的信頼性を高めるために取り組むことが推奨される事項
   (例) ・飛行空域周辺の環境に応じた飛行時間帯の制限や騒音対策を行うこと。

 ガイドライン全文は、国土交通省の以下のページにて公表している。
   http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_000130.html

無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン

 今般、無人航空機の飛行に関する許可等の申請に関する所要事項及び当該許可等を行うための 審査基準を定めた「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」(平成 27 年国空航第 684 号、国空機第 923 号。以下「審査要領」という。)が平成 30 年 9 月 14 日付で一部改正され、無人 航空機の目視外補助者無し飛行の要件が明確化されたところである。
 当ガイドラインは、これを受けて、物流の効率化や省人化に向け、山間部などニーズの見込ま
れる地域における無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めることを目的として、航空
法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり当面自主的
に取り組むべき事項等を「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分
科会」として取りまとめたものである。

【当ガイドラインの対象】
無人航空機の飛行に当たり同法第 132 条の許可を必要としない空域での目視外飛行による荷
物配送
(飛行に当たり同条の許可を必要とする空域において荷物配送を行う場合及び目視外飛行以外
の事由で同法第 132 条の2の承認を必要とする飛行方法により荷物配送を行う場合は、取り 組むべき事項等が追加的に必要となる可能性がある。)
◎安全な荷物配送を行うために取り組むべき事項 (1)機体等について、次に掲げる事項に注意すること。
・不用意に荷物が落下しない機構であること。(例:機体への荷物の確実な固定等)
(2)飛行させる者について、次に掲げる事項に注意すること。 ・安全な荷物配送を行うために必要な知識を有すること。(例:飛行に影響を及ぼす荷物、機
体への荷物の搭載方法等)
(3)運営について、次に掲げる事項に注意すること。
・過積載を防止すること。(例:荷物重量の事前計測、過積載センサーの利用等) ・安全な飛行を損なうおそれのある荷物を配送しないこと。(例:強い磁力を発する荷物、無
人航空機の重心を著しく偏らせる荷物等) ・機体への荷物の搭載方法や機体に定められた運用制限を守ること。 ・離着陸地点について安全に離着陸できる状態であることを確認すること。(例:カメラ確認、
風況等の観測) ・飛行前に、荷物の搭載状況について安全に飛行できる状態であることを確認すること。 ・不用意に荷物が落下した場合を想定し、落下した荷物による第三者及び物件への損害を軽
別紙

減する梱包方法を採ること。(例:鋭利な突起物のない荷姿であること等)
(4)体制について、次に掲げる事項に注意すること。 ・落下した機体・荷物による損害への賠償資力を予め備えること。(例:保険の加入等)
○社会的信頼性を高めるために取り組むことが推奨される事項 (1)機体等について、次に掲げる事項を推奨する。
・不用意に荷物が落下した場合を想定し、必要に応じて落下した荷物の損害を軽減する梱包 方法を採ること。(例:荷物の内容に応じた緩衝材の使用等)
・機体のみならず荷物搭載装置等が堅牢性・耐久性を備えること。
(2)運営について、次に掲げる事項を推奨する。 ・機体への荷物の搭載状態を継続的に確認すること。(例:簡易センサーの利用等) ・落下した場合に機体・荷物の回収に努めること。 ・機体の飛行経路、飛行可能時間、着陸予定場所及びその使用スケジュール等の情報につい
て、離着陸場所を共有する関係者との共有に努めること。 ・急な降雨等から荷物を防護する措置を講じること。(例:防水カバー等) ・飛行空域周辺の環境に応じた飛行時間帯の制限や騒音対策を行うこと。 ・荷物の盗難を防止する措置を講じること。(例:取卸し場所の立入管理等)
(3)体制について、次に掲げる事項を実施することを推奨する。 ・荷物の滅失・損害への賠償資力を予め備えること。(例:保険の加入等) ・ヒヤリハット情報を集約及び分析し、関係者との共有に努めること。 ・事故が発生した際の原因調査体制を構築し、同様の事故発生の防止に努めること。
なお、本内容については、荷物配送の実績や技術の進展等に応じて、改定を柔軟に行うことと
する。

■国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/tokatsu01_hh_000406.html

この記事のライター

関連する投稿


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

国土交通省登録管理団体「SUSC」、全国でドローン講習を実施

SUSCの説明会及び産業用ドローン無料セミナーを10月26日に開催。ドローンを安全に運用するためのノウハウを学ぶには、豊富な実績と確かな技術講習に定評のあるSUSCをご活用ください。


ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANA、エアロセンス、福岡市が国交省・環境省の「ドローン物流実用化推進調査」に参画

ANAHDは代表事業者として航空機の運航管理およびオペレーションノウハウ、エアロセンスは自律飛行型ドローンを提供し、物流サービスの社会実装に向け福岡市の玄界島で協働する。


国交省、山間部等でのドローン荷物配送の本格化を目指し、ドローン物流の検証実験地域を決定

国交省、山間部等でのドローン荷物配送の本格化を目指し、ドローン物流の検証実験地域を決定

山間部等の過疎地域等における物流の課題を解決することを目的とする、ドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向けた検証実験を行う地域を5箇所選定しました。


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


最新の投稿


バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツ、83の島々の子どもたちにワクチンをドローン輸送 試験運用実施

バヌアツの保健大臣のノリス・ ジャック・カルメは、 同国の島々に住む子どもたちにワクチンを届ける、 ドローンによる輸送試験が公式に開始されたと12月5日、発表した。


サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

サン電子とドコモ、5GとARスマートグラスを活用したドローンの遠隔支援で実証実験開始

 サン電子株式会社と株式会社NTTドコモ東海支社は、第5世代移動通信方式(5G)と、サン電子のARスマートグラス「AceReal One」を活用したドローンの遠隔支援などの実証実験を12月4日から開始した。


米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米国の橋梁点検で効果を発揮するインテルのドローンソリューション

米半導体大手のインテルは、米国の2つの輸送部門と協力して、オハイオ州とケンタッキー州を結ぶダニエル・カーター・ビアード・ブリッジとミネソタ州のストーン・アーチ・ブリッジの手動検査をドローンで補完して、橋の検査を改善したと12月5日、発表した。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル が仏セルベア社のアンチドローンシステム公開

カーシエル株式会社(東京都中央区)が、仏セルベア(CerBair)社のアンチドローンシステムを関係者に紹介。